≪giraffe付き≫新入社員研修~自らの姿勢と行動で相手の評価を得て、「あなたに仕事を任せたい」と思われる新人になる!(2日間)

≪giraffe付き≫新入社員研修~自らの姿勢と行動で相手の評価を得て、「あなたに仕事を任せたい」と思われる新人になる!(2日間)

自信を持ち、高く評価される立ち居振る舞いができる新人になる

研修No.B NEP-304-0000-4211

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 新入社員

・新入社員の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • マナーや仕事の進め方について、新人には型でパターンを教えるだけでなく、その目的・意義を教えたい
  • 新人には、正解を教えてもらうだけでなく、自らどうしたらよいかを考える習慣を身につけさせたい
  • 「評価されること」「組織貢献すること」「成果を出すこと」の重要性を教え、研修の中でそれらについて講師から厳しくフィードバックしてもらいたい
  • 基本的なことは新人全員でできるようになりつつ、一人ひとりの特性をふまえた指導・成長支援をしてほしい

研修内容・特徴outline・feature

新入社員の皆さまに入社後に受けていただく研修です。人材の多様性が謳われるようになり、新人の育成や指導についても、「社会人はこうあるべき・こうするべきだ」という一方的な教え方に違和感を感じ、研修の進め方自体を見直す企業が増えてきました。

本セミナーでは以下のように講師が研修を進行します
①一般論での“社会人とは”ではなく、“〇〇社の社会人とは”で講義を進める
②配属されてすぐに活躍ができるように、職場での具体的なアクションを想定
③イメージし、ロールプレイ・ケーススタディで疑似体験を通じた気づきと学びを深める
④研修への取り組みからを随時、講師からフィードバック(評価)することで、自分がどのように他者に見られているかを意識するクセを身につける
⑤講義やワークへの取り組み方について、KPT法を用いて、常に振り返りをし、「より良くするためにはどうしたらいいか」の改善マインドをクセづける

本研修の特徴の1つが、アセスメントツールgiraffeを用いて、自分自身について考えるワークが含まれていることです。 giraffeを用いた特性の見える化を通じて、自身の性質やキャラクターを再認識いただきます。自分の特性はどんなものか、それは仕事にどのように活用できるのかを考えます。そこから社内でのセルフブランディングの重要性、自分について発信することで周囲の協力を得たり、大きな仕事のチャンスが到来したりすることを講師より伝え、研修を終えます。

giraffe[ジラフ]についての詳細はこちら

到達目標goal

  • ①組織の新人として社外の関係者から、「さすが、〇〇社の新人!」と高く評価される立ち居振る舞いができる
  • ②「今年の新人はいいね!」と社内の関係者に評価される
  • ③配属された部署・職場で自ら信頼と安心を与えることで、周囲から「仕事を教えたい」「業務を任せたい」と思わせる新人になる
  • ④一人ひとりが自身に自信を持ち、「〇〇といえば、〇〇さん」と評価される“自分らしさ”と“自分らしい活躍”を目指すようになる

研修プログラム例program

研修プログラム例 (1日目)
内容
手法
  • 0.研修を開始する前に
    【ワーク】これまでと、自社に入社した後で、自分および取り巻く環境について、何がどう変わるかを考える
    (1)関係者の視線を意識する ~入社後は「〇〇会社の新人」という肩書(と期待)を背負っている
    (2)組織の仕事を通じて、社会と関わる
    (3)「チームの一員」として活動する
     【ワーク】組織・チームから「新人」および「社員」として、行動・立ち居振る舞いに期待されていることは何か考える
     ※参考:自社HPに記載の情報をもとに、講師から"関係者が抱く期待"をフィードバックします
    (4)社会人に求められるのは組織貢献と成果を出すこと
講義
ワーク
  • 1.社会人としてのルールの遵守① ~社会のルール・コンプライアンス
    (1)コンプライアンスとは
    (2)「知らなかった」「つい...」では済まされない
    (3)SNSの使い方
    【参考】こんな時どうする? ~関係者から友達申請がきた!(ルールの建前と本音を本質で理解する)
講義
  • 2.社会人としてのルールの遵守② ~職場のルール・立ち居振る舞いのポイント
    【ワーク】各場面における「気をつけるべきこと」「守るべきルール」を洗い出す
    (1)すべての姿勢と行動と発言は見られている ~新人は常に「大丈夫かな」と判断されている
    (2)姿勢と行動と発言で安心感を与える ~「大丈夫?」と不安にさせず、「大丈夫そうだ」と安心させる
    (3)各場面での立ち居振る舞いのポイント
    ①出勤時、②勤務中、③外出・休憩時、④退勤時、⑤社外にて
    (4)休暇の取り方
    (5)遅刻しそうな時
講義
ワーク
  • 3.評価を得るためのビジネスマナー
    (1)第一印象の重要性 ~「印象管理」「セルフブランディング」という考え方
    (2)身だしなみ ~自社・自職種にふさわしい身だしなみを確認する
    【ワーク】相互に自社社員として、ふさわしい身だしなみかどうかを確認し合う
    (3)表情・態度・話し方を通じて、好印象を与える
    (4)あいさつの重要性
講義
ワーク
  • 4.「さすが!」と思わせる言葉遣い・敬語
    (1)言葉遣い・敬語は「立場をわきまえている」ことを示すツール
    (2)言葉遣いの基本
    (3)好ましい表現に言い換える
    (4)クッション言葉を駆使し、好印象を与える
講義
  • 5.giraffeを受検する
     ~スマホまたはPCにてgiraffeを受検いただきます
宿題

研修プログラム例(2日目/2日間)
内容
手法
  • 6.自分の特徴・特性を踏まえ、組織貢献を考える
    (1)giraffeとは ~一人ひとりの特性を可視化する
    (2)giraffeの考え方 ~人は多様。皆違うから、皆いい
    【ワーク】自分らしさを定義し、それをどのように研修内でチームワークに活かすかを考え、発表する
講義
ワーク
  • 7.「さすが!」と思わせる電話応対
    (1)電話応対の鉄則 ~組織を代表し、声だけで安心感と配慮を示し、実務を完遂する
    (2)新人の電話応対の基本は「誰から」「誰あて」の電話かを聞き取ることから
    (3)電話の受け方
    (4)電話の取次ぎ方
    (5)ビジネス電話でよく使われる表現
    【ケーススタディ】こんな電話にどう対応する? ~「何が不安か」を明確にすること、行動を先読みをすること
    (6)伝言メモの書き方 ~個人情報の取り扱いには要注意
    (7)電話のかけ方
    (8)配慮の示し方のポイント ~相手の状況と心情をどれだけ慮れるか
講義
ワーク
  • 8.来客応対・訪問時のマナーで相手に自分を印象づける
    (1)来客応対の基本マナーと流れ
    (2)ご案内のポイント
    (3)席次
    (4)名刺交換
    【ワーク】1対1、3対3の名刺交換をロールプレイで実践する ~ここでも印象管理を忘れない
    (5)お見送りの基本マナーと流れ
    (6)訪問時の基本マナーと流れ
講義
ワーク
  • 9.チームに貢献する仕事の進め方 ~「この新人には仕事を任せられる!」と信頼してもらうために
    (1)仕事の進め方
    (2)仕事の指示を受ける ~必ずメモで記録する
    (3)要約力を鍛える
    【ワーク】講師からの指示を抜け漏れなくメモを取る
    (3)計画を立てる① ~仕事の見積を計算する
    (4)計画を立てる② ~判断軸「QCDRS」
    【ワーク】講師からの指示を聞き、QCDRSの観点で対応の方法を可能なかぎり洗い出す
    (5)仕事を始める
    (6)中間報告の重要性
    (7)報告・連絡・相談で心配と不安を払拭する
    (8)メールでの完結な報告のコツ
    (9)終了報告前の自己チェック ~上司・先輩の負担を軽減する
    【ワーク】提出書類の自己チェックする
    (10)終了報告と仕事の振り返り(KPT法)
    【ワーク】報告演習 ~「お!さすがだね!いいね!」と言われる報告を目指す
講義
ワーク
  • 10.まとめ:皆でそろってできるようになることと、一人ひとりの活躍のあり方を考える
ワーク

6220

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

新入社員研修・新人研修カリキュラム
年間総受講者数
57,294
内容をよく理解・理解
97.2
講師がとても良い・良い
95.4

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

インソースの新入社員研修

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia OJT教育のやり方

新人・若手育成プログラム

効果的な新人育成のために 新人8大スキルアセスメントサービス

新入社員研修用テキスト販売

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!