loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

ロジカルシンキング研修(実践編)~論理的思考による問題解決

ロジカルシンキング研修(実践編)~論理的思考による問題解決

目の前に立ち現れる問題を合理的・円滑に解決していく、ロジカルシンキングの実践方法を学ぶ

研修No.2200001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層

・身につけた論理思考力を使いこなせるようになりたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • ロジカルシンキングの基本は理解できたが、どのように活用すればよいかわからない
  • 合理的な問題解決の手法を考えるのが苦手
  • 考えた解決策をまわりの人に納得してもらえない

研修内容・特徴outline・feature

目の前に立ち現れる問題に対して、合理性の高い解決策を導き出し、それをまわりの人に納得してもらった上で進めていくためには、「論理的思考力」が欠かせません。

本研修では、業務改善や問題解決の場面でロジカルシンキングのフレームワークを使いこなせるようになるために、職場でよくあるトラブル事例を用いて、ロジカルシンキングの活用方法を実践していきます。

演習を通して何度も繰り返し訓練していただきますので、ロジカルシンキングの実践的な使い方を体得することができます。

到達目標goal

  • ①様々な情報を収集・整理し、問題を正しく捉えることができるようになる
  • ②問題を引き起こしている原因を筋道立てて追及できるようになる
  • ③合理性の高い解決策を導き出せるようになる
  • ④解決策を導入するために、多くの人の賛同や協力を得る、納得性の高い説明ができるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.なぜ論理的思考力が求められるのか
    (1)仕事とは問題解決の連続である
    (2)問題解決における論理的思考の重要性
    (3)論理的であることの定義
    (4)論理的であるための3要素
    (5)求められる「全体像」と「筋道」
講義
  • 2.問題解決のプロセスと論理的思考
講義
  • 3.問題を発見する
    (1)問題の整理はモレなくダブりなく
    【ワーク】問題をMECEを意識してグループ分けをする
    (2)問題の全体像をつかむ ~ツリー構造Ⅰ
    【ワーク】ツリー構造で表現する
講義
ワーク
  • 4.原因を追究する
    (1)原因を徹底的に考える
    (2)原因を系統別に追究する ~特性要因図
    【ワーク】原因の追究を、特性要因図を使って行う
講義
ワーク
  • 5.解決策を選定する
    (1)納得感のある解決策へのつなぎ方 ~帰納法と演繹法
    【参考】コンビニでプレミアムデザートを販売するまでの例
    【ワーク】帰納法や演繹法を応用して、有効な解決策を導く
    (2)判断を助ける知恵 ~フレームワーク
    【ワーク】マトリクスを使って、解決策に優先順位をつける
講義
ワーク
  • 6.関係者を説得する
    (1)焦点を見定めて伝え方を変える ~So what?/Why so?
    【ワーク】相手に納得・同意してもらえるよう「結論」を伝える
    (2)全体観を崩さずに時間を整理する ~ツリー構造Ⅱ
講義
ワーク
  • 7.まとめ
    【ワーク】自身の職場でどのようなことを進めていくか
ワーク

企画者コメントcomment

「ロジカル(論理的)である」ということは、筋道が通っていて、矛盾がないことを指します。模擬トレーニングを行いながら、思考力やコミュニケーション法を鍛えていきますので、合理的な方策を導き出し、周囲を納得させ協力を得て活動を推進していけるようになります。
本研修では、6割の時間をワークにあてていますので、無理なく確実にスキルアップしていただけます。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.1%

講師:大変良かった・良かった

95.2%

実施、実施対象
2021年2月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • プレゼン発表時間に応じて、説明するロジックツリー構造の階層を変えるなど、臨機応変に対応することは今後忘れずに実践していきたいと思いました。
  • 問題に直面した際や、仕事上で説明するときに、しっかり話を整理するためにロジックツリーを活用していきたいと思いました。
  • 原因の追究や、解決策の選定、関係者の説得など、すべてにおいてロジカルシンキングが重要であると気づくことができました。日頃からテキストを見直しながら実践を重ね、このスキルを磨いていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年12月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手に物事を伝えるとき、分かりやすいようにPREP法を使い業務に活かすようにします。
  • 基礎知識編で学んだことを実際のワークで体験することができ、復習もかねて勉強になりました。
  • 報連相や指示をする際、相手の立場に立ち簡潔に分かりやすい説明をすることで業務効率を向上させていくように意識します。
  • 現場での様々な問題点や改善点を今回研修で学んだ事を活かしていきたい。様々な事で実施できればと思っています。

実施、実施対象
2020年10月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 主張の考え方として、思い付きではなく根拠を示すことを心掛けたいと思う。今後、業務改善や上司、お客様への提案等に活かしていきたい。
  • ワークが多かったので実際に問題を考えて実践していくことができる内容であり、論理的に説明するには知識や発想も必要になっていくと感じた。問題が起こった際には、各部に説明することがあるので、その際は分かりやすくコンパクトに説明できるよう、今回の研修を活かしていきたい。
  • 原因を深堀りすることや漏れ、被りのないよう考えることを意識し、正しい問題解決が出来るようにしたい。全体を通し、大変有意義な1日だった。
  • 一つひとつのワークに想定解があるのが良かった。どのように考えればよいか、解と照らし合わせて確認できたので分かりやすかった。これまで、目に見えているデータだけで物事を考えてしまっていたので、他にも関連していることがないか、考えるべきことがないかといことを漏れなく考えられるようにしたい。
  • 頭で理解したつもりでも、業務の中で実際に活用するとなると難しかった。少しずつ出来る範囲で実践していきたいと思います。

実施、実施対象
2020年9月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 上司への報告や質問を行う際に、本日学んだことを活かして、分かりやすく簡潔に伝えることができるようにする。また、業務のスケジュールに遅延が出た際に、本日学んだ問題の解決法を活かす。
  • 集まったお客様の声を整理することを通じて、散在した課題の整理や、潜在的な問題の発見に繋げられるようにします。ビジネスパーソンとしての心構えに繋がる内容で大変有益でした。
  • 自分は営業企画職なので販売促進案を考えることが多いのですが、「モレなくダブリなく」や「ツリー構造」は販売促進が本当に有益かどうかを考える際の参考にさせていただきます。
  • 問題などが起きた際にはどんどん深掘りしていき、最善な解決策を出していく。また、様々な意見を聞いて、一つのことに捉われずに解決策を出したいと感じた。
  • 実際の業務の中で、問題となっていることを洗い出し、自ら課題・マトリクスを作成して取り組むという研修が社内で行われており、現在、原因を洗い出していく段階ですので、「モレなくだぶりなく」ということを意識し、原因・問題のグループ化で活かしていきます。また、その後の対策を考える際にも活かしていきます。

実施、実施対象
2020年8月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 問題はもれなく、だぶりなく全体像をつかみ、合理的な解決策をツリー等で導き出していきたい。
  • 対社内では、「論点、主張、根拠」の3点を強く意識し、説得力のある「報連相」を上席に行う。対社外では、顧客の意向、ニーズをヒアリングし、押し売りではなく、「なせ、その商品が必要なのか?」ということを根拠を持って伝えてゆく。
  • 相手に説明や話をする時に、ロジックツリーによって内容をまとめて話をしたいと思います。
  • 相手にとって分かりやすい、納得してもらえる伝え方ができるよう、今回学んだフレームワークを使って、考えや情報を整理する。
  • MECE感が、相手、関係者に伝わるように、今日理解した考え方やツールを利用して、抜け・もれ・だぶりの無い問題発見に努めたいと思います。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.1
講師がとても良い・良い
95.2

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修