loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

会社の数字の見方研修

会社の数字の見方研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

会社の数字を見る感覚を身につける

インソースの会社の数字の見方研修は、財務諸表や経理の細かい知識を学ぶのではなく、売上・利益・費用(コスト)の構造や原理を理解したうえで、会社の数字を見る感覚を身につけることを目的としています。

主に次の5つの要素をプログラム内に組み入れることで、自分の営業活動や経費の使い方が適切かどうか、といった社会人であれば役職を問わず、誰でもおさえておくべき意識を醸成することができます。
①企業経営の根源となる「利益」を理解する
②「売上」・「費用(コスト)」・「利益」の構造を知る
③数字を見るポイントを理解する
④目に見えないコストを知る
⑤企業の「資金繰り」を理解する


会社の数字の見方研修のポイント

会計の概要を捉え、仕分や財務三表との関係を理解する

漢字だらけの難しい用語も、その意味や関係性が理解できればぐっとハードルが下がります。
講師の講義を受け身的に聞くのではなく、仕分のミニワークや損益精算書の空欄を埋めるワークなどを通して、受講者自らが手を動かすことで少しずつ慣れていただける研修構成にしています。

自分たちの日々の行動に落とし込む

「整理整頓ができていないために、いつも探し物をしていて、仕事がはかどらない」「お客さまからの値引き要望にすぐに応えてしまう」いずれもコスト意識、売上を上げる意識が低いために起こりがちな例です。
組織が利益を上げることで自分たちの給与やボーナスが出て、企業は税金を納めて社会に貢献します。職種にかかわらず、従業員全員が会社の数字に明るくなることで、モチベーション高く業務に取り組めるように促します。
研修では、自分たちに支払われる給与を時給に分解するワークで、組織が求める期待に応えられているかを振り返っていただきます。

「会社の数字」知識習得への様々なアプローチ

インソースの会社の数字の見方研修は、多くのプランがあり、お客さまに最適なプログラムをお選びいただけます。
新人・若手に簿記の基礎知識を付与するスタンダードな内容のものを始め、限られた時間と資本金の中でできる限り利益を出すことを競うビジネスゲーム研修や、Excelを用いた財務分析研修などもございます。


会社の数字の見方研修ご検討のお客様からのご質問 ~内容・実施方法など

当社の現状にマッチするよう、カリキュラム内容は変更可能ですか?

A.可能です。何なりとお申し付けください。受講者にテーマに沿った事前課題をとることで、受講者が現場で実際に抱える悩みにあわせたプログラムを組むこともできます。

自社の状況を踏まえたワークや内容は作れますか?

A.可能でございます。受講者が頭を悩ませがちなシーンやご担当者様が想定されている課題を事前にご教示いただくことで、貴社オリジナルのケーススタディを作成いたします。現場の実態に即したケースで演習を行うことで、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で意見を交換し、そのまま現場での実践につなげられるため、高い研修効果が得られます。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

会社の数字の見方研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!