loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

Python学院~Python応用講座(2日間)

Python学院~Python応用講座(2日間)

Pythonを「学ぶ」ことが目的ではなく、「実務で活用できるようになる」ことが目的の方のみ、ご参加ください

研修No.6068008

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 全階層

・研修受講後、Pythonを「実務で」すぐに活用できるようになりたい方
・現場のエンジニアが使っているPython開発の技術を身につけたい方
・Pythonを活用して抜本的な変革を起こしたい、組織の業務改善・DX推進担当者
・過去にPythonを学習したことがあるが、結局実務での活用ができていない方

よくあるお悩み・ニーズ

  • Python学習の経験はあるが、実務で活用するために具体的に何をすれば良いかが分からない
  • 短期間で、Pythonを実務で活用できるようになるための知識・スキルを習得したい
  • プログラミング中にエラーが発生した際、どのように解決すれば良いかが分からない。現場のエンジニアがどのようにエラー解決を行っているかを具体的に知りたい
  • 自分自身、もしくは組織内に定型・単純作業が多く、Pythonで自動化して楽になりたい
  • RPAツールやマクロ(VBA)での業務自動化に限界を感じている。Pythonを活用できるようになり、業務自動化の幅を広げたい

研修内容・特徴outline・feature

Pythonを「学ぶ」ことではなく、「実務で活用する」ことに特化した2日間の研修です。

本研修は、登場人物の対話形式で、ストーリーに沿って進められます。
実務で活用するための具体的なイメージが湧くよう、たくさんの実用的なサンプルプログラムを通じて、「実務で活用するための」Pythonプログラミングのスキルを身につけます。 また、演習問題を通じてたくさんの「アウトプット」を行います。

Pythonプログラミングを自走して行えるようになるためには、「エラー解決力」と「検索力」を高める必要があります。
サンプルプログラムと演習問題を通じて、この2つのスキルを徹底的に高めていきます。

本研修では参加条件を「Python基本文法の学習経験がある方」としておりますが、研修の序盤に改めてPython基本文法の復習を行い、複数の演習問題を通してスキルを定着させます。

また具体的に、ビジネス現場で最もよく使われる業務自動化のスキルである「Excel操作の自動化」と「Web上からの情報収集自動化(スクレイピング)」について学びます。

実務でPythonプログラミングを行う際に不可欠である「仮想環境」と「実行ファイルの作成」についても学びます。

ビジネス現場で活用するためのPythonのスキルを学んだ後、学んだことを具体的にどのようにビジネス現場で活用するかを考える時間もご用意しており、「具体的なアクションプラン」まで考えられる研修となっております。

*参加条件*
Python基本文法の学習経験がある

*その他Pythonオススメ研修*
●PythonによるExcel操作自動化について学び、Pythonプログラミングの第一歩を踏み出したい方には、以下1日間の研修がオススメ
・Python学院~Excel操作自動化編(1日間)

●Pythonの基礎から応用までを時間をかけてじっくり学びたい方には、以下5日間の研修がオススメ
・Python学院~短期集中講座(5日間)

●「Pythonとは何か」「Pythonでどんなことができるか」概要が知りたい方には、以下無料セミナーがオススメ
・Python体験会~Pythonで実用的なプログラムを作成する
・Pythonを用いたDX研修」成果報告会~今年のインソース新入社員がプレゼンします!

到達目標goal

  • ①Pythonを実務で活用するために何をすれば良いか、イメージが湧いている
  • ②プログラミング中にエラーが発生した際、エラーの原因を突き止めて自信を持って解決に取り掛かることができる
  • ③プログラミング中に分からないことがあっても、インターネット上で検索をしながら自信を持って解決に取り掛かることができる
  • ④「Excel操作自動化」「Web上からの情報収集自動化」「仮想環境」「実行ファイル」について、基本が理解できている

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.実務でPythonを活用するための事前準備
    【ワーク】研修参加目的の明確化
    ・Pythonの特徴
    ・Pythonでどんなことができるか
    ・Python動作イメージの獲得
    【ワーク】自動化できそうな業務の洗い出し
    【ワーク】選定業務について、アルゴリズムを考える
    ・Visual Studio Codeの使い方
講義
ワーク
  • 2.Python基礎
    ・基本文法の学習
    【演習問題】基本文法の知識・スキルを定着させる
    【サンプルプログラム1】デバッグの仕方を学ぶ
    【サンプルプログラム2】エラー解決の仕方を学ぶ
    【ワーク】デバッグ、エラー解決について、学んだことを共有する
講義
ワーク
  • 3.Web上からの情報収集自動化(スクレイピング)
    ・スクレイピングについて
    ・スクレイピングの基本的な方法
    ・スクレイピング時の注意点
    【サンプルプログラム1】単一ページからのデータ取得
    【サンプルプログラム2】複数ページからのデータ取得
    【サンプルプログラム3】より実践的なスクレイピング
    【演習問題】サンプルプログラムへの機能追加、エラー解決を行う
    【ワーク】スクレイピングについて、学んだことを共有する
講義
ワーク
  • 4.【参考】Webブラウザの自動操作
    ・専用ツール「Selenium」について
    ・Seleniumの基本的な使い方
    ・動作イメージの獲得
     -自動ログイン
     -フォームに値を入力し、検索する
     -2ページ目に移動するためのボタンをクリック
講義
ワーク
  • 5.仮想環境
    ・Pythonの仮想環境とは
    ・仮想環境の作成と有効化の方法
    ・仮想環境の活用場面
    【ワーク】仮想環境の作成・有効化を行い、ライブラリをインストールする
講義
ワーク
  • 6.Excel自動操作
    ・Excel自動操作ツール「openpyxl」について
    ・ワークシートの操作
    ・セルの読み込みと書き込み
    ・各シート・行・セルの繰り返し処理
    【サンプルプログラム1】簡単なデータ転記
    【サンプルプログラム2】複数ファイルのデータを、一つのファイルにまとめる
    【サンプルプログラム3】より実践的なExcelファイル操作
    【ワーク】Excel自動操作について、学んだことを共有する
講義
ワーク
  • 7.「Excel自動操作」と「スクレイピング」の組み合わせ
    【サンプルプログラム1】中規模のプログラムを読めるようになる
    【サンプルプログラム2】大規模のプログラムを読めるようになる
    【演習問題】サンプルプログラムへの機能追加、エラー解決を行う
講義
ワーク
  • 8.実行ファイルの作成
    ・実行ファイルの基本
    ・実行ファイルの作成方法
    【ワーク】実行ファイルを作成し、クリックしてプログラムを実行してみる
講義
ワーク
  • 9.現場でPythonを活用するために
    ・今後の学習方法について
    ・本研修のテキストを活用した、有効な復習方法について
    ・配布サンプルプログラムの説明と、実務での活用方法
    ・実務でPythonを活用するための、具体的な手順について
    【ワーク】Pythonの活用プランを作成する
講義
ワーク

企画者コメントcomment

本研修を企画するにあたり、まず「業務の自動化について、世の中のビジネスパーソンはどのような課題を持っているか」を考えました。

「業務の自動化」を実現するために、多くの人は自動化ツールの使用方法を学びます。

自動化ツールとしてPythonを選択し、学習をする人は数多くいますが、実務で活用できている人が非常に少ないことを知りました。

弊社では過去に膨大な数のPython研修を実施してきましたが、研修後のアンケート結果を分析した結果、「Pythonの使い方は分かったが、実務での活用イメージが湧かない」という声が多くありました。

Python研修受講者から直接ヒアリングする機会も多くいただきましたが、やはり同じような感想でした。これは、弊社研修に限らず、他の会社の研修でも同じでした。

業務の自動化や組織のDXを実現するためには、「学ぶ」だけではなく「活用」できるようにならなければいけません。しかし、この「活用」の段階まで進めていない方がほとんどのようです。

「Pythonの基礎の習得」と「実務での活用」の間には、大きな壁があります。

東京でトップクラスに大きい書店に足を運び、「Pythonの基礎の習得」と「実務での活用」の間の壁を突破するための有効な書籍がないか片っ端から探しましたが、見つかりませんでした。
他社のPython研修も探しましたが、見つかりませんでした。

この壁を突破することができる研修を作れば、多くの方の業務自動化に関する課題を解決できる、ひいては世の中のあらゆる組織のDX推進の強力なサポートができると考えました。

過去に実施した弊社Python研修を受講した方の声、また入念な市場調査の末、完成したのが本研修です。
是非、Pythonを実務で活用したいとお考えの方はご参加ください。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話での
お問合せ

公開講座に関する
Q&Aはこちら

研修リクエストの
お問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修