人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

OJT研修 ~指導の仕方編(1日間)

2166OJT研修 ~指導の仕方編(1日間)

16/02/02 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

OJT担当者の役割と、OJTの意義を理解したうえで、効果的な指導の仕方を身につける研修です。

本研修では、ティーチングとコーチングの使い方を、「部下の褒めるところを探す」や「聴く練習と訊く練習をする」といったワークを通じて、実践的に身につけていきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.OJT担当者の役割を多面的に考える
    (1)育成したい部下像を考える
    【ワーク】部下をどのような人に育てたいと考えているか
    (2)立場を変えてOJT担当者の役割を考える
    【ワーク】あなたが部下だとしたら、OJT担当者に何を期待するか
    【ワーク】あなたが上司だとしたら、OJT担当者に何を期待するか
講義
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    (1)OJTとは=On the Job Training
    (2)OJTの本質とは、「考え方の軸」を認識させること
    (3)OJTは「準備」、「継続」、「計算」
    (4)現代は計算されたOJTが求められる
講義
  • 3.OJT担当者に求められるもの
    (1)組織理念・仕事の本質の理解
    (2)自信に裏打ちされた強力なリーダーシップ
    (3)覚悟と責任感
    (4)自己の再確認
    【ワーク】「自分振り返りシート」を使って、自分の現状を把握する
講義
ワーク
  • 4.ティーチングによるOJTの進め方
    (1)的確に仕事を伝える
    【ワーク】部下にさせる仕事を「仕事の意味を教えるシート」に記入する
    (2)関与する・関心を示す
    (3)的確なフィードバック
    【ワーク】部下の誉めるところを探す(「視覚的要素」と「行動的要素」)
    【ワーク】今までに自分が言われて「上手だな」と思った叱り方は?
講義
ワーク
  • 5.コーチングスキルの活用
    (1)コーチングの基本的な考え方
    (2)コーチングの前提
    (3)コーチングの効果
    (4)「ティーチング」と「コーチング」の違い
    (5)コーチングスキル① ~「傾聴のスキル」
    (6)コーチングスキル② ~「質問のスキル」
    ①拡大質問と特定質問
    ②未来質問と過去質問
    ③肯定質問と否定質問
    【ワーク】「聴く練習」と「訊く練習」をする
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 1月     34名
業種
裁判所・検察庁・国税局
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
97.1%
参加者の声
  • 部下に対する育成で、しっかり傾聴し、相手の長所を認めて、そこを伸ばすような働きかけを行っていきたい。
  • グループ討議形式を取り入れることで他の参加者の考えや感想を多く聞くことができた。また、特定の者に負担を強いることなく全員参加型の研修形式で非常に良かった。
  • コーチングにあたって「本人の主体性」をより重視できるように意識していきたいと思います。コーチングを体系的に学んだことがなかったので非常に勉強になりました。

実施、実施対象
2015年 12月     17名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 様々なお話の中に色々なヒントがあるのだなと気づかされた研修でした。自分の視野を広げて深く世の中を見る事が大切なんだなと思いました。とても有意義な研修でした。
  • 講師の話がとても分かりやすく資料も使いながら話しているように説明してくれて内容が濃かったです。雰囲気を楽しませていただける講師で良かったです。
  • 出来ている様で出来ていないことに気づけたので、明日から意識して自分のステップアップにつなげられそうだと思いました。

実施、実施対象
2015年 9月     23名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
78.3%
講師:大変良かった・良かった
87.0%
参加者の声
  • 質問のスキルを利用して後輩の意見を聞きながら、より仕事への理解をお互い深めていきたい。
  • 講師が言っておられた「仕事を任せても必ず途中報告、進捗確認を行うこと」を実践したいと思います。

実施、実施対象
2015年 8月     17名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 一度、今ある常識をリセットして事業所にかえり改善できるものをみつけ、今後のOJT環境に適した事業所を作りたい。
  • OJT担当者としての役割を自覚し本日の講習を生かし、後輩を指導していけたらと思います。
  • コミュニケーションのとり方の難しさと重要性を再確認できた。OJTを通して自分も成長していかなくてはいけないと感じた。

実施、実施対象
2014年 7月     34名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今まで使ったことのないノウハウも学べたし、同じ立場の職員が集まっているので情報交換や意識共有ができたことが良かった。会場に一体感があり、講師の方はマイクを使わなかったので、身近に感じられた。(声は良く聞こえました。)
  • 改めて自分の役割を確認することができ、大変有意義な研修になりました。研修を活かし今後の業務にあたっていきたい。
  • 観察することの重要性や人へのアプローチ方法等、数多くの実践的なアドバイスを頂きました。息子の将来や父親としてどうあるべきかについても考えるきっかけを頂きました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 17,581
  • 内容をよく理解・理解
    • 97.1
  • 講師がとても良い・良い
    • 96.7

※2015年10月~2016年9月


関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
部下指導研修 コミュニケーションの課題を解決する編(1日間)
指導者のための人材育成概論
OJT研修プログラム 人材育成に本気で取り組む風土を醸成する編(全4回)

関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。