loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

変化に強い人材を育てるアンラーニング活用研修(半日間)

変化に強い人材を育てるアンラーニング活用研修(半日間)

アンラーニングの手法を活用した継続的な学びと成長を通じて、変化に強い人と組織を作る

研修No.B STF271-0000-4930

対象者

  • リーダー層
  • 管理職

・職場の人材育成を担う管理職の方
・人事部門で人材育成を担当されている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • アンラーニングという手法について知りたい
  • 変化に強く、新たな学びに貪欲な人材を育てたい
  • 学習意欲、成長意欲の高い部下の指導に役立てたい

研修内容・特徴outline・feature

変化の激しい時代の中でも成長し続けるためには、ただ学ぶだけでなく、過去に学んだことをうまく「アンラーニング」した上で、新たな学びに取り組むことが必要です。本研修では、アンラーニングのしくみとその活用のポイントを学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①アンラーニングという概念が理解できる
  • ②どんな場面でアンラーニングが活用できるかが分かる
  • ③アンラーニングの3つのステップを自組織に落とし込んで考えることができる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.VUCAの時代に求められる学びのリプレイス
    (1)過去の学びが障害となる不都合な真実
     ①過去からの経験がそのまま活かせない時代
     ②積み上げ型の学習では成果が上がらない時代
    (2)なぜ学んだことを手放せないのか
     ①収穫の最盛期に「余計なこと」はしたくない
     ②「まだ大丈夫」と考える正常性バイアス
     ③「成功体験」という甘い罠
    【ワーク】学んだことを手放せない経験を共有し、その要因を討議する
講義
ワーク
  • 2.アンラーニングとは何か
    (1)「アンラーニング」とは学びを入れ替えること
    (2)様々なアンラーニングすべきもの
     ①仕事の進め方や手順  ②顧客やマーケットの捉え方  ③人の考え方や価値観
     ④マネジメントのし方  ⑤自分自身に対する理解
講義
  • 3.3つのステップで取り組むアンラーニング
    (1)STEP1:「内省」~硬直化した自分の思考を振り返る
     ①「無意識にやっていること」の洗い出し  ②「前例踏襲でやっていること」の洗い出し
     ③「決まり事としてやっていること」の洗い出し  ④「変えたくないな・・・と思ったこと」の洗い出し
    【ワーク①】内省を通じて自分の仕事の中で硬直したやり方を洗い出す
    (2)STEP2:「選別」~本質だけをクリティカルに見極める
     ①求められるクリティカルな視点  ②「選別」における観点
    【ワーク②】洗い出した仕事を「残すべきもの」と「変えるもの」に分ける
    (3)STEP3:「行動」~あえて違うやり方を自分に強制する
     ①行動を変えるには"強制"が必要  ②行動を通して新たな「やり方」「考え方」を模索する
     ③「元に戻す」こともあり
    【ワーク③】アンラーニングの実行によって想定されるメリットと問題・不都合を検討する
講義
ワーク
  • 4.アンラーニングを組織活性化に活かす
    (1)あらゆる階層に求められるアンラーニング
     ①仕事に慣れてきて成長の踊り場にさしかかった中堅層
     ②プレイヤー思考からの脱却が求められる初級管理職
     ③リスクリングによる新たなスキル習得が求められるベテラン層
    (2)組織課題の解決とアンラーニング
     ①生産性向上のためのやり方の見直し 
     ②新規事業や新商品開発における突破口
     ③変化に応じたフレキシブルな人材活用
    (3)アンラーニングを促進するしかけ
     ①社内インターンの実施  ②対面からオンラインへの切り替え
     ③異なる価値観を持つ人との交流
    (4)アンラーニングを求める際の注意点
     ①手放すのは「やり方」であって「業務」ではない
     ②今までやってきたことが「無駄」だというわけではない
     ③アンラーニング中はラーニングできないわけではない
     ④「内省を促すこと」と「反省を求める」ことは違う
    【ワーク】今後どのような効果をねらってアンラーニングを活用していきたいか
講義
ワーク

7632

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

アンラーニングは、自身の学びと成長においてはもちろん、部下や組織メンバーの育成を考える上でも重要かつ有益な考え方です。今までのやり方を一度手放して、新たな学びを取り入れることで、さらなる成長と組織貢献ができる人材を作っていくためにも、ぜひ、この研修を通してアンラーニングの意義を学んでいただければと思います。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる