大学職員向け研修 ~進学相談コミュニケーション編(1日間)

2858大学職員向け研修 ~進学相談コミュニケーション編(1日間)

17/07/20 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

受験生とその保護者が訪れる進学相談会の場で、相談員を行う方向けの研修です。来ていただいた方に、「この学校に是非入学したい!」と思ってもらえるような対応ができるようになることを目指します。

具体的にはまず、「親身になってくれている」と受験生・保護者に感じてもらうための傾聴力や、受験生・保護者のニーズを引き出すための質問力を身につけます。また、聞き出したニーズを整理する方法を学んだうえで、「設備」「授業」「教授」「学生生活」「留学」など、様々な視点から自校のPRポイントを考える演習を行い、ニーズに合わせた効果的なPRができるようにします。
最後には、進学相談の場面を想定したロールプレイングを行い、学んだスキルを実践的に身につけます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1. お客さま(学生・保護者)の立場で考える
    【ワーク】あなたが学生・保護者だとしたら、職員にどのような対応をしてほしいか
    【参考】CS(お客さま満足)を支える基本マナー
    (1)CS(お客さま満足)とは何か
    (2)なぜ第一印象が大切なのか
    (3)身だしなみ ~ 「ふさわしい」身だしなみを確認する
    (4)挨拶
    (5)表情
講義
ワーク
  • 2.進学相談の流れ ~4つのステップ
    (1)進学相談会へ参加して頂いたことに感謝を伝える
    (2)参加目的や知りたいことを訊く
    (3)親身になって相談にのる
    (4)大学をPRし、入学を心待ちにしている旨を伝える
講義
  • 3. お客さまの話を積極的に「聴く」スキル
講義
ワーク
  • 4. お客さまから話を引き出す「訊く」スキル
    (1)「訊く」スキル=「質問力」のポイント
    (2)「訊き方」の種類
講義
  • 5.「きく(聴く・訊く)」スキル ロールプレイング
ワーク
  • 6. お客さまの言いたいことを整理するスキル
    【ワーク①】進学相談会において、お客さまの話や質問で「言っていることが理解できない」具体例を挙げる
    (1)進学相談会参加の目的を知る
    (2)相手のコミュニケーションスキルに応じた対応を心掛ける
    (3)言葉の背景・意図を確かめる ~整理するスキル①
    (4)抽象的な言葉を具体化する ~整理するスキル②
    (5)言いたいことを掘り下げる ~整理するスキル③
    【ワーク②】ワーク①の内容について、どのように話を整理・明確化していくかを考える
    (6)ニーズに合わせたPRをする
    【ワーク】授業、教授など様々な視点を洗い出し、自校のPRポイントを考える
講義
ワーク
  • 7.ロールプレイング ~進学相談を行う
ワーク
  • 8. まとめ
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 2月     7名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 様々なテクニックや知識を得ることができ、非常に有意義でした。グループワークも無駄に長いという事が全く無くテンポが良かったです。窓口対応部署として必要な心構えを勉強できました。
  • 講師の方の話し方や「例え」がとても分かりやすかったです。深く考えずにやっていた仕草や話し方、考え方等を意識してコントロールして業務の内で活かしていきたいと思います。
  • 実際の営業現場などで使用されている例も紹介いただき、新しい発見があって面白かった。
  • 無理に発言させるような感じもなく、終始リラックスして取り組むことができて良かった。他社の活用実績など豆知識も提供いただき、勉強になった。
  • 学生一人一人に応じた対応をとるためにも、学生が話しやすい環境をつくるために研修で得た情報を活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2016年 1月     10名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 一方的な講義ではなく、個々に考えたりグループで話し合ったりする時間を十分に取っていただけた点が良かったです。
  • 傾聴力、アサーティブコミュニケーションについて、自分では気づかなかった方法を学ぶことが出来ました。主張力をつけつつ、相手を不快にさせない対応をしていきたい。
  • 普段特に意識しないで行っていたコミュニケーションが、考え方ひとつで自分にとっても相手にとっても良いものになることが理解できた。即、活かしていけそうな内容だったので、早速実践していきたいと思う。
  • 業務に直結するような話し方のテクニック(言い換え等)を教えて頂き、大変参考になりました。窓口対応で、共感したり反復したりというのを意識的に行いたいです。
  • 心理学的な側面も含めたお話を聞くことができ、新たな気づきを得ることができた。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 20,459
  • 内容をよく理解・理解
    • 95.0
  • 講師がとても良い・良い
    • 94.6

※2016年4月~2017年3月


関連研修
一般的な研修例
若手向けにホウ・レン・ソウ(報連相)に特化した研修例
顧客や取引先とのコミュニケーション力を強化したい場合
大学生向けリーダーシップ研修 コミュニケーションスキル習得編(1日間)
メンバー向け成果の出し方・伝え方研修 セルフプロモーション編(1日間)
営業基礎研修  ビジネスにつなげる情報収集力編(1日間)

公開講座コミュニケーション研修
関連研修テーマ
プレゼンテーション研修
アサーティブコミュニケーション研修
クレーム対応研修
営業力向上研修
CS向上コンサルティングサービス

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー