社外文書 依頼状(講演・原稿執筆)

依頼状(講演・原稿執筆、文書封入)

作成のポイント

見積りの要請、面会の申し込み、会議の開催通知、原稿や講演の依頼など、日常の業務の中で何かと書く機会の多い文書です。

受け取った相手が正確に内容を理解できるように、依頼内容を簡潔・明瞭に、事務的にまとめて作成することが重要です。

日時、場所、依頼の趣旨・目的などを明確にするとともに、行事などについては会場の地図や交通案内も記載しましょう。多数の方が出席する行事では、期間に余裕をもって出状することを心がけましょう。

専門家などに講演や執筆を依頼する場合は、事前に電話で相手の感触を確かめることが必要です。
依頼状を出した後も必ず電話で相手の意向を確認するようにしましょう。

依頼状は、封書により送達されるほか、相手と場合によってはファクスやEメールが使用されることもあります。

平成○○年○○月○○日

○○○○様

○○○○株式会社
○○部長 ○○○
電話00-0000-0000

原稿ご執筆のお願い

拝啓 ○○の候、先生におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げ
ます。
さて、先日お電話でお願いいたしました弊社広報誌『○○○○』○月号へ
のご寄稿について、ご快諾を賜り、誠にありがとうございました。
ご多忙中のところ大変恐縮ではございますが、下記のとおりご執筆を賜り
たく、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

1.掲載誌:弊社広報誌『○○○○』○月号 ※○月○日発行。A4判○○ページ。○○○部発行。
※玉稿は「○○」コーナーに掲載させていただきます。
2.テーマ:『○○○○○○』
3.原稿枚数:400字詰原稿用紙○枚程度
4.締切:○月○日(○)
5.謝礼:○○○○○円(税込)

以上

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本を学び、演習で文書作成できる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ



公開講座
1名様からご参加いただける公開講座のビジネス文書研修で、上司が唸る文書の書き方を習得していだけます!

「唸る」書き方シリーズ
上司が「唸る」議事録の書き方
上司が「唸る」報告書の書き方
上司が「唸る」日報の書き方
上司が「唸る」お詫び状の書き方
ビジネス文書文例集
【番外コラム】頭語と結語の使い方


階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気研修10テーマ
クレーム対応研修
OJT研修
ビジネス文書研修
プレゼンテーション研修
評価者・考課者研修
業務改善研修
コミュニケーション向上研修
タイムマネジメント研修
メンタルヘルス研修
CS・接遇研修

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー