返信はがきの書き方

返信はがきの書き方

eメールやインターネットが普及し、かつてに比べて「郵便」を送る機会が少なくなっています。しかし、だからこそ「正式」かつ「重要」な場面で使用されます。
結婚式の招待状の返信はがき等はその最たるものですね。いざ、というときのために正しい知識を身につけましょう。

返信封筒の例文画像

注意するポイント

[表]
1.「行」は「様」か「御中」に

返信用のはがきの宛名に「行」と書くのは謙譲の表現です。
斜め二重線で訂正し、横に部署・組織宛であれば「御中」、個人宛であれば「様」と書きます。
位置は縦書きなら、宛名の左下、横書きなら右下です。
これははがきに限ったことではなく、返信用封筒でも同様です。

[裏]
2.出席、欠席は〇を付けるのではない

1)欠席なら 「ご出席」の部分を
出席なら、「ご欠席」の部分を縦の二重線で消します。

2)自分に「ご」はつけません。「ご」を斜め二重線で消します。

3)余白に「させていただきます」 を追記します。
特に欠席の場合は「残念ながら・・・」と補足するほうがより丁寧です。

3.自分自身の住所と名前の見出しにも注意
ご住所の「ご」とご芳名の「ご芳」を消します。
「ご芳名」というのは「名前」の丁寧な表現です。
「御名前」とあれば「御」を斜め二重線で消します。

※一文字の修正は斜め二重線、二文字以上から縦二重線で消すことが多いです

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

直近の公開講座開催研修