研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

フロー体験

「フロー体験」とは、アメリカのポジティブ心理学研究者M.チクセントミハイによって提唱された理論です。「フロー(flow)」とは、人が完全に集中して、時間が経つのも忘れて夢中になっている心理状態をいいます。東洋哲学でいうところの「無我の境地」、あるいはスポーツ選手が使う「ゾーン」と同じ状態を表しています。

例えば、人がゲームなどに深く没入すると、並外れた集中力を発揮するとともに、満足感や自己統制感の高まりを感じることがよくあります。これがフローと呼ばれる状態です。

また、フロー状態に入っているときは難しいテクニックを苦も無く習得できた、高得点を出せた、という結果を得た方も多いと思います。つまりモチベーションの高いフロー状態を何度も体験することで、充実感を得ながら自分の限界を超えた能力を養うことができます。

職場でもこのようなフロー状態を意識的に作り出せるようになると、楽しく仕事に没頭しながら高い成果を出せるようになります。職場でフロー状態を作り出すためのポイントとなるのは、適切な目標設定とフィードバックです。持てる能力と課題のバランスがとれた明確な目標を上司が設定し、素早くフィードバックを与えていくことで、部下はモチベーションを高く保ったまま目標達成に取り組めます。

部下のモチベーションを高めるうえでは、自らコントロールすることができない外的動機付け(報酬を上げる、昇格させるなど)だけでなく、「自分が楽しいからやる」という内的動機付けが欠かせません。フローとはまさに「楽しいから時間を忘れて続けてしまう」状態であり、フロー効果を得られる仕事の経験を通じて部下の成長を促すことは、上司の大切な役割です。

モチベーションにあふれた職場では、イノベーション創出や生産性向上、エンゲージメントの強化など多くの成果が期待できます。フロー効果を上手に活用し、組織力の向上につなげていきましょう。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧