「高速PDCAサイクルのすすめ」~マネジメント・経営のコツ

著者:インソースマネジメント研究チーム

記事紹介文

PDCAサイクルは、会社が事業を運営していくなかで必須のツールです。しかし、このPDCAサイクルを導入したはいいものの、社内になかなか定着しないとお悩みの経営者の方も多いようです。

今回は、PDCAサイクルを継続して回し、定着させていくためのコツをインソース研究チームの研究成果としてお伝えします。

本文をダウンロード
研究員中島がまとめた記事要約
■PDCAサイクルの定着には「成果をあげること」が必要
事業運営に必須のツールであるPDCAサイクルが、なかなか社内に定着しないという声がしばしば聞かれます。PDCAサイクル定着のポイントは成果をあげることです。 成果がでて初めてPDCAサイクルの有効性を人々が信じるようになり、定着も進むのです。
■成果をあげるための鍵は高速PDCA
それでは、PDCAサイクルで成果を出すためには何が必要でしょうか?その答えは、PDCAサイクル を速く回すことです。回転数を上げるほど、課題が見つかり、改善を行う機会が増えるので、成果がでやす くなります。ただし、回転数を上げるといっても大きな車輪を高速回転させるのではなく、小さな車輪を無理なく継続的に高速回転させて目的地に到達することが重要です。
■高速PDCAの運用ポイントは細かい目標の設定と確認
「大きな車輪を小さな車輪にする」とは、最終目標を複数のサブテーマに分解することです。高速PDCAでは、そのサブテーマごとに、さらに最終目標値と、チェックポイントごとの目標値を設定します。そして、サブテーマごとの達成状況を細かく確認していくのです。
■試行錯誤の奨励が高速PDCAを成功させる
高速PDCAサイクルで成果をだすためには、試行錯誤を奨励し、失敗から学ぶことができる環境を構築することも重要です。仮説を構築、実行し、 結果を検証していくなかで、仮説通りにならなければ、その理由を考え、仮説を修正し、再度実行してみるのです。
■実行と分析のバランスも重要
仮説の精度を上げるには結果の分析が必要ですが、分析にばかり時間をかけても仮説の精度は上がりません。実行のたびに、結果を分析し、少しずつ仮説の修正を行いながら精度を上げていきます。当然、実行しないと分析もできないので、PDCAの各サイクルに費やしている工数(人数×時間の積値)を調べ、PやCに工数をとられすぎているようであれば、バランスを見直していきます。


バーチャルマネジメント研究所一覧TOP
全記事一覧
テーマ一覧
人的資源管理
リーダーシップ
ビジネススキル
営業
マネジメント
リスクマネジメント
シリーズ一覧
人事マネジメントシリーズ
日本的人事システムの先進性シリーズ
日本におけるMBA教育シリーズ
ロジカルシンキングの極意シリーズ
女性管理職育成シリーズ
プレゼンテーションシリーズ
テイラーシリーズ
経営資源考シリーズ
ビジネスに活かすリーダーシップシリーズ
内部マネジメントの3パターンシリーズ
モチベーションのマネジメントシリーズ
役に立つ逆転の発想シリーズ
経営理念の重要性シリーズ
「できる人」の見分け方・育て方シリーズ
人的資材管理の源流シリーズ
「見える化」で見えなくなるものシリーズ
成功する人材育成へ向けてシリーズ
ビジネスに活かせるプレゼンのコツシリーズ
経営学は実践にどのように役立つか
その他

インソースの階層別研修
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修


公開講座の管理職研修
関連研修テーマ
OJT研修
評価者・考課者研修
メンタルヘルス研修
ハラスメント防止研修
財務研修
マーケティング研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修