封筒の宛名の書き方(横書き・縦書き)

封筒の宛名の書き方

eメールやインターネットが普及し、かつてに比べて「郵便」を送る機会が少なくなっています。しかし、だからこそ「正式」かつ「重要」な場面で使用されます。
いざ、というときのために、封筒の宛名の書き方の正しい知識を身につけましょう。

縦書きの場合

封筒縦

横書きの場合

封筒横

注意するポイント

[文字の大きさ]
・お客様の名前が一番大きい文字サイズ
・次に大きいのは会社名
・住所や部署名、肩書き(役職名)はお名前、社名より小さくする

[字体]
特に決まりはありませんが、普通のビジネスレターなら明朝体、ゴシック体が多く、ご招待状などの改まったものであればあるほど、楷書体や行書体を使うことが多くなります。

[表記の仕方]
・住所の県名は同じ都道府県内に送る場合でも入れる(例「東京都」)
・(株)と略さず、「株式会社」と正式名称を入れる

[配置]
・お客様の名前が、真ん中になるように配置する
・会社名と部署名は改行する
・肩書き(役職名)(例「課長」)は名前の上に書く
・肩書が長いとき
   縦書きは名前の右側に
   横書きは名前の上に
書き、敬称は「様」を付ける

[封の仕方]
・糊で封をする(セロハンテープで貼って留めることはしない)
・封筒の継ぎ目に「〆」の字を書く、あるいは「緘」のスタンプを押すのが一般的

※念のためですが、「〆」は×ではありません
※お名前や肩書きは絶対に間違えないようにしましょう
※テープのり、両面テープは使用可能です(表面にテープが見えないため)

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本を学び、演習で文書作成できる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

直近の公開講座開催研修