loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う

クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う

現状を「疑う」力で物事の本質を捉え、日常に潜む問題を発見する力を身につける

研修No.2200002

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・表面的でなく、深く考える力を向上させたい方
  • ・物事を考える力を鍛えたい方
  • ・企画職や業務改善ご担当の方
  • ・素早い判断が日常的に求められる方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自分の仕事の仕方に自信がない、上手くいっていないと感じる
  • 業務改善が抜本的な内容でなく、いつもうまくかない
  • 前例から抜け出せず、新しい企画を生み出すことが苦手
  • 部下・後輩からのホウ・レン・ソウに不備があり、聞いた内容に基づいて判断をするのが不安

研修内容・特徴outline・feature

対人コミュニケーション、課題解決、リーダーシップ、 文書作成、タイムマネジメント・・・ビジネスパーソンに様々なスキルが求められる中、昨今この「クリティカルシンキング」が大きく注目されています。クリティカルシンキングを身につけることで、物事を鵜呑みにしない視点や、情報を正しく取捨選択する分析力など、ビジネスパーソン必須スキルのレベルアップにつながります。

本研修では、クリティカルシンキングの基本的な考え方と手順を学び、物事をありのまま受け入れるのではなく、現状を「疑う」思考方法を、演習を通じて実践していきます。

演習やワークをふんだんに取り入れていますので、誰でも予習なしで受講することができ、現場で活用できる具体的なノウハウを学ぶことができます。

到達目標goal

  • ①クリティカルシンキングの基本的な考え方を理解する
  • ②物事をありのまま受け入れるのではなく、「本当にそうなのか」「これでいいのか」と考えることができるようになる
  • ③多面的に物事を見て、日常に潜む様々な「ムダ」を発見できるようになる
  • ④前例や固定観念に縛られることなく、新しい仕事の仕方や考え方を生み出すことができるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.クリティカルシンキングとは
    【ワーク】ケーススタディを読んで、疑問に感じることを自由に挙げてみる
    (1)クリティカルシンキングの考え方
    (2)ビジネスにおけるクリティカルシンキングの重要性
    (3)クリティカルシンキングによって身につくスキル
    【ワーク】自身の業務において、「本当にこれでいいのかな」と不安を持つことがあるか考えてみる
講義
ワーク
  • 2.クリティカルシンキングの要素~3つのポイント
    (1)論理性が大前提~ロジカルシンキングとクリティカルシンキング
    【ワーク】ロジカルシンキングの練習をする
    (2)中立を保つ姿勢
    (3)前提や思い込みを把握する
    【ワーク】最初のケーススタディをもとに、疑問点に対する解決案と理由を考えてみる
講義
ワーク
  • 3.クリティカルシンキングの手順~3つのステップ
    (1)疑問~疑ってみる
    【ワーク】ケーススタディをもとに、「疑う」訓練をする
    (2)分析~視点を変えて物事を捉えてみる
    【ワーク】先のワークで洗い出した解決案を整理し、一番優先順位の高い解決案を再検討する
    (3)再構築~新しい主張・見解を出してみる
    【ワーク】優先すべき解決案を1つ選び、理由(根拠)を挙げて見解を出す
講義
ワーク
  • 4.クリティカルシンキングの注意点~配慮すべきこと
    (1)論理性 vs 感情
    (2)クリティカルシンキングの推進において
講義
  • 5.まとめ
    【ワーク】明日からクリティカルシンキングをどの場面で使っていけるか、具体的に考えてみる
ワーク

企画者コメントcomment

クリティカルシンキングとは、子どものように「なぜ?」「どうして?」「本当に?」 という物事の本質を問う視点を持つことです。「疑う」視点を身につけることで、効果の高いアプローチで、効率的に、最適な結論にたどり着くことができるようになります。本研修では、身近なビジネスシーンをテーマにした演習を行いながら思考力を鍛えていきますので、誰でも無理なく「疑う」力を鍛えることができます。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.1%

講師:大変良かった・良かった

94.0%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年5月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日々体験する事象の判断に活かします。日々の生活の中で「つっこみ」を入れることが業務、プライベートを問わず、実はクリティカルシンキングなのだと感じました。
  • 何事に対しても常に疑問を持ち、図解を用いて相手に説明・説得できるまでに意見を整理します。何事も疑い、本当にこれでいいのかと自問自答しようと思いました。
  • 会議の中での発言に、クリティカルシンキングを取り入れます。疑う思考、客観的な視点を用いて営業活動に活用し、顧客ニーズの分析を行いたいです。
  • 業務に必要な作業マニュアルを作成する際に活かします。物事の本質を見抜く力を身につけ、迅速な意思決定につなげていきたいです。
  • 物流現場の改善に際し、本質的な課題を発見するのに活かします。疑問を持って仕事をしていないことがあると気づきました。

実施、実施対象
2022年4月     15名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
86.7%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 部下の教育シーンで、自身の思考方法にバイアスがかかっていることを理解し、論理攻めしないようにする。考え方が固定化されないよう、日常業務にも疑いの目を向けていきたい。
  • 普段、無意識にやっていた「物事を立ち返って考える、客観視する」ということを、クリティカルシンキングとして意識的にやっていきたいと思いました。今回の研修で学んだ「クリティカルシンキングを意識して抽象化したうえで考え、その結果をお客様に伝える」というやり方を業務に取り入れて、お客様に満足していただける提案を目指します。
  • 自分自身が無意識に持っているバイアスを把握し、できるだけバイアスにとらわれない考え方を心掛けたいと思いました。まずは自分はどんなことに対してバイアスを持っているのかを把握します。
  • 今回の研修で物事を考える際に業務進捗だけを意識していたことが分かったので、今後は考える内容を考えることを実践する。現状のチームの課題を発見し、その本質を見抜きたい。
  • クリティカルシンキングを業務に活かします。考える前に何を考えるか考える、常識を疑う、バイアスをかけない等、活かせそうなたくさんの言葉や知見を得られました。

実施、実施対象
2022年3月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • プライベートでは自分の興味あることだけは調べたり情報収集をしますが、こういったことも偏りの一つなんだと実感しました。視野を広くするために様々なことに興味を持ち、何故と考える癖付けをしたいと思います。
  • 「クリティカルは批判的ではない」ということを念頭に置きつつ、習慣化できるように今後取り組んでいきます。課題に直面したときにクリティカルシンキングを活用することで、より効果的な解決に導くことができるように努めます。
  • クライアント、上長の言われたことに対して疑問を持つということはなかったが、様々な視点から分析し両者にメリット・デメリットをしっかり伝えるために、クリティカルシンキングで切り込んでいきます。
  • 客先からの要望を理解し分析する時、または業務フローの見直し時に活かします。自分の疑問に思うことをしっかりと追究し、業務改善に取り組みます。
  • 日々の業務一つひとつに改善の余地や、取捨選択の目線を持つ。新しく何かに取り組む際にも、固定概念やバイアスがかかった見方をしていないか常に意識する。

実施、実施対象
2022年2月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 感情や思い込みで、解決策が見つけようと深く考えないまま、中々現状から抜け出せずにいる事が多いため、まず「疑問」をもち「分析」を行い「結論」を導き出すことを実践します。人にまかせきりでなく、自ら進んで考え抜き実践することで、回りの人も触発されより良い環境に変わっていくと感じます。
  • 業務において、目的・本質を考えてから行動します。自分の意見を説明する際、マジックナンバー3をぜひ活用していきたいです。
  • 業務をするうえで、疑問に思うことは解決に向けて考えるようにします。考えること、疑うことを大切にして、分析業務に活かしていきたいです。
  • 経理・総務・事務等、幅広く業務ををしているため、常日頃からの疑問が多々あります。その中で簡略化できるものがないか、なぜこの業務はこのようなプロセスを踏んでいるのかなど深く考え、今後の業務がスムーズになるよう活かします。
  • 先ずは、「なんでだろう」「本当に」から実践していき、物事の本質を捉えられるようにします。また、中立を保つ姿勢を、社員研修の講師時にも活かします。

実施、実施対象
2022年1月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 現状把握するときに、「本当にそうなのか」と疑問に持つことを心掛けます。「立ち止まって問い直す」というシンプルな方法がわかったので実践したいと思いました。
  • 役員・上層部へのプレゼンテーションのスキルを磨いていきます。So What・Why soの方法を習得して深みのあるものにしていきたいと思いました。
  • 日々の業務において、ミスなく事務をこなすだけでなく、「疑う」という姿勢を持ちたいと思います。より効率化できる部分はないか、チームのためによりよくできることはないかという視点を持って業務に取り組みます。
  • 結論を出す前に、一度立ち止まって考えることを習慣づけたいと思います。客先のニーズの把握、業務の問題点に対する効率的な対策の考案に役立てます。
  • 当たり前のように取り組んでいる業務に対して、今一度課題や問題点を見つめ直します。自動化や省力化することで、業務効率化に活かしていきたいです。

{{ttl}}関連の研修course map

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.1
講師がとても良い・良い
94.0

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修