loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

RPA/UiPath研修~速習プログラム(入門編)(2日間)

RPA/UiPath研修~速習プログラム(入門編)(2日間)

公式入門プログラムで学ぶUiPath操作とRPAによる業務改善プロセス

研修No.6971101

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 全階層
  • ・RPAの導入を検討しており、RPAツールを一度使ってみたい方
  • ・定型業務が頻繁にあり、自動化したい方
  • ・UiPathを導入する予定、または導入したが、使い方がわからない方

  • 【前提知識】
    ○必須
    ・Excel関数の操作(IF、COUNT、四則演算など)
    ※PC操作習熟度の一つの基準として挙げています


    ○推奨
    ・何らかのプログラム開発経験(Excelのマクロなどでも可)
    ・.NET Frameworkの利用経験
    ※UiPathを使いこなすにあたり、理解が深めやすくなります

よくあるお悩み・ニーズ

  • RPA開発に必須である制御構造の基礎を理解したい
  • RPAに向いた業務を選択できるようになりたい
  • Uipath Studioの基礎的な機能を学びたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、UiPath社公式の2種類の速習プログラム内の「入門編」です。

はじめに、RPA の概要を理解し、『どのような業務プロセスが適しているのか』を学習します。そして、業務担当者が関わるRPA 開発までの流れを理解し、現在の業務プロセスからRPA 化を前提にした業務改善、業務選定方法を学べるステップ学習になっています。

次に、UiPath Studio の基本操作を学習し、UiPath の特徴であるセレクター、処理の制御方法を理解し、UiPath と業務のRPA 化につなげます。

※「UiPath」とは、UiPath株式会社が提供する、操作しやすい画面設計と複雑な業務への拡張性を兼ね備えたRPAツールです。

*この研修ではPCを使用します*
研修会場にノートPCをご用意しております
(持ち込んだPCのご利用はできません)

*オンライン研修の受講環境について*
UiPath Studio Community EditionをインストールしたPCからの受講をお願いしております。
推奨するハードウェア要件は以下の通りです。
・CPU 3.4GHz×4コア
・メモリ8GB以上

到達目標goal

  • ①業務改善手法の基礎を理解する
  • ②RPA化に適した業務プロセスの選定について理解する
  • ③ワークフロー、UiPath Studio上の処理に対する制御方法を理解する
  • ④UiPath Studioの基本操作について理解する
  • ⑤レコーディング機能を使用したワークフローの作成方法について理解する
  • ⑥ワークフロー、アクティビティの操作方法について理解する
  • ⑦セレクターについて理解する
  • ⑧データスクレイピング機能について理解する

研修プログラム例program

1日目
内容 手法
  • 1.RPA概要
    (1)RPA・UiPathの概要
    (2)RPA化対象業務
    (3)開発までの流れ
講義
ワーク
  • 2.業務改善手法
    (1)ITツール(RPA)導入の課題
    (2)RPA導入の利点・注意点
    (3)業務フロー図の基礎
    (4)業務可視化方法
    (5)業務フロー図の作成(アナログ)
    (6)業務フロー図の作成(デジタル)
  • 3.RPA化業務プロセスの確定方法
    (1)RPA化対象業務の選定方法
    (2)RPA化対象業務の難易度比較方法
    (3)業務プロセスのワークフロー化
講義
ワーク
  • 4.UiPath Studio紹介
    (1)UiPath Studioの基本操作
講義
ワーク


2日目
内容 手法
  • 5.制御構造の基礎
    (1)制御構造の基礎
    (2)ワークフロー上の制御構造
講義
ワーク
  • 6.ワークフローの変更
    (1)Excelファイルと他アプリケーションの自動化
    (2)繰り返し処理
    (3)変数
    (4).NET関数
    (5)Excelファイルの保存方法
講義
ワーク
  • 7.セレクターとは
    (1)セレクターの概要
    (2)UI要素の理解
講義
ワーク
  • 8.レコーディング機能
    (1)webサイトから値を取得する
    (2)手動レコーディングについて
    (3)エラー対応の方法
    【参考】デスクトップとベーシックの比較
    【参考】レコーディング可と不可の操作
講義
ワーク
  • 9.データスクレイピング機能
    (1)データスクレイピング
    【参考】ワークフロー作成の一助となる情報
    (1)デバック実行の方法
    (2)ロボットによる実行
    (3)主要なアクティビティの紹介
    (4)学習リソースガイド
講義
ワーク

企画者コメントcomment

UiPath社公式の速習プログラム入門編です。少々難易度は高いですが、RPA対象業務のフロー作成から、ドキュメント作成、ワークフロー作成まで2日間で学ぶことができます。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年6月10日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「7つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

92.5%

講師:大変良かった・良かった

93.6%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年2月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
50%
参加者の声
  • 実勢にRPAを活用して、間接業務の圧縮や顧客への業務改善の提案に活用したいと思う。
  • 自部署での業務でまずは1つRPAを使って、効率化を図る。
  • RPAを選定する際に今回の研修の内容を活かしていきたい。
  • 後日、どの部分に利用できるかを検討したい。

実施、実施対象
2020年1月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 品質・生産性向上を目指し、業務の可視化およびRPAに適した業務の選定、RPA導入に活かしていきたいと思います。
  • 担当業務の改善につなげるために、業務の洗い出しやRPA化への検討も含めて整理をしていきたい。
  • シナリオ作成者のフォロー役として、何かあった際に解決に向けた手助けができるようにしたい。
  • 事務的な作業はすべてまかなえることが分かったので、業務をスムーズにまわせるように、簡易な処理はどんどんRPA化していきたい。
  • 通常業務において無駄がないかチェックし、自動化を図っていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
92.5
講師がとても良い・良い
93.6

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年6月29日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「7つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修