loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

相手を動かすビジネスライティング研修 ~「立ち位置」「論理」「要約」「熱意」の4つのステップで学ぶ

相手を動かすビジネスライティング研修 ~「立ち位置」「論理」「要約」「熱意」の4つのステップで学ぶ

一発でOKがもらえる!ビジネスですぐに使える実用的な文章力を身につける

研修No.1000001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • 管理職層

・メールや報告書、企画書、稟議書など「文書」を作成する機会が多い方
・自身の文書力をさらに高めたい、磨きたいと考えている方

※ビジネス文書の基本を学びたい方は「ビジネス文書研修」もあわせてご検討ください

よくあるお悩み・ニーズ

  • ビジネスシーンで使える「実践的な文書」を書けるようになりたい方
  • 自身の文書力に課題をお持ちの方
  • 一発OKがもらえる文書を作成できるようになりたい方

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、ビジネスシーンで「デキる文書」を書くための、4つのステップを学んでいただきます。「文面」だけで表現するビジネス文書では、通常のコミュニケーション以上に、読み手に伝わるための工夫・配慮が求められます。文書を書くための事前準備である「立ち位置」、筋道立った整合性のある文書を書くための「論理」、読み手に伝わる簡潔な文書を書くための「要約」、読み手を動かす「熱意」の4ステップで整理し、実践の場で活用できるようになっていただきます。

到達目標goal

  • ①ビジネスシーンですぐに使える「実践的な文書」を書けるようになる
  • ②演習問題で自身の課題を明確にし、現場ですぐに使えるスキルを身につける

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】報告書を読み、「残念なところ」を指摘する
    ■ビジネスで求められる文書とは
講義
ワーク
  • 2.ステップ0:「立ち位置」 ~文書を書く前の事前準備
    【ワーク】3つのメールの書き出し文を読み、どのメールを最初に読もうと思うかを考える
    (1)「誰が」「誰に」「何を」「どうしたいのか」を明確にする
    (2)一貫性を保って書く
    (3)目的によって文書の形は変わる
講義
ワーク
  • 3.ステップ1:「論理」 ~筋道立った整合性のある文書を書く
    【ワーク】事故報告書を読み、問題点を考える
    (1)なぜビジネス文書に論理性が求められるのか
    (2)構造化されていること ~図解にしても違和感がない
    (3)目的に沿った情報をヌケモレなくそろえる
    (4)論理的な文章の書き方
     ①最新の正しい情報を用いる  ②正しい意味で言葉を使う
     ③事実と考えは分ける  ④安易に言葉を言い換えない
     ⑤読み手に伝わる表現を使う  ⑥数値・目標は明確にする
    【ワーク】(論理性に欠ける)文書を読んで、不適切な部分を指摘する
講義
ワーク
  • 4.ステップ2:「要約」 ~「読みたい」と思わせる簡潔な文書を書く
    【ワーク】2つの文書を読み、どちらが分かりやすいか、またなぜそう思うのか理由を考える
    (1)タイトルが勝負 ~文書は上から下に書かない
    (2)レイアウトが美しい
    (3)文章の要約のポイント
     ①一文が40~50字程度か  ②不要な助詞・助動詞・接続詞を削る
     ③同じ文章(言葉)を繰り返さない
講義
ワーク
  • 5.ステップ3:「熱意」 ~読み手が動く文書を書く
    【ワーク】直筆のお礼状を読み、なぜいまだに「手書き文書」が使われているのか考える
    (1)強烈な熱意が読み手の心を動かす~論理ではこじ開けられない"思い"のパワー
    (2)書き手の情熱、熱意を込める
     ①思うままに筆を進めてみる ~ラブレターを書く意気込みで
     ②自分の言葉で書く
     ③情熱・熱意が伝わる表現
    (3)相手を配慮した表現を入れる
    (4)行動経済学の活用 ~「人は感情で動く」ことに着目し、少しの工夫で相手の行動を促す
    【ワーク】企画書を読み、本章で学んだことを活用して書き換える
講義
ワーク
  • 6.総合演習
    【ワーク】新サービス発売のプレスリリースをステップ0~3に基づいて作成する
ワーク

企画者コメントcomment

近年、さまざまな組織でテレワークの導入が進み、「対面」以外でのコミュニケーションの機会が増え、ますます「文書力」は求められています。ビジネスシーンで使える実践的な文書を書くために、基本的な国語力以外にも工夫・配慮するポイントを学べるよう、本研修を企画いたしました。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
開催地で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修