ENERGY online

ENERGY vol.05(2021年春号)掲載

PICKUP

感覚的な部分をいかに言語化し、 数字で具体性を出せるか。そこが腕の見せ所。

研修テキストを「わかりやすく」するためにコンテンツ作成者が特に気をつけていることは、「具体的に示すこと」です。そのために重要となるのが、「数字」です。例えば、「簡潔に示す」ではなく「200字以内で書く」、「短く話す」ではなく「1分で話す」など、数字で示すことを常に意識しています。「簡潔に」が「200字」となることで、誰もが共通の認識を持つことができるからです。

さらに、日々たくさんのコンテンツをつくる現場では、品質を保つことも重要です。そこでも数字が役に立ちます。研修時間に対する適切なページ数や演習の数、1ページあたりの文字量など、コンテンツ作成者のノウハウをいかに感覚に頼らず数値化していくかということです。数字で示すことで共通の判断基準ができ、多くのメンバーが関わる案件でも一定の品質を保てます。

研修テキストをわかりやすくするために、また、品質を保つために、感覚的な部分をいかに言語化し、数字で具体性を出せるか。そこがコンテンツ作成者の腕の見せ所です。

コロナ禍によりテレワークを導入した組織では、業務指示などのコミュニケーションが課題というお悩みも多く聞きます。皆さまの業務においても、「数字で具体性を出す」ことが、わかりやすい指示やマニュアルづくりのヒントになるかもしれません。

文/矢野 由香里

株式会社インソース コンテンツ開発部 次長。九州大学文学部卒。情報誌の編集職や市場調査会社の企画職等を経験。2015年インソース入社。コンテンツ開発職としてこれまでに1000件以上の研修テキスト作成に携わる。また、マネージャーとしても約30名のメンバーを束ね、品質を保ちながら安定的なサービス提供ができる仕組みづくりを行っている。2019年4月から現職。

関連サービスのご紹介

本コラム掲載号の記事一覧

2021 SPRING

Vol.05 数字は組織の共通言語

Vol.5は、組織の共通言語としての「数字」がテーマです。厳しい環境においても組織が利益を生み出すためには、論理的な意識決定と数字に基づいた業績改善活動が重要です。本誌では、当社取引先さまが実施した経営人財向けの業績管理研修事例や、数字に基づく具体的な業績向上施策についてお伝えしております。

Index

ENERGY最新号はこちら

2022 SUMMER

Vol.08 壁を乗り越える

Vol.8は、職場で抱える様々な問題に対する「壁の乗り越え方」がテーマです。各年代ごとに抱えるキャリアや仕事への悩み、組織活性化への課題など、職場には立ちはだかる「壁」が数多くあります。そこで本誌では、「壁」の原因が何であるかを捉えて、解決方法についてご紹介しております。

Index

  • PICKUP

    壁を乗り越える ~年齢ごとの「壁」と向き合うには

  • 冊子限定

    コア・ソリューションプラン 「壁」を乗り越える

  • 冊子限定

    パーパス経営の勧め ~活力が欲しい組織の処方箋

  • 冊子限定

    ミドル・シニアのIT人材化がDX推進のカギを握る

  • 冊子限定

    ハイブリッドワークにおけるマネジメントの秘訣 ~成功のヒントは小学校教育

  • 冊子限定

    ins-bunkai 【第六回】アフターコロナを見据えたソリューション営業とは

ENERGY.online
コンテンツ一覧に戻る

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修