本研修の「ねらい」

プレゼンテーションスキルを高めるためには、実践的な特訓が最も効果的です。プレゼンテーション技術の基本を理解したうえで、自分がプレゼンするテーマを題材にした徹底的な練習を本研修の中で行っていただきます。集中コースでは自分のプレゼン資料を持ち込んでの練習も可能ですので、この機会に徹底的に鍛えましょう。


研修プログラム例

B PRS120-0500-3931

研修プログラム例(1日目)
内容
手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】講師の指示に従い、プレゼンテーションをしてみる(ビデオ撮影)
ワーク
  • 2.よいプレゼンテーションとは何か
    【ワーク】これまでに行ったプレゼンテーションの中で、「あまり上手くいかなかった」と感じている事例を理由とあわせてグループで共有する
    (1)プレゼンを成功させるために意識すべきこととは
    (2)プレゼンをレベルアップさせる4項目
講義
ワーク
  • 3.プレゼンテーションの目的を明確にする
    (1)プレゼンテーションを行う目的
    【ワーク】普段行うプレゼンテーションの例を一つ挙げ、その目的を改めて考える
    (2)目的から逆算して聞き手の心理を考える
    【ワーク】プレゼンテーションの中で、聞き手に抱かせたい心理とその流れ、抱かせてはいけない心理を考える
    (3)目的を果たすためにコントロールするべきもの
講義
ワーク
  • 4.ゴールにつながる構成を考える
    (1)「分かりやすさ」とは「シンプルさ」
    (2)最も聞き手に伝えたいメッセージから考える
    (3)メッセージを支える情報を洗い出す
    (4)伝える内容を整理する① ~ストーリーにする
    (5)伝える内容を整理する② ~大・中・小で階層化する
    (6)話の展開を考える
    【ワーク】3つテーマの中から1つを選択し、「SDS」「PREP」「DESC」の3つの手法のいずれかを選んで話を展開する
講義
ワーク
  • 5.聞き手視点での効果を軸に資料を作成する
    (1)効果的にスピーチを"補助"するために
    (2)使用用途別に資料を作成する
    (3)資料作成のポイント
    (4)資料をつかったプレゼンテーションのコツ
    【ワーク】これまでに作ったプレゼンテーション資料を振り返り、改善点を3つ挙げる
講義
ワーク
  • 6.実践フィードバック
    【ワーク】普段、自分がよく行うテーマについて、3分程度のプレゼンテーションを行う。それをビデオで撮影し、他の受講者や講師と一緒に確認し、課題を明確にする
ワーク


研修プログラム例(2日目)
内容
手法
  • 1.実践演習①
    【ワーク】昨日のフィードバックを踏まえて、プレゼンを行う。プレゼン後は、他の受講者からのフィードバックをもらう
ワーク
  • 2.実践演習②
    【ワーク】講師から与えられたテーマで、即興プレゼンの練習をする
     パターン1:2分間  パターン2:30秒
ワーク
  • 3.当日の展開を想定した練習をする
    (1)プレゼンテーションを失敗に導くもの
    (2)効果的なリハーサルの進め方
    (3)「つかみ」を効果的に使う
    (4)質問の投げかけで場を活性化させる
    (5)こんなときはどうする?
    【ワーク】過去に経験した冷や汗が出るようなトラブル事例を共有し対処法を考える
講義
ワーク
  • 4.最終演習の準備
    【ワーク】これまでの練習/フィードバック内容を踏まえて、本番を想定した準備を行う
ワーク
  • 5.最終演習②
    【ワーク】2日間の総決算として、本番のつもりでプレゼンをテーションを行う。他の受講者は、聞き手役として、質問も行う
ワーク
  • 6.講評・まとめ

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



プレゼンテーション研修の評価
年間総受講者数
9,725
内容をよく理解・理解
97.1
講師がとても良い・良い
95.7

※2018年4月~2019年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■プレゼンスキル・実践力強化
■プレゼンスキル・提案力強化
■情報の収集・要約・伝達
■セールスプレゼンテーション
■ディベート
■パワーポイントプレゼンテーション
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

データ売り切り型eラーニング

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!