loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

LGBT研修~ダイバーシティ&インクルージョンを実現する

LGBT研修~ダイバーシティ&インクルージョンを実現する

多様性を認め、受け入れることができる社会・職場づくりに必要なLGBTの基礎知識を身につける

研修No.2710004

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・人事担当者の方
  • ・LGBTに関する取り組みを行いたいと考えている方
  • ・LGBTについてもっと知りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • LGBT当事者が働きやすい職場づくりについて知りたい
  • 他社の事例など、LGBTに関する具体的な取り組みを知りたい
  • LGBT当事者には直接聞けない「本音」を知りたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、LGBT(※1)とは何かといった基本知識をおさえながら、LGBTに関するリスクは何かを学んでいただき、LGBTとの協働、LGBTアライ(※2)としての立ち居振る舞い、LGBTにとって働きやすい組織のあり方について考えていただきます。インソースで働くLGBTの当事者が作成した、自らの経験に基づく「リアルなケーススタディ」も好評です。

※1…LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、生まれた時の身体の性別にとらわれない生き方を選ぶ者)の4タイプのそれぞれの頭文字を取った言葉で、「セクシュアル・マイノリティ」すなわち「性的少数者」と呼ばれる人々を総称する用語。
※2…アライとはもともと「味方」や「同盟」を指す言葉。LGBTに対して特別扱いをせず、かつ理解を示し、必要に応じて支援をする立場の人を「LGBTアライ」と呼ぶ。

到達目標goal

  • ①LGBTについての基本的な知識を知る
  • ②世界で注目が集まっている「LGBTビジネス」の現状を知る
  • ③LGBT当事者の本音を知り、当事者が働きやすい環境を整備するためのポイントを理解する
  • ④LGBTへの具体的な取り組みを考え、明日からの実践につなげる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.ダイバーシティとは
    【ワーク】自組織における、多様性を認める取り組みにどんなものがあるか共有する
    (1)世の中の流れと企業を取り巻く状況の再確認
    (2)「ダイバーシティ」という考え方の始まり
    (3)人材戦略としてのダイバーシティ
講義
ワーク
  • 2.社会人として知っておくべき「LGBTとは」
    (1)LGBTとは
    (2)何故、今「LGBT」なのか 
    (3)数字で見るLGBT ~日本には実はAB型の人と同じだけLGBT当事者がいる?
    (4)LGBTは特別な存在か
    (5)LGBTのシンボル
    (6)LGBTを取り巻く環境とその変化
    【参考】近年のLGBTを取り巻く歴史的出来事
講義
ワーク
  • 3.社会人として知っておくべき「LGBTビジネス」
    (1)世界の注目を集めるLGBTビジネスとは
    【ワーク】世の中のLGBTを意識した新しいサービスや商品を洗い出す
    (2)LGBT市場が組織の売り上げを左右する
    (3)LGBT人材が組織を強くする~市場開拓とリスク回避・管理
講義
ワーク
  • 4.組織の中のLGBTの本音
    (1)LGBTの本音とは
    (2)就職活動におけるLGBTの悩み
    (3)企業が取り組み始めたLGBT人材確保
    【ワーク】採用活動でLGBT人材の確保に向け、取り組む策を考える
    (4)LGBTが否定されていると感じる発言・しぐさとは
    【ワーク】LGBTの立場で「傷つく、不快に感じる発言・行動」を洗い出す
    (5)職場・ビジネスシーンにおけるLGBTへの不適切な発言・行動例
    【ワーク】職場・ビジネスシーンにおけるLGBTへの不適切な発言・行動例を見て、自身の行動を振り返り、どんな表現が好ましいか、話し合う
講義
ワーク
  • 5. LGBT活躍推進で組織力を高める~安心して働き活躍できる組織づくりとは
    ■LGBTと共に働く上で必要な4つのステップ
    (1)ステップ1:身の回りにLGBT当事者がいることを想定する
    【ワーク】例えば、隣の席の同僚がLGBT当事者だと発覚したら、自分はどのように感じるか
    (2)ステップ2:LGBT当事者にとって居心地のよい空間づくりを心がける
    【ワーク】上司の不適切な発言・行動をどのように指摘するか考える
    【参考】LGBT理解者・支援者「アライ(Ally)」とは
    (3)ステップ3:LGBT当事者と向き合う
    【ワーク】予期せず同僚がLGBT当事者だと知った際の対応を考える
    【ワーク】自部署のカミングアウトした新入社員に対して、何も知らない他部署の部長からの指摘があった際の対応を考える
    (4)ステップ4:ダイバーシティ&インクルージョンを実現する
    【コラム】根底は信頼できる人間関係があるか
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】明日から始められるLGBTへの取り組みを考える
ワーク

企画者コメントcomment

LGBTを理由に、差別的な対応をされたり、異端扱いされたりして、思うように実力を発揮できずに悩んでいる方は、実は少なくありません。

本研修を受講された方が、正しい知識と理解を深め、配慮の示し方や、当事者との接し方、LGBT人材の活用の仕方を考えるきっかけにしていただけると幸いです。新しいビジネス市場の開拓や、人材の確保、様々な面でのリスクの予見にも役立てていただけると考えております。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

実施、実施対象
2020年2月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「個の違いを受けとめる」ことを深く理解できました。
  • 自分では発言に気を付けているつもりでしたが、「うちにはいないよね?」と存在を否定してしまう発言をしていたことに気づきました。何の言葉で傷つくのか私ももっと理解していきたいです。
  • 自分という人を肝に銘じて業務に活かしたいです。職場でも共有します。
  • LGBT当事者はいないという先入観を持たず、いるかもしれない、いても素直に受け入れる姿勢をまず自ら示していきたいです。
  • 社員とのコミュニケーションの取り方の参考にしていきたいです。

実施、実施対象
2020年1月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • LGBTを特別扱いせず、自分で壁を作らずに自然体で接していきたいと感じたので、行動へ移していく。学んだことを職場でも伝えていきたい。
  • 多様性をよく理解し、ダイバーシティを広げていきたい。アライとして活躍できるように、今後も学習の機会を作りたい。
  • LGBTに限らず思いやりや配慮が必要だと感じた。個性を活かせる人材育成や職場作りを行っていきたい。
  • LGBTの社員から相談を受けた際は、一方的にフォローするよりも、共に働きやすい環境作りに努めていきたいと感じた。
  • LGBTに関する基礎から応用まで学ぶことができた。まずはLGBTに対する社内の認知度UPを図りたい。

実施、実施対象
2019年12月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.9%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • LGBTを知ることで、管理者として役に立てることがあるのではないかと思いました。困っている人が一人でも少なくなり、働きやすい職場づくりを目指していきたいです。
  • 当事者の気持ちが分かるようになったので、思い込みや、決めつけはしないで接するようにする。会社全体で取り組むことが大切なので、勉強会などを開き、社員全員に伝えたい。
  • 当事者が周りにいるかもしれないことを念頭に、日々の言動に注意していきたい。
  • 働き方改革プロジェクトがあるので、その一環としてLGBT、ダイバーシティの正しい知識を持つことを取り入れたいです。また。LGBTは他人事ではないと実感しました。

実施、実施対象
2019年10月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後、更なる制度改革を進め、いかに企業風土に定着させるかのヒントを勉強しました。
  • LGBTの方に向けた制度作りに活かしていきたいです。とても勉強になりました。
  • LGBTだけでなく、会社全体としての働きやすさを考慮したいと思いました。
  • 今後人と話す場面が多いので、業務で活かしていければと思います。
  • 他の方の意見を聞け、多様性を感じました。ダイバーシティ施策に取り入れたいです。

実施、実施対象
2019年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • まずは社内の社員にLGBTとは何か、ダイバーシティとは何か、正しく知ってもらうことが必要であると感じたので、そのような機会を作っていきたいと思います。
  • 現場で共有し、変化に対応していける環境を整えていきたいです。温度差を少しずつ減らし、理解ある職場にしたいです。
  • LGBTに対する会社内での理解度を高めていきたい(研修開催)。個人的には行動・発言に気を付ける。また日頃から信頼関係を築いていく。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修