loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

プレゼンテーション研修~猛特訓で自信を深める(2日間)

プレゼンテーション研修~猛特訓で自信を深める(2日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B PRS120-0500-3931

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・徹底的に自身のプレゼンテーションスキルを向上させたい方

研修内容・特徴outline・feature

プレゼンテーションスキルを高めるためには、実践的な特訓が最も効果的です。プレゼンテーション技術の基本を理解したうえで、自分がプレゼンするテーマを題材にした徹底的な練習を本研修の中で行っていただきます。集中コースでは自分のプレゼン資料を持ち込んでの練習も可能ですので、この機会に徹底的に鍛えましょう。

研修プログラム例program

研修プログラム例(1日目)
内容
手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】講師の指示に従い、プレゼンテーションをしてみる(ビデオ撮影)
ワーク
  • 2.よいプレゼンテーションとは何か
    【ワーク】これまでに行ったプレゼンテーションの中で、「あまり上手くいかなかった」と感じている事例を理由とあわせてグループで共有する
    (1)プレゼンを成功させるために意識すべきこととは
    (2)プレゼンをレベルアップさせる4項目
講義
ワーク
  • 3.プレゼンテーションの目的を明確にする
    (1)プレゼンテーションを行う目的
    【ワーク】普段行うプレゼンテーションの例を一つ挙げ、その目的を改めて考える
    (2)目的から逆算して聞き手の心理を考える
    【ワーク】プレゼンテーションの中で、聞き手に抱かせたい心理とその流れ、抱かせてはいけない心理を考える
    (3)目的を果たすためにコントロールするべきもの
講義
ワーク
  • 4.ゴールにつながる構成を考える
    (1)「分かりやすさ」とは「シンプルさ」
    (2)最も聞き手に伝えたいメッセージから考える
    (3)メッセージを支える情報を洗い出す
    (4)伝える内容を整理する① ~ストーリーにする
    (5)伝える内容を整理する② ~大・中・小で階層化する
    (6)話の展開を考える
    【ワーク】3つテーマの中から1つを選択し、「SDS」「PREP」「DESC」の3つの手法のいずれかを選んで話を展開する
講義
ワーク
  • 5.聞き手視点での効果を軸に資料を作成する
    (1)効果的にスピーチを"補助"するために
    (2)使用用途別に資料を作成する
    (3)資料作成のポイント
    (4)資料をつかったプレゼンテーションのコツ
    【ワーク】これまでに作ったプレゼンテーション資料を振り返り、改善点を3つ挙げる
講義
ワーク
  • 6.実践フィードバック
    【ワーク】普段、自分がよく行うテーマについて、3分程度のプレゼンテーションを行う。それをビデオで撮影し、他の受講者や講師と一緒に確認し、課題を明確にする
ワーク


研修プログラム例(2日目)
内容
手法
  • 1.実践演習①
    【ワーク】昨日のフィードバックを踏まえて、プレゼンを行う。プレゼン後は、他の受講者からのフィードバックをもらう
ワーク
  • 2.実践演習②
    【ワーク】講師から与えられたテーマで、即興プレゼンの練習をする
     パターン1:2分間  パターン2:30秒
ワーク
  • 3.当日の展開を想定した練習をする
    (1)プレゼンテーションを失敗に導くもの
    (2)効果的なリハーサルの進め方
    (3)「つかみ」を効果的に使う
    (4)質問の投げかけで場を活性化させる
    (5)こんなときはどうする?
    【ワーク】過去に経験した冷や汗が出るようなトラブル事例を共有し対処法を考える
講義
ワーク
  • 4.最終演習の準備
    【ワーク】これまでの練習/フィードバック内容を踏まえて、本番を想定した準備を行う
ワーク
  • 5.最終演習②
    【ワーク】2日間の総決算として、本番のつもりでプレゼンをテーションを行う。他の受講者は、聞き手役として、質問も行う
ワーク
  • 6.講評・まとめ

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年1月     20名
業種
製造業(運送用機器)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • プレゼンテーションを「型」に当てはめて展開を考えるほうが簡単で効果的だと理解できた。自分の伝えたい内容を、伝えたい相手に合わせて資料に落とし込むことを意識したい。
  • ロールプレイングを実践することで、自分のプレゼンテーションの良い部分と良くない部分を身をもって感じられた。
  • 何より聞き手ファーストで取り組むことを念頭に置きたい。プレゼンテーションの目的が相手に行動を起こしてもらうことだととらえると、発表内容がかなり変わってくると思った。

実施、実施対象
2019年7月     36名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.7%
講師:大変良かった・良かった
86.1%
参加者の声
  • 人に分かりやすく伝えることが如何に難しいかが改めて理解できました。自分の中で意見をまとめたうえで話す、結論から話すなどを実践します。
  • これまでは情報をただ単に並べて話していたが、今後は要点をまとめて内容を組み立て、発声練習をしっかりとして話すようにします。
  • プレゼンテーションの場面だけでなく、上司や先輩に報連相する際に伝えたいことを明確にして話すことを心がけます。

実施、実施対象
2019年7月     19名
業種
年金・共済・健康保険
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後人の前に立つ機会が増えていくと思うので、自分が苦手としているところを意識して修正していくようにする。窓口対応や電話対応でも活用できるスキルを学んだ。
  • 今後、事業所訪問時、研修会や事業説明の際に活かしていきたい。自分のプレゼンテーションを動画で見る機会がなかったので、勉強になった。自分の弱点を知ることの重要性を感じた。
  • 研修全体、講師の立ち居振る舞いそのものがプレゼンテーションの見本のようでした。自分の悪い癖を認識できたので、気をつけます。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

プレゼンテーション研修
年間総受講者数
10,704
内容をよく理解・理解
96.7
講師がとても良い・良い
96.1

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!