営業研修 ~新人向け営業CS・マナー向上編(1日間)

0104営業研修 ~新人向け営業CS・マナー向上編(1日間)

B SLP400-0000-0104

18/08/23 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

本研修の「ねらい」

営業担当として、お客さまと友好な関係を築くために、CSマインドやコミュニケーション力を身につける研修です。お客さまにこの人と取引がしたいと思われるような営業担当者への成長を目指します。

まず、お客さまの立場から良い営業とは何かを考え、CS意識を醸成します。
そのうえで、お客さまに信頼感を与えるためのビジネスマナーや、傾聴・質問などのコミュニケーションスキルをワークを通じて習得します。
最後には、営業訪問のロールプレイを行うことで学んだことの定着を図ります。


研修プログラム例

B SLP400-0000-0104

研修プログラム例 (所要時数:1日間)
内容 手法
  • 1.アイスブレイク
    • ~自己紹介、グループリーダーとグループ名決め
ワーク
  • 2.多面的に考えるCS ~立場を変えて考える
    <お客さまの立場に立ち普段「自分なりに正しい最高の営業」と考えていることが本当にそうなのかを振り返る>
    1. あなたがお客さまだったら、営業に何をして欲しいですか?
    2. 営業の立場から、他の(自分以外の)社員がお客さまにして
      欲しくないことは何ですか?
ワーク
  • 3.CS起点の発想のポイント
    <常にCSマインドを意識している仕事人はどのような発想をしているかを知る>
    1. CSは「お客さまに喜んでもらうこと」が原点
    2. 相手に喜んでもらうことを仕事のやりがいに変える
    3. CSの推進は一人ひとりから
    4. サプライズを用意する
講義
  • 4.ビジネススキルの基本
    <基本的なマナーができるかできないかで相手の印象が左右されることに気づく>
    1. 営業担当者に必要なマナーとは
    2. 第一印象の重要性
    3. 言葉遣い・敬語
    4. 席次・名刺交換
    5. コミュニケーションのコツ
    6. 電話の受け方・取り次ぎ方
    7. 来訪されたお客さまへのご対応
    8. 電話のかけ方
    9. アポ後の訪問マナー
講義
ワーク
  • 5.お客さまとのコミュニケーション ~「聴く」スキル=傾聴力のポイント
    <お客さまとのより良いコミュニケーションのために>
    1. 「聴く」スキルとは
    2. 相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは
ワーク
  • 6.お客さまとのコミュニケーション ~「訊く」スキル=質問力のポイント
    1. 「訊く」スキルとは
    2. 「訊き方」の種類
    3. 相手が話しやすさを感じる質問にするには
講義
ワーク
  • 7.お客さまとのコミュニケーション ~「話す」スキルのポイント
    1. 情報を分かりやすく伝えるには
    2. 話の前に「人」と「人」の触れ合いがあるとはどんなことか
    3. 説明で重視すべきこと
    4. なぜ相手の気持ちになって話すのか
講義
ワーク
  • 8.実践ロールプレイング
    <これまで学んだ営業としての考え方・知識・スキルを実践するための演習>
    • ~営業役・お客さま役に分かれ、訪問、着座、自社紹介までの一連の流れをロールプレイングによって体得します。自社紹介の際は、簡単なシートを作成した上で、紹介をします。
演習
  • 9.まとめ
    【ご参考資料】営業に必要な冠婚葬祭の知識
    1. 葬式・告別式・通夜のマナー:お悔やみのことば、香典の金額
      相場など
    2. お中元・お歳暮:お中元・お歳暮を贈る時期、相場など
    3. パーティーマナー、結婚式のマナー
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修コーディネーターからひとこと

改めて営業として会社から求められていることを再確認していただくとともに、営業活動で求められることを再確認します。また、最後に優先的にアプローチすべきターゲットも整理します。

講師からひとこと

マナーや第一印象の重要性をご理解いただき、実戦の場で活用していただければと存じます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年 4月     13名
業種
不動産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 仕事をするにあたって、社会人としてのマナー(あいさつ・口調・態度)は当然のことですが、お客さまや取り引き先の方との接し方やマナーについても、研修で学んだことをしっかりと念頭に置いて業務に励みたいと思います。
  • 研修を受けてビジネスマナーについて少し不安がなくなりました。研修を受けただけでは意味がないので、今回研修で学んだことを復習をして実践していきたいと思います。
  • 最初から仕事をこなすのは難しいので、まずは新入社員でもできるあいさつから始めていきたいと思います。普段は使わないような敬語が沢山あったので家で復習をし、慣れていきたいと思います。

実施、実施対象
2017年 6月     14名
業種
電力・ガス・水道
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 信頼していただくためにマナーは必要であると再認識しました。マナーは大切であると頭の中で分かっていても、実際に行ってみるとスムーズにできないこと(電話対応、お客さま訪問)が多くありました。ロールプレイングを行って課題や見直すべきポイントが分かったので、明日からはもう少しできるように慣れていきたいです。
  • 訪問時のマナーなど、実際にやってみないと、できるところ・できないところが分からないので実施にやることは非常にためになりました。
  • マナーに関して自分が正しいと思っていたことが間違っており、それに気づけて良かった。

実施、実施対象
2017年 5月     11名
業種
水産・農林
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 具体的、実践的なロールプレイングがあり、実感をもちながら進められました。今後活かしていきたいです。
  • 人と話すこと、売り込むことに苦手意識があった。具体的に何を改善すれば良いか分からなかったため今回の研修は非常に参考になった。
  • 営業としてのお客さまとの関わり方を学べた。今後営業を行う時の基本として身につけたい。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え {{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



営業力強化研修の評価
年間総受講者数
5,080
内容をよく理解・理解
94.6
講師がとても良い・良い
95.2

※2017年10月~2018年9月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

無料セミナー~2つの営業組織論から見えてくる「勝ち続ける営業組織づくりのポイントとは?」~共進化モデル × OODA(ウーダ)ループ~

Gambatte営業

Plants12

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報