loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

管理職のためのイクボス研修

管理職のためのイクボス研修

イクボスとしての基本姿勢・コミュニケーション・環境づくりを学ぶ

研修No.8130601

対象者

  • 管理職層

・育休・産休取得予定の部下がいる管理職の方
・子育てと仕事を両立する部下・メンバーへの適切な対応方法を学びたい方
・育児中社員に限らず、あらゆるメンバーの働きやすい職場づくりを学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 産休予定社員や育児中社員とのコミュニケーションの取り方や業務の任せ方に迷う場面がある
  • 対応を間違えるとハラスメントになるのではないかと心配になることがある
  • 育児中社員だけでなく、様々な制約や事情を抱えた部下のマネジメントのヒントがほしい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、イクボスとして必要な「基礎知識」「メンバーへの関わり方」「メンバーが働きやすい仕組みづくり」について学びます。
ダイバーシティ推進の流れを受けイクボスの定義は、育児中社員だけでなくあらゆるメンバーの活躍を支えるサポーターとして、その役割が広がってきています。
本研修では育児中社員、産休・育休予定者との関わり方や支援方法を学ぶとともに、あらゆるメンバーが働きやすい仕組み・環境づくりについても学びます。

到達目標goal

  • ①組織の成長戦略として、イクボスの役割や基礎知識を理解できる
  • ②育児中社員との関わり方、やる気を削がない支援の仕方を学ぶことができる
  • ③育児中社員だけでなく、あらゆるメンバーが働きやすい仕組み・環境のつくり方を知る

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.はじめに ~組織の成長戦略としてのイクボス
    (1)「イクボス」とは
     ①あらゆるメンバーの活躍を支えるサポーター
     ②ワークライフバランスを実現しながら成果も出す現代のリーダー
    (2)イクボスが注目される背景とは
     ①組織を取り巻く環境変化
     ②時代に合わせて多様化する価値観
     ③データで見る働き方の「今」と「未来」
     【ワーク】これまで主流だった考え方が今どのように変化しているのか考えましょう。
    (3)経営戦略としてのイクボス
     ①あらゆる人が働きやすい組織をつくることは、組織の成長戦略である
     ②イクボスへのアップデートの遅れは、組織のハラスメントリスクを生む
    (4)ダイバーシティ(多様性)のキーワード
    【ワーク】自身の職場にはどのような人材がいるのか、多様なメンバーが働きやすい職場とはどのような職場か、考え共有しましょう。
講義
ワーク
  • 2.イクボスとして育児中社員とメンバーへの関わり方を考える
    (1)産休・育休取得から復帰の流れ ~まずは自組織の制度を知る
    (2)女性メンバー・男性メンバーに対する心構え
    (3)子どもができたことを告げられた際の対応
     【ワーク】子どもができたことを報告にきたメンバーにかける言葉を考える
    (4)イクボスとしてメンバーと関わる
     ①子どもができたことを告げられたら
     ②産休中のメンバーへの関わり方
     ③職場復帰直後のメンバーへの関わり方
     【ワーク】繁忙期間の朝、子どもが熱を出したから休むと電話を受けたときメンバーにかける言葉を考える
    (5)部下のキャリア形成支援はイクボスの責務 ~安定したら上司自ら提案する
    (6)周囲へのねぎらいも欠かさない
     【ワーク】他のメンバーがネガティブな話をしているのを耳にした、どう対応するか
講義
ワーク
  • 3.イクボスとして行う、すべてのメンバーが働きやすい仕組みづくり
    (1)仕事を見える化する
    (2)仕事の理想的な配分 ~8:2の割合を意識する
    (3)いざという時に8割の仕事を誰に依頼するか
    (4)部下の強みと働きがいを生かした業務差配
     【ワーク】みなさんが仕事で大切にしていること・こだわりをワード集から選び、自分なりの言葉で共有してみましょう
    (5)日常のコミュニケーションは質と量
    (6)定期的な面談のススメ
     ①面談の意義と基本姿勢
     ②面談の進め方
     ③部下の人生(ライフ・キャリア)に一歩踏み込む
講義
ワーク
  • 4.「お互いさま」といえる職場づくり
    (1)「今」と同じ働き方がいつまでも続くわけではない
    (2)「お互いさま」と言える職場を目指す
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】研修内容を踏まえ、気づいたことと明日から取り組むことを共有しましょう
講義
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

  • (1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
  • (2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
  • (3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

【2019年10月からの消費税法改正に関するお知らせ】
2019年10月1日以降に開催する研修については、新税率での受講料を表示しております。
なお、人財育成スマートパックのポイント数については、増税前後の変更はございません。ただし、当社提携先の研修については、ポイント数に変更のある場合がございます。

→消費税法改正に関するよくあるご質問はこちら

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。

公開講座部(0120-800-225 ※ガイダンスに従って①を選択)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
72,107
開催数※1
9,115
講座数※2
2,589
WEBinsource
ご利用社数※2
11,335

※1 2018年10月~2019年9月

※2 2019年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
11,335社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2019年9月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

公開講座新作研修
2019年10月30日
課題設定力研修~主体的な問題解決のための手法とマインド
2019年10月30日
ハラスメント防止研修~基礎知識を習得する
2019年10月25日
怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う
2019年10月24日
リーダーのためのストレスマネジメント研修~ストレスをうまく活用して自分も職場も元気にする
2019年10月 4日
(2時間研修)管理職研修~できる管理職の思考・行動基準を身につける


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修