タイムマネジメント研修 要素・配分・優先順位を考える編(半日間)

タイムマネジメント研修 要素・配分・優先順位を考える編(半日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B TMG180-0000-3646

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 全階層

・自身の業務を効率よく進められるようになりたい方

研修内容・特徴outline・feature

明日からすぐ使える時間管理・仕事の管理の方法を習得します。具体的には、仕事が構成されている「要素」と「配分」を知ることによって、自身の業務が効率よく進められるようになることを、演習を通じて実践的に学んでいただきます。

また、仕事のゴール(QCDR)を明確にしたうえで、優先順位を意識しながら仕事を進めていけるよう、自身の業務を整理していただきます。

<本研修のポイント>
①日常の時間の使い方の再認識・改善
②優先順位のつけ方
③仕事の段どり

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.タイムマネジメントの原則
    (1)原則1:「時間」そのものは、現実には管理できない
    (2)原則2:管理できるのは、仕事や行動
    (3)原則3:時間を管理するとは、考え方や行動を変えること
    (4)原則4:PDCAサイクルで仕事を進める
講義
  • 2.自分のワークスタイルを知る
    (1)仕事の効率化のポイント ~「要素」と「配分」のバランス
     ①仕事は「要素」と「配分」のバランスで覚える
     ②はじめから正しいバランスは分からない
     【ワーク】自分の職場の業務を具体的かつ細かく洗い出す
    (2)仕事を知ることで、周辺配慮が可能になる
講義
ワーク
  • 3.明日から使える仕事の管理方法
    (1)仕事に欠かせない視点 ~仕事のゴール(QCDR)を明確にする
     ①仕事の質 ②所要時間 ③締切 ④リスク
    (2)優先順位をつけることが仕事の成果をあげる
    (3)優先順位のつけ方 ~比較による図解か
     【ワーク】業務を「緊急度」と「重要度」で整理する
    (4)優先順位を意識して仕事を進める
     ①まず第一領域の仕事を優先する
     ②第二領域か第三領域かを判断する
     ③第四領域も仕事であることに変わりはない
    (5)自分の仕事かどうかを考える
     【ワーク】他の人に任せられる仕事はないか、自分の仕事を再確認する
     【参考】突発的な仕事に対応する
講義
ワーク

1189202

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年2月     35名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.1%
講師:大変良かった・良かった
88.6%
参加者の声
  • 自分が正しいと思っていた優先順位が必ずしも正しい順位付けではないと分かった。時間配分について、やるべきことをリスト化して時間を逆算しながら業務を行えるよう、時間の効率化と有効化に努めたい。
  • 業務に対する姿勢を見直し「業務量」ではなく「時間」に軸を置いて、今後は取り組んでいきたい。
  • 目の前のことをただこなすのではなく、一日の始まりにタイムスケジュールを組むことや、見通しを持ち考えながら行動することが大切であることを知り、明日から活かしていきたい。

実施、実施対象
2019年11月     41名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.1%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • これまでは仕事の優先順位がわからず、どうすればいいかわからなかったが、今回の研修で多くを学べました。時間配分をしっかりして、効率良く仕事をやっていけるようになります。
  • 長時間労働の是正のために、自分の業務の見直し・振り返りに活かしていきます。組織全体での効率アップに、非常に参考になると感じました。
  • 優先順位づけを徹底して業務効率を上げていきたいと思います。研修で学んだことを情報展開して、より良い作業環境を作りたいと改めて思いました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

タイムマネジメント研修
年間総受講者数
13,475
内容をよく理解・理解
92.4
講師がとても良い・良い
89.6

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

誰でもできるRPA

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia タイムマネジメント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

働き方改革

仕事でExcelを使いこなす100の極意マスター講座

デジタル人材の育成

業務改善研修

作り込み型研修

コンプライアンス研修

リスクマネジメント研修

タイムマネジメント研修

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!