loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

ハラスメント防止研修~基礎知識を習得する

ハラスメント防止研修~基礎知識を習得する

管理職が知っておくべきハラスメント基礎知識を1日間で習得する

研修No.1910201

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・ハラスメントの基礎知識を習得したい管理職の方

※ハラスメント防止の基礎知識を学ばれた方で、具体的な職場づくりに取り組みたい方にはこちらがおすすめです「管理職向けハラスメント防止研修~上司力を発揮して、ハラスメントが起きない組織を作る

よくあるお悩み・ニーズ

  • 管理職として知っておくべきハラスメントに関する基礎知識をおさえたい
  • マタハラ・パタハラ・ケアハラ・LGBTに対するハラスメントなどの知識も身につけたい
  • 実際にハラスメントを見かけた際にどのように行動すべきか知りたい

※インソースの公開講座は、受講者の皆さまに「受講証明書」をお渡ししております。お渡し方法についてはこちらをご覧ください。

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、管理職として押さえておくべきハラスメント防止の基礎知識を1日間で学びます。セクハラ・パワハラだけでなく、マタハラ・ケアハラ等多様化するハラスメントについて幅広く学び、ハラスメント防止対策を検討したい方におすすめの研修です。

<研修のポイント>
・セクハラ・パワハラ危険度チェックを行い、日頃の自分の行動がハラスメントに該当しているのか確認する
・ハラスメントを見かけた時の悪化防止策をケーススタディを通じて検討する

到達目標goal

  • ①セクハラ・パワハラをしてしまう危険がないか、自分の行動を振り返る
  • ②ダイバーシティ時代に求められるハラスメントの知識(マタハラ・パタハラ・ケアハラ・LGBTに対するハラスメント等)を身につける
  • ③ハラスメントを見かけた際に、管理職としてできる悪化防止対策を検討する

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.ハラスメントとは
    【ワーク】組織内でハラスメントが発覚した際に、どのような影響があるのか
     ①被害者
     ②加害者
     ③組織の立場になって考える
    (1)ハラスメントとは
    (2)職場の一人ひとりが真剣に向き合うべき問題
    (3)経営にも影響を及ぼす重大な企業リスク
    (4)ハラスメントの種類
    (5)ハラスメントがもたらすさまざまな悪影響
講義
ワーク
  • 2.パワーハラスメントとは
    【ワーク】パワハラ危険度チェック
    ~どの程度のことが「パワハラ」にあたるのか自分の認識をチェックする
    (1)パワーハラスメント(パワハラ)とは
    (2)パワーハラスメント防止対策の強化
    (3)職場におけるパワハラの3要素
    (4)6つのパワハラタイプ
    (5)パワハラの原因
    (6)パワハラの段階別行動
    (7)パワハラグレーゾーン
    【ワーク】パワハラに該当する可能性のある行為に〇を付ける
    (8)パワハラか正当な指導か
    (9)自身がパワハラを起こさないために
    (10)パワハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 3.セクシュアルハラスメントとは
    【ワーク】セクハラ認識度チェック
    ~どの程度のことが「セクハラ」にあたるのか自分の認識をチェックする
    (1)セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
    (2)セクハラ防止対策の強化
    (3)2つのセクハラタイプ
    (4)セクハラの原因
    (5)セクハラの判断基準
    (6)セクハラグレーゾーン
    【ワーク】セクハラに該当する可能性のある行為に〇を付ける
    (7)セクハラを防ぐために
    (8)セクハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 4.ダイバーシティ時代のハラスメント防止
    (1)「多様な人が共に働く時代」のハラスメント防止
    (2)マタハラ
    (3)パタハラ
    (4)ケアハラ
    (5)マタハラ・パタハラ・ケアハラに関連する法律
    (6)LGBTに対するセクハラ
    (7)障がい者に対する差別
講義
ワーク
  • 5.ハラスメントを見かけたら ~悪化させないために
    (1)ハラスメントを見かけた時に絶対にしてはいけないこと
     ①加害者への同調
     ②被害者側を責める
     ③被害者側の意思を確認せずに通報
    (2)被害者に寄り添うためにできること
     ①被害者に孤独を感じさせない
     ②話を真摯に受け止め、聴く
     ③相手の意向を尊重する
     ④早急に対応する
     ⑤記録をつける
    (3)社内の相談窓口を把握する
    【ワーク】ハラスメントを見かけたら自分ならどのように対応するか、ケースをもとに考える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

管理職の方が知っておくべきハラスメント防止に関する知識を1日間でまとめて学ぶことのできる研修です。最近のハラスメントの事例や、法改正の内容等も研修の中で取り上げ、ハラスメント防止対策への意識を高めていただきます。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

99.4%

講師:大変良かった・良かった

95.8%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2020年6月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • パワハラについての定義、グレーゾーン等、難しい部分もあるが今回得た知識を職場内での啓蒙に活かしていきたい。
  • 3つの視点というのが分かりやすかった。自分の行為が、当事者間と他の方からどう見えるかという点を気にかけていきたい。
  • ハラスメントを発生させないのは当然ですが、起きてしまったことに対する対応を考え準備しておきたいと思います。
  • 過去の部下に対する言動を振り返るよい機会になった。自分のペースではなく、相手のペースに合わせる事で業務に活かしていければと思う。
  • セクハラ、パワハラは特に自分には関係ないものだと思っていました。今回受講して具体的な内容がとても良く理解できました。

実施、実施対象
2020年6月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • 何かあったら必ず相談すること、そして経験を重ねて指導側にあたるときにはハラスメントにならないような対応をするようにしたい。
  • 何がハラスメントに該当するのかについて、十分学ぶことができた。どの職場においてもハラスメントが起こる可能性があり、それを防止するには常にそうした意識を持つ必要がある。
  • グループワークを通して、ハラスメントに認識は人それぞれであることが分かった。自分では意識していなくても相手がハラスメントと感じれば危険であり、新入社員でもそれは自覚しなければならない。
  • セクシャルハラスメントについては、相手との距離感に注意していきたいと思います。

実施、実施対象
2020年3月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • セクハラ・パワハラを生まない職場になるよう活かしていきます。
  • 職場内のコミュニケーションの円滑化に活かしていきたいと思います。
  • まだまだハラスメントに対する認識が甘いことが理解出来た。
  • 自信の知り得た情報をもとに、人との接し方を振り返り、社員の方々とより良い環境を作っていきたいと思いました。
  • パワハラ等ハラスメントに関する周知を徹底していきたい。

実施、実施対象
2020年2月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.7%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • 職場内での環境を自分からも進んで良い方向に持っていけるようにしていきたいと思います。
  • 加害者にとっては何でもないような行動が被害者にとってハラスメントとして捉われるということが良く分かりました。
  • 職場で起きているハラスメントにいち早く気づき対応していきたい。
  • 何事もコミュニケーションが大切だと再認識しました。
  • 日常のコミュニケーションを大切にし、ハラスメントのない職場作りに活かしたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ハラスメントによる損失、事例・対処方法が理解できた。未然防止に努めるとともに、処理フローの確認を行いたい。
  • 社員教育、信頼関係構築、第三者としての抑止力の向上に活かしたい。
  • 気軽に相談を受けられるように、傾聴力をつけていきたいと思いました。
  • 信頼関係がより重要だと認識しましたので、傾聴を心がけ、よりよい人間関係を構築していきたいです。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
99.4
講師がとても良い・良い
95.8

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修