11

学習する社会人

人事担当者30のお悩み

悩み
社員・職員が自ら積極的に学び、成長する意欲を持たせるには
どうしたら良いか。
回答
  • 学習する動機づけと、仕事にふさわしい成長の促進
  • ・学習意欲をスイッチオンするには、キャリアパス提示などの
  •  動機づけが必要。
  • ・成長することに楽しさを感じ、成果に誇りが持てる職場環境
  •  の構築が必要。

学習意欲をスイッチオンする工夫と、成長に楽しさと誇りを見出させる環境

キャリアパスを示すなど動機づけが必要

社会に出てからも学習を継続させるには強い意志と向上心が必要です。しかし、日々の業務に追われ、学習時間の確保がままならないのが現実ではないでしょうか。必要性は理解していても、年数を重ねるほど、学習習慣の維持がますます困難になっている人は多いはずです。

こうした状況でも、自律的に学習する人は確かにいますが、残念ながら一部の限られた人です。そのような人は、キャリアを自分自身で描ける人でもあります。また、キャリアを自分自身で描けない人でも、キャリアデザインについて学べば、問題解決に繋がります。

しかし、自律的な学習意欲が低い人は、キャリアデザインについて自ら学ぶことすら難しい場合もあります。そこで、組織が多様なキャリアパスを示すことで、学習意欲にスイッチを入れるなど、制度的な工夫が必要になってきます。

成長を促すためには、さらなる工夫を

成長を促す起爆剤としては、次のようなことも重要です。
・社員・職員自身に、ひとつ上のステージを見据えた「将来なりたい自分」を想定
 させ、そのためにはどんな学習が必要かを自分で考える機会を提供する。
・習得した知識に対して、適切な評価体系を構築する(努力に報いる)。
・各自の努力が本人の成長を促すだけでなく、組織の業務としてもメリットに
 繋がるように、人事制度を工夫する。

職場環境の整備で、自らの成長に責任を持つメンバーを増やす

さらに「人事が勝手に作った制度だから・・・」と制度が形骸化しないしかけも重要です。これには、社員・職員が下記2点を感じられるような職場環境作りが欠かせません。
① 仕事で成長している手ごたえ
② その成果によって組織の役に立っている(貢献している)実感

経営学者のドラッカーは、
「成長に必要なものは責任を持つことであり、責任に焦点を合わせるとき、人は自らについてより大きな見方をするようになる」 と言っています。
上司や同僚から成果が認められ、自らの成果に誇りが持てる組織では、自らの成長に責任を持つメンバーも自然に増えるのではないでしょうか。この実現に現時点で困難を感じている組織では、人事制度やマネジメントの変革が喫緊の課題となります。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修