社外文書 お祝い状(栄転のお祝い)

お祝い状(栄転のお祝い)

作成のポイント

会社の祝いごと(社屋の新築、創業記念、新事業所開設など)や、個人の祝いごと(栄転、昇進、受賞など)に対して、喜びの気持ちを込めてお祝いを申し述べる文書です。
タイミングを逸しないよう、すぐに出すことを心がけましょう。

決まり文句だけを連ねたり、大げさすぎる表現を使ったりするとかえって味気ない印象になってしまいます。
心からの祝福の気持ちを、自分の言葉で表現するようにしましょう。

まず、
①本文の最初でお祝いの言葉をきちんと述べ、
②相手のいままでの功績や努力をたたえ、
③今後ますますの発展をお祈りする言葉で締めくくります。

原則として封書にて出状しますが、Eメールで通知があった場合には、Eメールでお祝いを述べてもよい場合があります。相手との関係を十分に考慮した上で、失礼のないように配慮しましょう。

平成○○年○○月○○日

株式会社○○○○
取締役○○部長 ○○○○様

○○○○株式会社
○○課 ○○○○

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素はなみなみならぬお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたび○○様には取締役の要職にご就任なさいました由、心からお祝い申し上げます。

これもひとえに、○○様の日頃からのご精勤の賜物と存じ上げます。さらにご手腕を発揮され、貴社のご発展はますます固いものと存じます。
今後も一層ご健康に留意され、ご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。
まずは書中にてご祝詞申し上げます。

敬具

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本を学び、演習で文書作成できる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ



公開講座
1名様からご参加いただける公開講座のビジネス文書研修で、上司が唸る文書の書き方を習得していだけます!

「唸る」書き方シリーズ
上司が「唸る」議事録の書き方
上司が「唸る」報告書の書き方
上司が「唸る」日報の書き方
上司が「唸る」お詫び状の書き方
ビジネス文書文例集
【番外コラム】頭語と結語の使い方


階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気研修10テーマ
クレーム対応研修
OJT研修
ビジネス文書研修
プレゼンテーション研修
評価者・考課者研修
業務改善研修
コミュニケーション向上研修
タイムマネジメント研修
メンタルヘルス研修
CS・接遇研修

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー