社内文書 ファックス送達表

ファクシミリ送達表

作成のポイント

ファクスで文書を送る場合は、送達表(送付状、送信票)をつけるのが常識です。

相手先のオフィスで確実に本人まで送達されるよう、送付先の情報は必ず入れましょう。
発信人の欄には、電話やファクス番号を必ず入れます。
また、文書の下端には、総送付枚数がわかるように必ずページ番号を入れます。

発信前には電話で先方にファクス送付の旨報告しましょう。
送信後も送達を電話で確認するようにします。
万一の送信トラブルを防ぐためにも、送りっぱなしで済まさないよう、十分な対策が必要です。

下線部分を空白にしたフォーマットを作っておくとよいでしょう。

平成○○年○○月○○日

○○○○株式会社
○○部○○課 ○○○○様
(FAX番号:000-0000-0000

○○○○株式会社
○○部 ○○課 ○○○○
電話:000-0000-0000
FAX:000-0000-0000

ファクシミリ送達表

日頃は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
下記のとおりお送り申し上げますので、よろしくご査収ください。

1.内容:  ○○○○○書類
2.送信枚数: ○○ 枚(本送達表を含む)

以上

(1/○)

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本を学び、演習で文書作成できる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修