研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

時短ハラスメント(ジタハラ)

今や30種類以上もあるといわれる様々なハラスメントですが、2018年の流行語として注目され、認知度が高まったのが「時短ハラスメント(ジタハラ)」です。ジタハラとは、時短(労働時間の短縮)を具体策もないまま強要したり、サービス残業を黙認することなどを指します。

ジタハラを防止するには、管理職層による"業務管理の仕事"が肝要といえます。ToDoリストや「かんばん方式」を利用した業務の可視化によって業務量の偏りを防いだり、マニュアル化、自動化による業務量そのものの削減などが挙げられます。

また、部下指導をハラスメントととられない関係性づくりのために、「イマドキ世代」との接し方を身に着けておくことも大切です。場合によっては部下の精神面をケアするために、メンタルヘルスに関する知識を深めることも必要になります。新任管理職の方はもちろん、ベテランの管理職の方も、多様性の時代の多様なハラスメント知識とスキルを学びなおすことが求められます。

ワークライフバランスや働き方改革といった魅力的な言葉も、具体策なしで現場に押しつけてしまうとハラスメントに変貌します。表面的な労働時間是正でなく、「高い生産性」と「働きやすさ」が両立した、ジタハラのない職場環境を目指しましょう。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    今すぐダウンロード

  • 研修会社で実施される社内研修を紹介

    2020年度 社内教育のご紹介
    コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

キーワード一覧