0556コーチング研修 ~基本編(1日間)

コーチング研修 ~基本編(1日間)

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

当研修の「ねらい」

コーチングのポイント
1
考えと行動を引き出す
研修のゴール

自主的・主体的な部下育成のために、部下の考えと行動を「引き出す」コーチングスキルを習得していただきます。「目標の明確化」や「選択肢の創造」といった部下へのアプローチ方法を身につけ、部下の成長と自主性を促進します。

研修の流れ

コーチングの概念と心構え

1.コーチングとは  

2.コーチングにおける心構え 

コーチングスキル付与

3.コーチングの基本プロセス ~GROWモデル

4.コーチングスキルの習得

スキルの実践定着

5.ロールプレイング

ページトップへ

研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.コーチングとは
    <相手の中にある解を引き出すコーチングの基本姿勢を学ぶ>

    (1)育成における自分の役割を考える
    【ワーク】部下育成上の自分自身の役割を考える
    (2)コーチングの基本的な考え方
    (3)コーチングの前提
    (4)コーチングの効果
    (5)「ティーチング」と「コーチング」の違い
講義
ワーク
  • 2.コーチングにおける心構え
    <コーチングの前提となる部下の見方を理解する>

    (1)人に対する「プラス思考」
    (2)部下・後輩の長所を見つける
    【ワーク】部下の日ごろの努力や成果を整理する
    (3)部下・後輩の目標を定める
    【ワーク】部下にやらせたい仕事、身につけさせたいスキルを考える
講義
ワーク
  • 3.コーチングの基本プロセス~GROWモデル
    <目標達成を支援するためのGROWモデルを理解する>

    ・目標達成のフレームワーク~GROWモデル
    ①GOAL(目標の明確化)
    ②REALITY(現状把握)
    ③RESOURCE(資源の発見)
    ④OPTIONS(選択肢の創造)
    ⑤WILL(意志の確認、計画の策定)
講義
  • 4.コーチングスキルの習得
    <「傾聴」「質問」「承認」の3つの基本スキルを学ぶ>

    (1)「傾聴のスキル」とは(「聞く」と「聴く」の違い)
    【ペアワーク】「聴く練習」
    (2)「質問のスキル」とは
    【参考】上司・先輩が部下・後輩の声をきくための5つの方法
    【ペアワーク】「質問する練習」
    (3)「承認のスキル」とは①~ほめる
    【ワーク】部下のほめ言葉をできる限り挙げる
    (4)「承認のスキル」とは②~叱る
講義
ワーク
  • 5.ロールプレイング
    <学んだ知識・技術を実践し、職場に活かす>

    【ケース1】細かい指示を求め、自分で考えない部下へのコーチング
    【ケース2】新しいやり方に抵抗するベテランスタッフへのコーチング
    【参考】対話チェックシート~「考え」を伝え、「心情」「気持ち」「意見」を聞く
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

営業担当者から

「指示された基本的な業務は遂行できるが、自分から一歩踏み出した仕事の進め方が出来ない。そのような新人・若手には指導者としてどう接すればいいのでしょうか」というお悩みをお客さまからお伺いいたしました。

そこで、コーチングの基本的な考え方を理解した上で、部下の可能性を引き出す指導法を習得していただくためのカリキュラムを作成いたしました。
ノウハウだけではなく、現場でよくあるケーススタディをもとに、インプットしたスキルを実際にアウトプットしていただくことで明日から使えるコーチング手法を習得していただきます。

講師からひとこと

本研修を通じて、まず、コーチングの基本的な考え方、及び「ティーチング」との違いについて認識することができます。また、普段、理論的に分かっていても、実践しにくい受講者の方も、ロールプレイングを通じて、部下とのコミュニケーションの取り方が着実に身につきます。そして、本研修は、ワークの中で、ご自身の部下指導についての振り返りもでき、今後についての改善策を考える良い機会にもなります。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 8月     13名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
84.6%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • 自分の業務を振り返るいい機会になりました。例題に取り組みながらたくさんのことに気づきました。意識的に時間を作って、部下とコミュニケーションを取りたいと思います。
  • 人との接し方のちょっとした、でも影響の大きいスキルを教えてもらったような気がします。自分の考えを上手に伝えられるように今日の研修を活かしたいと思います。
  • 部下のコーチングにおいて、自分自身が日頃からどのような姿勢で部下と向き合ったらよいか参考となりました。部下との信頼関係を築くことが大事だと思いました。

実施、実施対象
2017年 7月     16名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.8%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • 自分ではできているつもりで、できていなかったことを認識できました。ティーチングではなくコーチングで後輩を育成できるように心がけます。今後の活動の中で継続して行うことで、周りに良い影響を与えたいです。
  • 今日学んだコーチングスキルを活かせるように、後輩や部下の業務プロセスを注意深く見られるようになろうと思います。
  • 後輩を持つうえで、かなり重要な研修だと思いました。後輩への接し方を考え直していきたいと感じました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

インソースの
サービス情報
配信中!

下記情報を無料でGET!!
無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ


配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



コーチング研修の評価
年間総受講者数
4,552
内容をよく理解・理解
96.8
講師がとても良い・良い
96.3

※2016年10月~2017年9月

関連コーチング研修
一般的な研修例
半日間の研修例
コーチングを使って目標管理の面談を行う研修
SV向け研修 コミュニケーションとコーチングスキル習得編(1.5日間)
コーチング研修 自ら考え、行動する人材を育てる編(1日間)
管理職研修 コーチングスキルマスター編(1日間)

公開講座コーチング研修
関連研修テーマ
OJT研修
コミュニケーション研修
アサーティブコミュニケーション研修
管理職研修
官公庁・自治体向けコーチング研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー