22

今日、会社の教育担当になりました

人事担当者30のお悩み

悩み
異動で研修担当になったが、それぞれの階層で具体的にどんな
スキルが求められるか、体系的に知りたい。
回答
若   手:自発的なマインドと業務に必要となるスキル
中 堅 層:今の仕事をより良くするスキルや方法論
初級管理職:マネジメントの基本とチームを率いて仕事をする
      スキル
中級管理職:実務統括責任者として求められる能力やスキルの整理
上級管理職:組織全体に関わるリスクから組織を守り、前年比3割
      以上の業績を上げること

若手 自発的なマインドと業務に必要となるスキル

まず、若手社員・職員に「仕事を通じて組織に貢献する」「組織の成長を自分が担っている」という自発的なマインドを持たせる必要があります。「何かをしてもらう」のではなく、「自分が組織に対して何かをやる」という自発的なマインドを持つことで、「自立して働く」ことができます。

次に、業務に必要となるスキルを身につけてもらう、つまり、「仕事ができる状態にする」ことです。学校の勉強では「英語ができる」など、抽象的なことで評価されるのに対し、会社においては具体的に、「会社の役に立つ何か」ができないと評価されません。「ちゃんと仕事ができて、その成果が出て、褒められる」というルーチンに入れないままだと、退職したり、心の病を誘発したりする事態にもなり得ます。若手に健康で元気に働いてもらうためにも、「業務に必要なスキルを身につけさせる」ことは大事です。特に「ビジネス文書が書ける」「みんなの前で話せる」「人の話を上手に聴ける」などのスキルは、最優先で身につけてもらう必要があります。

中堅層 今の仕事をより良くするスキルや方法論

中堅層に対し、今の仕事をより良くするスキルや方法論を身につけてもらうことで、仕事に対する意欲が高まり、成長が加速します。"離職防止"の観点に立っても、自身の成長実感が確認できるような研修は重要です。仕事ができるようになると、仕事とはまた違ったところで「まだまだダメだな」とか「この会社にいて自分は大丈夫なのかな」といったことを考えがちになります。そこで研修を通して、これまでに達成してきたことや、これからやらなければいけないことを整理することで、働く意欲を増強することができますし、更なる成長にもつながります。

初級管理職 マネジメントの基本とチームを率いて仕事をするスキル

初級管理職は、今までメンバーや同僚として働いてきた人たちが、いきなり部下になるということもあり、マネジメントの基本の習得が求められます。具体的には、部下指導、仕事の進め方、リスク管理、労務管理等が挙げられます。特に大切なポイントは、「どういう風に部下を指導し、育てていくのか」という点です。そのためにはプロセス評価の仕方や"ほめ方・叱り方"などの具体的なスキルを伸ばすのが有効です。
その次に、チームを率いて仕事をする方法を、しっかりと学ぶことが必要です。それまでは個人として仕事をすることがメインでしたが、今後はチームを率いる際に必要な準備やプロセス管理のやり方などを身につける必要があります。

中級管理職 実務統括責任者として求められる能力やスキルの整理が重要

中級管理職、つまり課長に求められるものは非常にたくさんあります。日本企業において課長は、"実務統括の責任者"です。まず、課長の職務で最も重要なのはPDCAサイクルを回すことです。仕事を計画し、実行して、そのチェックをし、改善していく。このプロセスを確実に実行できることが、課長に求められる最大のミッションになります。その他にも、人材育成のリーダーだったり、現場におけるリスク管理の中核だったり、新規事業を考えたりすることも課長の仕事になります。とにかく課長は忙しいので、求められる能力やスキルの整理が中級管理職に向けた研修の中核です。

上級管理職 組織全体に関わるリスクから組織を守り、前年比3割以上の業績を上げること

上級管理職、つまり部長は、課長と異なり、経営の代行者として組織全体に関わるリスクから組織を守ることが求められます。次に、前年比3割増し以上の業績を上げること。また、現在の環境を分析し、将来において中核となる仕事、新しい事を組織の中で発見・支援して成果を出すこと。つまり、新しい仕事を作り出すことが求められます。そして、組織をどんな風に作っていくのかという、組織作りも部長の仕事です。

上級管理職の研修で求められるのは、部長の仕事を明確にすることと、研修時間中に、ある程度アウトラインの作り方を覚えていただくことです。こういう研修内容であれば、部長の利益実感も高く、会社に対する貢献も高くなるのではないかと思います。

外部研修の利点

外部研修の利点は、「組織の中ではなかなかできないことをやらせること」にあります。 例えば、次の通りです。
・「プレゼンテーションの仕方」や「文書を書く」などのスキルを習得させること
・組織ではなかなか話題にしづらいセクハラやパワハラ、コンプライアンス
 遵守のような禁止事項を、第三者から厳しく伝えさせること
・"役割認識"など、社内ではトップであっても言いづらいようなことを、内部の
 人間の代わりにしっかりと伝えること

加えて、研修の中で、ご自身の考えをまとめる時間を取っていただけることも外部研修の利点です。特に管理職の皆さんがゆっくりと考えられる時間は、日常の業務にはなかなかありません。また、考えをまとめるサポートをする講師や新しい考え方を与えてくれる他の受講者という仲間も普段はいません。そのため、研修の時間を利用して、受講生が考えを深めていただくことができます。

さらに、受講生が元気になる場であることも外部研修の利点です。講師からの動機づけがあったり、同じ受講生で触発しあって、モチベーションや意欲が向上する場にもなります。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報