「モチベーションアップの方法」~マネジメント・経営のコツ

著者:インソースマネジメント研究チーム

記事紹介文

「仕事が楽しみなら、人生は極楽だ!仕事が義務なら、人生は地獄だ!」これはゴーリキイの『どん底』 (中村白葉訳 岩波文庫 1936年)でのサーチンの台詞です。モチベーションに影響を与える要因は様々ありますが、そのうちの一つに「仕事の捉え方」があります。サーチンの言葉を借りると、仕事を楽しみと捉えるか、あるいは義務と捉えるかでモチベーションには「天国と地獄」ほどの差があります。

本文をダウンロード
研究員中島がまとめた記事要約
■「仕事の捉え方」でモチベーションは変わる
仕事を楽しみとして捉えるには以下の3つの考え方が有効です。
①仕事の作業内容そのものではなく、仕事の目的から考えてみる。
②仕事の目的は、仕事の先にある他の人々や社会との関わりから捉えてみる。
③仕事の目的と自分の価値観が一致していれば仕事を楽しめる。
社会との関わりから仕事の目的を捉え、それが自分にとって価値あるものだった時、仕事は楽しみになるといえます。
■部下のモチベーション向上におけるリーダーの役割
さて、それでは皆さんの部下がモチベーションが上がらず悩んでいるときに、皆さんはどう対処しますか?部下の価値観を介して、部下の仕事と社会とのつながりを見つける手助けをする。これが部下のモチベーション向上におけるリーダーの役割です。そのためには、部下と深いレベルでコミュニケーションをとることが必要です。深いレベルでのコミュニケーションには面と向かった話し合いが有効です。部下とじっくりとコミュニケーションを図る機会を是非持っていただきたいと思います。
■部下の価値観を少しずつ理解していくことが重要
とはいうものの、部下の価値観にいきなり立ち入ることが難しい場合は、これまでに仕事で夢中になったことはあるか、それはどんな時であったか? なぜ夢中になれたのか? という話から始めるのがいいでしょう。まずは場面を特定し、次になぜそのような気持ちになったかを考えさせるのです。このような会話を進めることで、部下はどのような価値観を持っているかが少しずつわかってくるものです。


バーチャルマネジメント研究所一覧TOP
全記事一覧
テーマ一覧
人的資源管理
リーダーシップ
ビジネススキル
営業
マネジメント
リスクマネジメント
シリーズ一覧
人事マネジメントシリーズ
日本的人事システムの先進性シリーズ
日本におけるMBA教育シリーズ
ロジカルシンキングの極意シリーズ
女性管理職育成シリーズ
プレゼンテーションシリーズ
テイラーシリーズ
経営資源考シリーズ
ビジネスに活かすリーダーシップシリーズ
内部マネジメントの3パターンシリーズ
モチベーションのマネジメントシリーズ
役に立つ逆転の発想シリーズ
経営理念の重要性シリーズ
「できる人」の見分け方・育て方シリーズ
人的資材管理の源流シリーズ
「見える化」で見えなくなるものシリーズ
成功する人材育成へ向けてシリーズ
ビジネスに活かせるプレゼンのコツシリーズ
経営学は実践にどのように役立つか
その他

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

新作研修

業界随一の研修開発力を誇る
インソースの最新プログラム

    コア・ソリューションプラン
    の新作情報

    250種類以上のコンサル事例!
    組織の「したい!」に全力で応える

      おすすめリンク

      オンライン研修ラインナップ

      コア・ソリューションプラン

      全力ケーススタディ

      LMS・研修管理

      動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

      冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

      オンラインセミナー一覧

      インソース 時代に挑む

      全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

      コンサルティング事例集

      人材アセスメント

      新作研修

      公開講座コースマップ

      人財育成スマートパック

      人材育成の7つのポイント

      全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

      モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

      インソース採用情報

      営業・エンジニア・コンテンツクリーエーター中途採用中

      オンライン研修ZOOMオペレーター募集中

      直近の公開講座開催研修