10

研修効果定着化の方法

人事担当者30のお悩み

悩み
研修効果を定着化させる方法、有効なフォローとは?
回答
  • アクションプランの実行可能性を高める
  • ・日常業務における行動や考え方の変化を起こすのが研修の意義
  • ・アクションプランの実行可能性を高めることをまず考える
  • ・費用をかけずに実行できるのがフォローアンケートの活用

研修の意義を再確認しよう
~日常業務での行動や考え方に変化を起こす

研修は何のために行うのでしょうか?

社員・職員のスキルアップ、資質向上、知識の付与、気づきを与える、など
この問いに対する答えは様々あると思いますが、一言で回答するのであれば、

「日常業務における行動や考え方の変化を促すため」

であるとインソースは考えています。
研修効果の定着化が、日常業務のブラッシュアップへとつながります。

効果定着化のコツとは ~まずはアクションプランの実効性を高める

研修で学んだことを日常業務に結びつけるためのスタンダードな手法は、アク
ションプランの作成です。
しかし、研修中に作成したアクションプランは、本当に現場で活かされているでしょうか。

・研修中にモチベーションが高まりすぎた結果、非現実的なアクションプランに  なってしまう
・あくまで研修中だけのもの、と作成したアクションプランにコミットがされない

このようなケースはよくあることだと思います。
まずは、

・研修にてアクションプラン作成に十分な時間をとって、じっくり考えさせる

ということが、プログラム上できる工夫です。
さらに

・フォロー研修を行い、前回の研修で作成したアクションプランを振り返る

という方法を取ると、実効性を確保することができます。

費用がかけられない場合は ~フォローアンケートの活用

フォロー研修の実施はコストがかかりますので、全ての研修でこの方法をとることは現実的には難しい面があります。
その点、費用をかけずにアクションプランの実効性を確保する方法が「フォローアンケートの活用」です。

例えば研修の1か月後に、現場における実践度合いの確認をします。このフォローアンケートは次の3点で効果があります。
①現場で実践していないとアンケートに回答できないので、ある程度の強制力
 を効かせることができる
②研修で学んだことを思い出す(=振り返る)きっかけになる
③アンケート結果の集計を受講者にフィードバックすることで、受講者同士の
 成功事例・失敗事例を共有することができる

他の受講者が実施しているのであれば、自分だけやらないわけにはいかないと思うものです。アンケート結果のフィードバックを受けることで、さらに実効性の向上が望めます。
このアンケートを通じて、
- 実践
- 経験の蓄積(失敗事例・成功事例)
- 振り返り、気づき
- 次の目標への活用
という学習サイクルを実現することができます。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修