返信はがきの書き方

返信はがきの書き方

eメールやインターネットが普及し、かつてに比べて「郵便」を送る機会が少なくなっています。しかし、だからこそ「正式」かつ「重要」な場面で使用されます。
結婚式の招待状の返信はがき等はその最たるものですね。いざ、というときのために正しい知識を身につけましょう。

返信封筒の例文画像

注意するポイント

[表]
1.「行」は「様」か「御中」に

返信用のはがきの宛名に「行」と書くのは謙譲の表現です。
斜め二重線で訂正し、横に部署・組織宛であれば「御中」、個人宛であれば「様」と書きます。
位置は縦書きなら、宛名の左下、横書きなら右下です。
これははがきに限ったことではなく、返信用封筒でも同様です。

[裏]
2.出席、欠席は〇を付けるのではない

1)欠席なら 「ご出席」の部分を
出席なら、「ご欠席」の部分を縦の二重線で消します。

2)自分に「ご」はつけません。「ご」を斜め二重線で消します。

3)余白に「させていただきます」 を追記します。
特に欠席の場合は「残念ながら・・・」と補足するほうがより丁寧です。

3.自分自身の住所と名前の見出しにも注意
ご住所の「ご」とご芳名の「ご芳」を消します。
「ご芳名」というのは「名前」の丁寧な表現です。
「御名前」とあれば「御」を斜め二重線で消します。

※一文字の修正は斜め二重線、二文字以上から縦二重線で消すことが多いです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ

「上司が唸る」シリーズ
上司が「唸る」議事録の書き方
上司が「唸る」報告書の書き方
上司が「唸る」日報の書き方
上司が「唸る」お詫び状の書き方
上司が「唸る」E-mail の書き方
上司が「唸る」
営業メールの書き方
上司が「唸る」英文eメールの書き方
上司が「唸る」報告の仕方
ビジネス文書 文例集
【番外コラム】頭語と結語の使い方


関連公開講座
1名様からご参加いただける公開講座のビジネス文書研修で、上司が唸る文書の書き方を習得していだけます!




階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気研修10テーマ
クレーム対応研修
OJT研修
ビジネス文書研修
プレゼンテーション研修
評価者・考課者研修
業務改善研修
コミュニケーション向上研修
タイムマネジメント研修
メンタルヘルス研修
CS・接遇研修

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

ビジネス文書通信添削

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修