社内文書 始末書|注意したい書き方のポイントと文例をご紹介

始末書

作成のポイント

会社の就業規定に違反したり、懲罰規定の対象となる行為を行い、会社に損害を与えた場合などに、 会社に対してお詫びをし、二度とやらないことを誓う文書です。

始末書を書かなくてはいけなくなった
①過失の事実を明記し、
②自分の責任を認め、
③謝罪したのち、
④同様の過失を二度と繰り返さないよう誓います。

事件・事故が発生した場合は、まず何をおいても上司に報告・相談をし、解決に向けて全力を尽くさなくてはなりません。 始末書は事が一段落してから書きましょう。

始 末 書

平成○○年○○月○○日

○○部長殿

○○部 ○○課 ○○○○

私は、平成○○年○月○日○時頃、JR○○駅付近で○○○○を紛失し、○○課をはじめ、多くの部署の方に多大なご迷惑をおかけいたしました。
上記行為は私の不注意によるものであり、深く反省をし、心からおわび申し上げます。
今度は二度とこのような不始末を繰り返さぬよう、十分に注意しますことを固くお誓い申し上げます。

紛失物: ○○○○

以上

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本を学び、演習で文書作成できる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

直近の公開講座開催研修