01

3日で立てる研修計画

人事担当者30のお悩み

悩み
来期の研修計画を短期間で立てるためにはどうすれば良いか。
回答
  • 1.「人事評価制度」を見返し、階層ごとの役割と求められる能力・スキルを洗い出す
  • 2.研修回数・研修実施時期を考える
  • 3.「背景」「目的」「ゴール」を明確にする

研修計画の大前提 ~「人事評価制度」を見返し、階層ごとの役割と求められる能力・スキルを洗い出す

「来期の研修計画をどうしようか?」と迷いながらも、期限までに時間がない場合には、研修体系構築の原点(そもそも論)に立ち返って、階層ごとの役割と求められる能力・スキルを洗い出すことから始めます。

この役割と能力・スキルは、人事評価制度で定義されているはずですから、研修担当者も人事評価制度を見返す必要があります。人事評価の最大の目的は人材育成です。人材育成と人事評価を分けて考えるのは誤りです。人事評価
シートのコンピテンシー評価項目は、評価のための項目ではなく、強化すべき項目・習得すべき項目と理解しましょう。

研修の選択にあたっては、前期に研修を実施したならば、それに被らないように別の研修を選択したり、新任管理職研修のように、今期の受講者が前期と被らない場合は、前期と同じ研修を実施したりするなどの工夫が必要です。さらに、階層ごとの特徴(強み・弱み)を把握できていれば、弱みを克服するための研修を選択することで、より有意義な研修を組むことも可能になります。

研修計画を立てるコツ ~上期の前半までに実施回数・実施時期を確定する

次に、必要な研修を選択した後は、「実施回数」「実施時期」を決めます。上期の前半(10月が期初の場合は12月末)までに研修を実施するならば、期初に実施日程を確定させたほうが良いです。それ以降の予定であれば、期初に実施月までを決めて、詳細は後日改めて決めても間に合います。

計画を立てる場合の注意点 ~「背景」「目的」「ゴール」を理解

最後に研修計画を立てるときには、行き当たりばったりの計画にならないように気をつけます。担当部署だけで、「今年はこれがいいんじゃないか」という程度の検討で研修計画を組んでも、受講者の満足や研修効果が十分上がらないことがあります。 「背景」「目的」「ゴール」を理解したうえで、研修を実施することで、人材育成に直結する「投資対効果」の高い研修の実現が可能になります。

以上のように、急いで研修計画を立てるにあたっても、相応の「軸」に基づいて立案することで、実のあるものとなります。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修