loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

ロジカルシンキング研修(実践編)~論理的思考による問題解決

ロジカルシンキング研修(実践編)~論理的思考による問題解決

目の前に立ち現れる問題を合理的・円滑に解決していく、ロジカルシンキングの実践方法を学ぶ

研修No.2200001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層

身につけた論理思考力を使いこなせるようになりたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • ロジカルシンキングの基本は理解できたが、どのように活用すればよいかわからない
  • 合理的な問題解決の手法を考えるのが苦手
  • 考えた解決策をまわりの人に納得してもらえない

研修内容・特徴outline・feature

目の前に立ち現れる問題に対して、合理性の高い解決策を導き出し、それをまわりの人に納得してもらった上で進めていくためには、「論理的思考力」が欠かせません。

本研修では、業務改善や問題解決の場面でロジカルシンキングのフレームワークを使いこなせるようになるために、職場でよくあるトラブル事例を用いて、ロジカルシンキングの活用方法を実践していきます。

演習を通して何度も繰り返し訓練していただきますので、ロジカルシンキングの実践的な使い方を体得することができます。

到達目標goal

  • ①様々な情報を収集・整理し、問題を正しく捉えることができるようになる
  • ②問題を引き起こしている原因を筋道立てて追及できるようになる
  • ③合理性の高い解決策を導き出せるようになる
  • ④解決策を導入するために、多くの人の賛同や協力を得る、納得性の高い説明ができるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.なぜ論理的思考力が求められるのか
    (1)仕事とは問題解決の連続である
    (2)問題解決における論理的思考の重要性
    (3)論理的であることの定義
    (4)論理的であるための3要素
    (5)求められる「全体像」と「筋道」
講義
  • 2.問題解決のプロセスと論理的思考
講義
  • 3.問題を発見する
    (1)問題の整理はモレなくダブりなく
    【ワーク】問題をMECEを意識してグループ分けをする
    (2)問題の全体像をつかむ ~ツリー構造Ⅰ
    【ワーク】ツリー構造で表現する
講義
ワーク
  • 4.原因を追究する
    (1)原因を徹底的に考える
    (2)原因を系統別に追究する ~特性要因図
    【ワーク】原因の追究を、特性要因図を使って行う
講義
ワーク
  • 5.解決策を選定する
    (1)納得感のある解決策へのつなぎ方 ~帰納法と演繹法
    【参考】コンビニでプレミアムデザートを販売するまでの例
    【ワーク】帰納法や演繹法を応用して、有効な解決策を導く
    (2)判断を助ける知恵 ~フレームワーク
    【ワーク】マトリクスを使って、解決策に優先順位をつける
講義
ワーク
  • 6.関係者を説得する
    (1)焦点を見定めて伝え方を変える ~So what?/Why so?
    【ワーク】相手に納得・同意してもらえるよう「結論」を伝える
    (2)全体観を崩さずに時間を整理する ~ツリー構造Ⅱ
講義
ワーク
  • 7.まとめ
    【ワーク】自身の職場でどのようなことを進めていくか
ワーク

企画者コメントcomment

「ロジカル(論理的)である」ということは、筋道が通っていて、矛盾がないことを指します。模擬トレーニングを行いながら、思考力やコミュニケーション法を鍛えていきますので、合理的な方策を導き出し、周囲を納得させ協力を得て活動を推進していけるようになります。

本研修では、6割の時間をワークにあてていますので、無理なく確実にスキルアップしていただけます。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.2%

講師:大変良かった・良かった

94.7%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 分かりやすく説明をすることができるように、問題がなんなのか原因はどこにあるのか、解決策はどうするのかを意識していこうと思います。
  • 日々の話し合いにおいても論理的思考による問題解決が必要と考える。少しずつでも意識していきたい。
  • 説明を行ったり資料をまとめる間に、本日研修で学んだ手法を用いて論理構想が成り立っているか見直すようにしたい。
  • 資料の明示化と対象を絞り作成すること、例えや展望や期日などを端的に盛り込むなど参考にしたいと思いました。

実施、実施対象
2020年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 原因と対策のみを伝えて話を終えてしまうことが多いので、その根拠までを含めて話が出来るようにしていきたい。
  • 話の内容に筋身を立てて、相手に納得してもらえるような報告の仕方をしようと思った。
  • お客様に納得して頂けるような説得力のある説明をするために、So what?やWhy so?を意識する。
  • 何か問題が起こって報告をする際に、今回の研修で学んだことを活かして筋道を立て、分かりやすく伝えていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 思考をアウトプットすることで、考え方の整理がつけられるということを学んだので、活用したいです。
  • ロジカルに考え、それをどうアウトプットし、説明・説得できるようになるかを考え続けていきたいです。
  • 上司への質問・相談、また共同作業者への説得に活用していきたいと思います。逆に、相手の考えを理解するにも活用したいです。
  • 知識としてこのようなフレームワークがあることを知らなかったため、今後社内の説明資料や顧客課題の整理に活用したいと思います。
  • 意見の多様性を実感しました。「相手に伝える」とはどういうことなのか、体験して大変よかったです。

実施、実施対象
2020年1月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務でのトラブル対応での原因を考えてみようと思うようになりました。ヒヤリハットをそのまま個人で、気を付けようとしていたが、大きなトラブルになる前に何かしら対策を考えてみようと思わされました。
  • 論理的に考え、まとめることで他者の時間を無駄にしないこと、自身の業務の効率化を図りたいと思います。
  • 現在の業務環境改善に今回学んだ知識を活かしたいと思います。相手を納得させ共感してもらえるような話の組み立てができるように努めます。
  • お客さま相手の接客業は、どうしても問題発見から対策になってしまいますが、今回のロジカルシンキングを学び、常に原因分析を行い真の原因を突き止め解決策が導ける思考をしたいです。
  • どう考えていけばよいかが分かったので、解析業務のお客さまへの報告や改善提案などに活かしたいと思います。

実施、実施対象
2019年10月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 問題を図式化(フレーム化)して整理し、解決に導いていきたいと思います。他部署の人や上司に説明等する機会が多いので、論理的に説明できるよう、本日習ったことを活かしていきたいと思います。
  • 問題を解決まで導く方法や相手に納得してもらえる伝え方など、業務以外でも活用できることが学べました。
  • PREP法を常に頭の中において、物事を考えていきたいと思いました。また、説得をさせるためには問題発見から様々準備が大切だと思いました。

実施、実施対象
2019年9月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 喋り方で話が飛ぶことがあるので、説明時は前もって3つほど論拠を準備して臨むようにしたい。
  • ロジックを意識して説明ができるようにしていきたい。目的と結論(Action)を常に意識して、論点を見失わないようにしていきたい。
  • 人によってどの階層までを理解しているか違うため、若手/新人に対する説明においては、階層/要因をわかりやすく図や表で表現することを心掛ける。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.2
講師がとても良い・良い
94.7

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修