(2時間研修)デザイン思考研修 ~イノベーション実現のプロセスを学ぶ

(2時間研修)デザイン思考研修 ~イノベーション実現のプロセスを学ぶ

研修No.4300900

  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者対象者

企画や新規事業関連の業務にこれから携わる方
新しい手法や考え方に興味がある方 など

※年齢や役職は問わない研修です

研修内容研修内容

デザイン思考は、デザイナーが実践してきた手法を基に考え出されたイノベーション実現のプロセスのことです。
多様な顧客ニーズに応える新しい商品・サービスを生み出したり、不連続な成長に資するアイデアを出すための思想、プロセスとして注目されています。
そのデザイン思考について概要と5つのプロセス(共感・定義・発想・試作・試行)をコンパクトに学んでいただける研修です。
デザイン思考のプロセスを実際に自分自身の業務に即してどのように取り入れていくかなど、非常に実践的でわかりやすい内容となっています。

研修プログラム研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.デザイン思考とは
    【事例研究】iPod の開発からデザイン思考による開発の利点、特徴を知る
    (1)デザイン思考とは
    ~ユーザーを徹底的に観察し、そのニーズにマッチする試作品としてのプロトタイプを作り、実際にユーザーにテストすることを短期間で繰り返すプロセス
講義
ワーク
  • 2.デザイン思考のプロセス
    (1)共感:現場でじっくりとユーザーを観察
    【事例研究】コンビニバンキング開発での「駅前で12時間の定点観測」
    【ワーク】あなたが関わっている商品・サービスで、どのようなものに対し、どのようなことで観察をしたいと思いますか
    ※観察のプロセスは、予測していた結果を確認することが重要ではなく、予期していなかったことにより多く気づくことが大切

    (2)定義:集めた情報を基にイノベーションを起こせるテーマを定義
    ・観察のプロセスで集めた情報に意味付けする
    ・様々な事柄を、強引に単純化せず、様々な可能性を考え、問題定義を行う
    ・具体的な行動につながる問題定義を行う
    ・観察時に特に面白いと感じたこと、興味があると感じたことを取り上げる
    ・定義のプロセスをしっかりと行えば、次の「創造」のプロセスでスムーズにアイデアが出る

    (3)発想(概念化、Ideate):設定したテーマを具体化するアイデアを検討
    ■幅を広げて発想するポイント
    ・誰かがもうすでにやっているかも/スケールが壮大すぎるからといって思いついたアイデアを捨てない
    ・ちょっとした違いを大切にする
    ・数にこだわることも大事
    ■発想の仕方
    ・ブレインストーミング<Brain storming>
    ・オズボーンのチェックリスト
    ・アナロジー発想法など
    ■発想で生み出したアイデアの優先順位付け~セブンクロス法など

    (4)試作:アイデアを端的に伝えるプロトタイプを作成
    ■プロトタイプを作成するメリット
    ア.早い段階でうまくいかない方法を排除できる
    イ.より精度の高い要件を集められる
    ウ.意見の対立を解決しながら開発できる
    ■プロトタイプの具体例
    ・紙上プロトタイプ、デジタルプロトタイプ、ビデオプロトタイプ
    ・ストーリーボードプロトタイプなど

    (5)試行:レビューやユーザーからのフィードバックを受ける
    ・なるべく、顧客が実際に日常生活を送っている環境や状況の中で行う
    ・プロトタイプを作る際には、自分のアイデアは正しいと自信をもって取り組む
    ※試行の段階では、自分のアイデアが良くないと思ったら、「定義」の段階や場合によっては観察に戻る

    (6)共創
    共創とは、企業が、消費者、協力関係にある企業や社外人材と従業員ら会社関係者と「共」に新しい価値を持つ商品やサービスを「創」りあげていくこと
講義
ワーク
  • 3.まとめ
講義
ワーク

スケジュールスケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
55,948
開催数※1
7,238
講座数※2
2,292
WEBinsource
ご利用社数※2
8,564

※1 2017年10月~2018年9月

※2 2018年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
8,564社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2018年9月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

おすすめ研修・サービス

公開講座新作研修

2018年12月11日
はじめてのヘルプデスク研修
2018年12月 7日
(新入社員・新社会人向け)Microsoft Office研修~Word基礎編
2018年12月 4日
クロージング研修~成約率を上げるための引き出しを増やす
2018年11月30日
カスタマーバリュー向上研修~顧客視点からマーケティングを強化する
2018年11月20日
(新入社員・新社会人向け)シミュレーション研修(2日間) ~実践形式で行う新人研修総まとめ編