12

メンター制度の導入

人事担当者30のお悩み

悩み
メンター制度を導入している会社が増えていると聞くが、当社でも導入すべきか。
回答
  • メンター制度導入の目的を明確にして、成果につなげる
  • 1.何のためにメンター制度を導入するのか、導入の目的を明確化することが最重要
  • 2.現場が惑わないようにメンター/メンティーの役割を明確にし、事前説明を徹底する
  • 3.直属の上司や周囲の理解が不可欠

近年導入が進むメンター制度

メンター制度とは、人材担当部門が人材育成の一環として、計画的に、組織の人員から助言者(メンター)と助言をうける人(メンティー)のペアをつくる制度のことです。その中で行われるメンターとメンティーの交流そのものを「メンタリング」といいます。

近年では、様々な組織課題を解決する制度として、メンター制度を導入する企業が増加しています。

目的を明確化する

世の中には新人の定着化、女性が活躍する組織作り、グローバル人材育成、経営幹部育成など、多岐にわたる課題を解決するために様々なメンター制度が存在します。とはいえ、やみくもに「他社が導入しているから」というだけで制度を導入しても成果が出ることはありません。

当たり前のことのようですが、メンター制度を成果につなげるためには、導入の目的を明確化することが重要です。つまり、「今、当社として何を課題とすべきなのか」「その課題を解決する手段として、メンター制度の導入が適切なのか」「どのような成果を得たいのか。」を再度確認すると良いでしょう。

メンター/メンティーの役割を明確化し、周知する

上述の通りメンター制度にも様々な導入目的があります。これらの目的によってメンターの役割は異なります。また、トレーナー制度など他の計画的な育成制度を導入している場合は、「トレーナーとメンターとの違いは何か?」が理解できず、現場が混同してしまいがちです。

このため、メンター制度を導入する上ではメンターの役割を明確化するとともに、メンター・メンティーに対して制度・役割・運用ルールを周知する必要があります。メンター制度の周知に際しては、説明会や研修を行うことが一般的です。特にメンターに求められるメンタリング・スキルは日常的な業務上のコミュニ
ケーションと性質が異なりますので、併せてメンター向け研修を実施するケースがほとんどです。

メンターを集めて研修を実施することが難しい場合は、時間・場所の制約なく周知を行うことができるeラーニングを実施するケースも増加しています。

周知は組織全体へ

通常、メンターは通常業務と並行してメンターとしての役割を担います。その負荷を軽減するためにも上司や職場の理解は欠かせません。また、メンティーの職場の上司や同僚がメンターの役割を正確に理解していれば、メンター⇔職場間の連携が円滑になります。つまり、メンター制度についての周知はメンター/メンティーにのみ行えばいいのではなく、組織全体に行うことが求められます。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報