働く人の相談件数は「職場の悩み」が最多、中でも「パワハラ」は増加傾向

2019年11月27日

働く人の相談件数は「職場の悩み」が最多、中でも「パワハラ」は増加傾向

 「働く人の電話相談室」に寄せられた相談のうち最も多いのは「職場の悩み」で、4割弱を占めることが日本産業カウンセラー協会の集計で明らかとなった。「職場の悩み」の中でも「パワハラ」についての相談は、増加傾向が続いている。

 9月10日から3日間、全国19カ所で開設された「働く人の電話相談室」には、延べ695人、1159件(相談者からの主訴を最大3つまで選択する方式として集計)の相談が寄せられた。その集計によると、相談者数、件数とも昨年に比べ約2割減少したが、正規・非正規社員からの件数・割合が増加している。

 年齢別でみると、相談者数では前回までと同様50代がピークで全体の3割をしめているが、今回は20代、30代の相談者数が他の年代と比較し増加した。

 相談内容は、「職場の悩み」が最も多く37.9%、次いで「メンタル不調・病気の悩み」が16.6%、「自分に自信に関する悩み」が12.0%と続いた。

 前年と比較すると「職場の悩み」が10.6ポイント増、「キャリアに関する悩み」が2.8ポイント増と大きく増加した。この要因について日本産業カウンセラー協会では「働き方改革元年ということで、法整備や一般企業での様々な取組がなされる一方、そうした制度と働く側との距離感、企業側の制度整備が追い付かない等、ギャップが生まれていることを反映している」と指摘する。

 「職場の悩み」の内訳をみると、「職場の人間関係」、「パワハラ」、「労働条件」などが顕著に増加しており、なかでも「パワハラ」は一昨年から増加傾向が続いている。

 年代別にみると、20代、30代の「悩み」の分類では「職場の悩み」に次いで「メンタル不調・病気の悩み」が続き、この2項目で同年代の7割近くを占めた。年代が上がるにつれ、家族や生活の悩みなど多様化する傾向は従来と変わらなかった。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。