OJT研修 ~監督者向け(1日間)

2412OJT研修 ~監督者向け(1日間)

17/11/09 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

OJT監督者の仕事は、OJTトレーナーだけに負担が集中しないように適切に業務を配分することと、OJTトレーナーが周囲を巻き込めるよう職場全体で育成する体制づくりやバックアップを行うことです。
そのためには、OJT監督者自身がOJTに対して深い理解を示し、情熱をもって働きかけることが不可欠です。

本研修では、OJT監督者に求められる役割を確認し、OJTトレーナーの支援者としての意識を高めます。
そのうえで、具体的な支援の仕方として、OJTトレーナーと共に行う教えるべきスキルの洗い出しや育成計画作りについて確認します。
さらにケーススタディを通じて、OJTトレーナーが部下・後輩への指導で困っている時に、どのように助言・支援すればよいかを考え、現場での実践につなげていただきます。

OJTの目的である「考えて動ける自立した人材」を現場で育成するためにも、OJTの最終責任者であるOJT監督者への研修は有効です。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.OJTトレーナーの立場になって考える
    <部下の視点でOJTを考える>

    (1)OJTで困ったことは
    【ワーク】自分がOJTトレーナーの頃に不安だったことを振り返る
    (2)求められる組織の「体制」と個人の「能力」
講義
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    <OJTの目的と意義を理解する>

    (1)OJTとはOn the Job Training
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる 
    (4)OJTは「準備」、「継続」、「計算」
    (5)Off‐JTも大切
講義
  • 3.OJT監督者の役割認識
    <組織が求めるOJT監督者の役割を学ぶ>

    (1)立場を変えて考える
    【ワーク】OJT監督者として、組織から求められている役割を考え、共有する
    (2)OJT監督者に求められるもの
講義
ワーク
  • 4.育成計画を立てる
    <効果的なOJTに欠かせない育成計画を学ぶ>

    (1)目標を決める
    (明確な目標、レベルにあった目標、具体的で計測可能な目標)
    (2)具体的なスキルを洗い出す
    【ワーク①】OJTのゴールを設定し、身に付けさせるべき知識・スキルを洗い出す
    【ワーク②】ワーク①の内容を分類し、期限を設定する
    (3)知識・スキルの習得方法を検討する
    【ワーク】(2)のワークで洗い出した知識・スキルを習得させる具体的な方法を設定
    (4)スケジュール化する
講義
ワーク
  • 5.OJTの進め方
    <OJTトレーナーを支援する具体的な方法を学ぶ>

    (1)育成環境づくり(部署内への周知、部署内集合研修の企画 等)
    (2)リスク管理
    【ワーク】OJT活動におけるリスクを洗い出す
    (3)OJTトレーナーの支援
    ・指導方法をすり合わせる ・活動状況を把握 ・動機付ける
    【ワーク】上司から今まで最も強く動機付けられた経験を思い出す
講義
ワーク
  • 6.ケーススタディ
    <学んだスキルを活用し、現場での即実践につなげる>

    ※OJTトレーナーに対する助言・支援を考える
    ※ケースは受講者に合わせて設定し、事前にご相談のうえ決定
    【ケース1】わがままな部下・後輩の場合
    【ケース2】部下・後輩が会社を辞めたいと言ってきた場合
    【ケース3】マネジメントする部下・後輩の人数が多い場合
    【ケース4】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合
    【ケース5】指示・指導を理解しない場合
    【ケース6】整理整頓ができていない場合
    【ケース7】部下・後輩が自分で考えない場合
    【ケース8】部下・後輩に仕事を引き継ぐ場合
    【付録①】参考資料
    ・コミュニケーション評価シート 
    ・パソコンスキル評価シート
    ・リスク洗い出しシート 
    ・自分振り返りシート
    ・仕事の「意味」を教えるシート
    【付録②】OJT活用シート
    (上記のシートに加え)部下との対話を確認するシート
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 5月     26名
業種
人材・教育サービス・BPO
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • OJTトレーナーをしっかりと管理し、意識統一、ビジョンをはっきりさせて取り組みたい。今後使用できるツールもご提案いただき良かったです。
  • 今回の研修内容を活かして、OJTトレーナーの育成やフォローに努めたいと思います。
  • 組織として全員一丸となって業務および指導にあたります。グループ討議が多く、とても役に立ちました。

実施、実施対象
2017年 4月     42名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
97.6%
参加者の声
  • 指導者の管理者として何をすれば良いか分からなかったのですが、研修を受けて指導者の話に耳を傾け、ともに指導することが重要だと思いました。話をしやすい雰囲気づくり、また、声掛けを積極的に行いたいと思います。
  • 職員とのコミュニケーションにおいて、ただ会話をするということではなく、褒める、共感することが大切だと改めて確認したので、今後職員との対応に活かしていきたい。
  • 初めて管理者となって戸惑っていたが、管理者として自覚を持たなければいけないと感じた。相手に話をさせる雰囲気、態度を作っていき、具体的にほめていこうと思った。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



OJT研修の評価
年間総受講者数
17,924
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
96.2

※2016年10月~2017年9月

関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
部下とのコミュニケーション実践研修 多様化する部下への関わり方(1日間)
部下指導力強化研修 怒りのマネジメントの手法を身につける(半日間)
OJT指導者研修 中途採用社員を即戦力にする編(1日間)

公開講座OJT研修
関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー