講師・インストラクター養成研修

講師・インストラクター養成研修

研修の目的・特徴

「業務のプロ」が「講師のプロ」とは限らない

業務に直結した内容の研修やパート・アルバイト向けの講習などは、内部で講師を立てて実施することも少なくないでしょう。その分野に長けた人が講師役を務めるわけですから、教える内容については誰よりも分かっていると思われます。しかし、研修の進め方については必ずしも特別な訓練を受けたわけではなく、場合によっては「もったいない研修」になってしまっている可能性もあります。

講師に必要な3つのスキル

講師には、「研修企画スキル」「インストラクションスキル」「コミュニケーションスキル」の3つが必要であると考えます。この3つのスキルをバランスよく身につけることによって、効果的に受講者をゴールに導くことができるようになります。また、こうしたスキルを身につけた内部講師を養成しておくことで、これまで外部に委託していた研修を内製化することも可能になってきます。

受講者をゴールまで導くための設計力 ~研修企画スキル

まず、研修を通して受講者にどうなってもらいたいのかを明確にすることが大切です。そのゴールに到達するために必要な要素を洗い出し、それを研修プログラムとして編集する、それが「研修企画」です。受講者の理解度を高めるために、話す順番を変えたり、敢えて答えを伏せて自分で考えさせるワークを入れたりするのは、その場のアドリブだけではなかなかできるものではありません。効果の高い研修にするためには、意図的に設計して、事前に準備することが重要です。

相手が受け入れられるように導く力 ~インストラクションスキル

ただ一方的に伝えたいことを語るだけであれば、それは研修ではなく講演です。聞き手の状況に配慮し、興味をかきたて、相手が「知りたい」と思う状態になったところで効果的に伝える、こうしたインストラクションスキルが講師には求められます。 個人ワークとグループワークの効果的な使い分け、ロールプレイングやケーススタディの活用など、伝えたい内容を踏まえて的確な手段を選択する力が求められます。

「この人の話を聞きたい」と思わせる力 ~コミュニケーションスキル

受講者が主体的に研修に参加できるように、講師には双方向的な「コミュニケーションスキル」も求められます。受講者の発言に真摯に耳を傾けたり、自身の失敗談なども織り交ぜて話すなど、「この人の話なら聞きたいな」と相手が思えるような姿勢が望まれます。

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

最前線でスキルを活用してきた講師

業種業界、階層を超えて多くの受講者さまに高い評価をいただいている講師が担当します。
「先生」ではなく「ファシリテーター」として、受講者に気づきを得ていただくためのコツやノウハウを惜しげもなくお伝えします。講義内容だけではなく、講師の一挙手一投足がすべてお手本となります。

研修ラインナップ

インソースの講師・インストラクター養成研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

お客さまのご要望により、力を入れる点を変更しながら研修を組立てて、実施することができます。
「講師としてのインストラクションが心配」「カリキュラム作成や事前準備も知りたい」など、研修実施に関するあらゆる疑問にお応えすることが可能です。実際には、各組織様ごとのカリキュラムが存在していると言っても過言ではありません。

【eラーニング】

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1.研修のプロがそのスキルを伝授
弊社は研修を年間14,000回以上(※)実施しています。「研修講師養成研修」には、その中でもトップクラスの実績と実力を兼ね備えた講師が登壇するため、まさにプロのお手本を見て学ぶことができます。
※2015年10月~2016年9月実績

2.実践してスキルを体得するロールプレイング
研修の中では、実際に講師役として受講者の前で講義を行うロールプレイングがあります。受講者や講師からのフィードバックが刺激になり、さらなるスキルアップを目指す意欲をかきたてます。

3.力を入れたい部分に合わせてカスタマイズ
お客さまのご要望に応じて力を入れるポイントをカスタマイズして研修を組立てることができます。例えば「研修プログラムの組み立て方」に時間をかけたり、「講師のインストラクションスキルの強化」に注力するなど、ご要望に合わせてメリハリのある研修にいたします。

1年間の総受講者数
903

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

99.4%

講師:大変良かった・良かった

99.4%

※2017年4月~2018年3月

受講者の声

    • 受講しただけで満足せず、日々の業務そしてリーダーとして「伝える」部分を意識していきます。「個性を活かす!」とても大切な言葉をいただき、ありがとうございました。(2015年9月/運輸・倉庫)
    • 人とのコミュニケーションをとったり、文書、資料の作成のポイントなど業務全般にも通じる充実した研修で非常に参考になりました。ありがとうございました。(2015年2月/自治体)
    • 大変勉強になりました。基本を大切にして研修に取り組んでいきたいと思います。また、環境作りをして、良い研修、現場に活きる研修を出来るようにしたいと思います。(2015年1月/製造業)
    • 講師研修の講師というだけあって最初のつかみから途中の引き締め等全て参考になりました。聞き手を飽きさせない為に隠しネタが重要だと感じました。休憩時間中にも受講者に声がけする心遣い、重要ですね。(2014年10月/製造業)
    • 自分の考えを整理し、他の人の意見を聞き、講師の説明の流れの中で、スキルアップの具体的な方法が見えてきたと思います。すぐに全てを実施できるとは思いませんが、前向きに一つ一つ取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。(2014年9月/官公庁関連団体・組織)
    • 講習前は突発的な質問に対し、真意をくみ的確に返答する事に不安を持っておりましたが、講習を受け、事前準備、組立てなどを十分考慮することで不安に思う事なく講習を行う事ができそうです。次回、講習を行う事があれば自信をもって講習します。ありがとうございました。(2014年9月/建設・プラント)
    • 研修受講前よりも実際にリハーサル等を実施してみて、講師をやるという実感が湧いてきた。研修を受講していなかったらと考えると身震いがするくらい、色々なテクニック等を学ぶことができたので、この研修で学んだ事を本番に活かしていく。(2014年9月/情報通信・ITサービス)

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!