21

具体的な研修の作り方

人事担当者30のお悩み

悩み
業務に具体的に紐づく研修を作るにはどうしたら良いか。
回答

研修設計の段階で、受講者の業務内容と悩みを「リアルに」把握することが大切。~受講者に「なるほど!」「自分もやってみよう!」と思っていただくために~

  • 受講者に対して事前アンケートや事前のヒアリングを行い、
  •  ・受講者が普段どのような業務を行っているのか
  •  ・業務中にどのようなことに困っているのか

この2点を把握することで、「的外れな研修」になることを防ぎ、受講者に役立つ内容を作ることができると考えています。受講者に直接聞けない場合は、それに近い経験を持った人に聞きましょう。とにかく「リアルな声」を集めることです。

受講者に寄り添う

具体的なスキルであっても、考え方や一般的なビジネススキルであっても、研修を作る上で最も大切なことは、受講者の立場や業務内容、気持ちを想像し、受講者に寄り添うことです。仕事に関する考え方や行動について、「あるべき論」をとうとうと語ることも、もちろんできます。ただ、それでは受講者から見て「なるほど!」「自分もやってみよう!」「自分もできそう!」につながっていきません。
「分かっているけどできないんだよね~」と思った瞬間、受講者の気持ちは離れていきます。受講者のことを理解し、寄り添う気持ちが、良い研修を生むためには不可欠です。

寄り添うと同時に、客観的に眺め、「新たな発見」につなげる

とはいえ、受講者に寄り添い、「大変ですよね、分かります」というだけでは、受講者にとって新たな発見につながりません。受講者に寄り添い、彼らの「主観」を理解すると同時に、どこが足りていないのか、どうすればより良くなるのかを、客観的な視点で眺め、冷静に判断する必要があります。そのために今度は、受講者にとっての「お客さま」や「上司」の気持ちを想像します。受講者が「どうあってくれれば、周りがもっと喜ぶのか?」を考えます。

研修企画者は編集者

これに尽きます。研修を企画する人間は、万能である必要はありませんし、「受講者より上」である必要もありません。研修企画者は、編集者です。
受講者について想像し、必要な情報を収集し、編集する力さえあればいいのです。業務のことは受講者に聞くのが一番です。受講者が解決できない悩みは、それを解決できる人の力を借ります。そういう意味で、研修を企画する人には、知識や能力、人間としての立派さよりも、人脈や、人にうまく助けを求めて巻き込んでいく力が求められているのです。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報