できる係長になるために ―係長の役割考―

著者:インソースマネジメント研究チーム

記事紹介文

大企業では,管理職とは一般に課長職以上を指すことの方が多く,部下がいなくても,組織上「係長」に就いている場合,「名ばかり管理職」といえます。今回は,係長職に求められる本当のスキルや能力について考察いたします。

瀬倉研究員がまとめた記事のポイント

1.ヒューマン・スキルやコンセプチュアル・スキルは、若いときこそ身につける

2.テクニカル・スキルの意味や存在意義を考える癖をつける

瀬倉研究員がまとめた記事要約
■係長職とは
日本の大企業では,管理職とは一般に課長職以上を指します。配下に自身が管理する部下が居ないにもかかわらず,組織上「係長」に就いている名ばかりの場合もあります。係長職をきっちり務めるために求められるスキルや能力とは何でしょうか?
■R.カッツのテクニカル・スキル論
係長と課長,部長の職責の違いを,ハーバード大学のカッツ(Katz, Robert, L.)教授は,マネジメント層によって求められる能力が異なることから次のように説明しています。
1.テクニカル・スキル
係長クラスのロワー・マネジメント層に必要な業務知識
2.ヒューマン・スキル
ミドル・マネジメント層に求められる,目的達成のためのコミュニケーション力
3.コンセプチュアル・スキル
発生している事象や状況を構造的・概念的に捉え,事柄や問題の本質を見極める力
2や3のスキルは課長,部長になってから身につければよいようですが,果たしてそれで良いのでしょうか。
■コンセプチュアル・スキルこそ若い時期に
実は,ヒューマン・スキルやコンセプチュアル・スキルは,一定以上の年齢になってから身につけるのは困難です。係長職に居る若い頃にこそ,その会社の一番重要な戦略上の問題を,社員に考える癖をつけることが必要といえます。
■テクニカルな事象の背後にある意味を考える癖を
テクニカル・スキルのみを切り離して教育訓練しようとするのではなく,ヒューマン・スキルやコンセプチュアル・スキルもともに高めていけるような教育プログラムであれば良いでしょう。些細なテクニカル・スキルでも,その背後にある深み―意味や構造,その存在意義―を,係長になろうとする若い社員にも考えさせるような教育の実現が課題です。


バーチャルマネジメント研究所一覧TOP
全記事一覧
テーマ一覧
人的資源管理
リーダーシップ
ビジネススキル
営業
マネジメント
リスクマネジメント
シリーズ一覧
人事マネジメントシリーズ
日本的人事システムの先進性シリーズ
日本におけるMBA教育シリーズ
ロジカルシンキングの極意シリーズ
女性管理職育成シリーズ
プレゼンテーションシリーズ
テイラーシリーズ
経営資源考シリーズ
ビジネスに活かすリーダーシップシリーズ
内部マネジメントの3パターンシリーズ
モチベーションのマネジメントシリーズ
役に立つ逆転の発想シリーズ
経営理念の重要性シリーズ
「できる人」の見分け方・育て方シリーズ
人的資材管理の源流シリーズ
「見える化」で見えなくなるものシリーズ
成功する人材育成へ向けてシリーズ
ビジネスに活かせるプレゼンのコツシリーズ
経営学は実践にどのように役立つか
その他

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

インソース採用情報

営業・エンジニア・コンテンツクリーエーター中途採用中

オンライン研修ZOOMオペレーター募集中

直近の公開講座開催研修