loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

障害者差別解消法対応研修

障害者差別解消法対応研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

障がいのある方への理解を深める

2016年4月に「障害者差別解消法」が施行されたことに加えて、近年のダイバーシティ推進の観点からも、障がいのある方への接し方や協働の進め方に注目が高まっています。しかし、障がいに対する理解を深めたいとは思っているものの、対応の難しさからどうしても苦手意識をぬぐえないという声が少なくありません。

インソースの「障害者差別解消法対応研修」では、法律の概要だけでなく、障がいそのものへの理解を深めること、障がいのある方がどういったことで困っているかを知ることに重きを置き、障害による困難さを体験するワークなどを通して現場で使える「スキル」と「考え方」を身につけていきます。

多様性を認めあうことが事業の継続に必要不可欠な現代社会において、障がいのある方の意見は重要な視点です。障がいのある方への理解を深めるために、本研修を受講される方も多くいらっしゃいます。


障害者差別解消法対応研修のポイント

法律の概要を知る

2016年4月に施行された「障害者差別解消法」と、その重点的なポイントとなる「不当な差別的取り扱い」、「合理的配慮」について、具体例を交え分かりやすくかみ砕きながら学んでいきます。
業務の中で障がいのある方に接する機会がある方や、障がいのある方と共に働いているまたは雇用する立場にあるという方は、特にこの法律の意味するところをおさえておく必要があります。

障がいへの理解を深める

障がいの種類や、それぞれの具体的な特性を知り、障がいそのものへの理解を深めていきます。
「障がい」と聞くと、車いすや人の介助を必要とするような「肢体不自由」「視覚障がい」「聴覚・言語障がい」をイメージする方も多いかと思いますが、「知的障がい」「発達障がい」「精神障がい」など、外見では分かりにくい内部の障がいを抱えている方もいらっしゃいます。世の中には様々な障がいがある、ということを正しく理解しておくことが、多様性を尊重する現代社会では非常に重要です。

実際の対応方法を事例を用いて考える

障がいの特性に合わせた具体的な対応方法や、対応の際に使えるツールなどを学び、「どういったことで困っているか」、「どのような配慮を必要としているか」、「適切な対応とは」などをケーススタディを通して身につけていきます。
持っている障がいによって困っていることや、求める配慮・対応などに違いがあります。間違った対応や、余計な配慮は失礼にあたるだけでなく、事故にもつねがりかねないため、特に正しい知識・対処法を学ぶことが大切です。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

障害者差別解消法対応研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!