loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

デザイン思考研修~イノベーション実現のプロセスを学ぶ

デザイン思考研修~イノベーション実現のプロセスを学ぶ

顧客の声からコンセプトをまとめ、アイデアをプロトタイプにして幅広くレビューを受ける開発手法を習得する

研修No.4300901

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・企画や新規事業関連の業務に携わる方
・新しい手法や考え方に興味がある方

※研修時にスマートフォンをご持参ください

よくあるお悩み・ニーズ

  • 従来のビジネスモデルに行き詰まりを感じる
  • これまでの視点とは一線を画するような、新しい思考法を探したい
  • 多様化する顧客のニーズをつかみたい

研修内容・特徴outline・feature

デザイン思考は、デザイナーが実践してきた手法を基に考え出されたイノベーション実現のプロセスのことです。多様な顧客ニーズに応える新しい商品・サービスを生み出したり、不連続な成長に資するアイデアを出すための思想、プロセスとして注目されています。

本研修では、デザイン思考の概要と、その5つのプロセス(共感・定義・発想・試作・試行)について学びます。実際にグループでデザイン思考を使ってアイデアを考えていただくワークを実施し、職場での実践につなげていただきます。

※持ち物:スマートフォン

到達目標goal

  • ①デザイン思考の概要と5つのプロセス(共感、定義、発想、試作、試行)が理解できる
  • ②デザイン思考を実際に使い、ユーザーが求めていることを踏まえてプロトタイプを作ることができる
  • ③デザイン思考を使って作成したプロトタイプのフィードバックを受け、改良を考えることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.デザイン思考とは
    【事例研究】事例からデザイン思考による開発の利点、特徴を知る
    ■デザイン思考とは
    ~デザイン思考はイノベーションを起こす種としての「インサイト」をみつけること、プロトタイプでアイデアを具体化して試作段階でアイデアに対するフィードバックを受けることが肝となります
講義
ワーク
  • 2.デザイン思考のプロセス
    (1)共感:現場でじっくりとユーザーを観察
    【ワーク】あなたが関わっている商品・サービスで、どのようなものに対し、どのようなことで観察をしたいと思いますか
    (2)インサイトについて
    (3)定義:集めた情報を基にイノベーションを起こせるテーマを定義
    (4)発想(概念化、Ideate):設定したテーマを具体化するアイデアを検討
     ~ブレインストーミング、オズボーンのチェックリスト、アナロジー発想法など
    (5)試作:アイデアを端的に伝えるプロトタイプを作成
    (6)試行:レビューやユーザーからのフィードバックを受ける
    【参考】共創 ※デザイン思考とともに注目されるキーワード
講義
ワーク
  • 3.デザイン思考を試してみよう!
    これまでの講義を踏まえ、グループでデザイン思考のプロセスを実践
    ■STEP1 テーマ設定
    ※デザイン思考はカスタマ―の声を基に具体的な内容を決めていく所にあるので、この段階ではあまり細かく決めすぎないように注意
    ■STEP2 共感(カスタマーの声を集める)
    テーマに沿って、幅広く想定されるカスタマ―の声をスマートフォンなどを使って情報収集
    ■STEP3 定義(集めたカスタマーの声を基にコンセプトを決める)
    ■STEP4 発想(コンセプトを基にアイデアを具体化)
    ※コンセプトに基づいてアイデアを具体化してみましょう。あまり一つに決め切 らずに複数考えることと、いきなり全体ではなく部分から小さく考えはじめる方 が有効な場合も
    ■STEP5 試作(プロトタイプを作る。今回は絵や図などの形として表現)
    アイデア出しをして一番有望なもの、まずやってみたいものについて絵や図な ど形にして表現 ■STEP6「試行」(プレゼンをして意見をもらう) 
    グループで、他の受講者・講師にプレゼンをし、フィードバックを受ける
    そのフィードバックを基に、どのように改良するかを議論する(どの意見をどの ように取り入れるか、もう1度発想からやり直すorもう1度共感からやり直すな ど)
講義
ワーク

5750

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

90.2%

講師:大変良かった・良かった

87.8%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年12月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • アイディアを出す際には、観察や試行錯誤しながら実施していくことが大切だと学びました。新規のソリューション開発や、リブランドの業務に活かしたいです。
  • デザイン思考の実践ができてよかったです。メンバーと一緒に、デザイン思考で考えた企画をプロトタイプまで持っていけるように働きかけます。
  • サービス立ち上げ時に、目標が複数になってしまうことがあったので、一番興味を引く1つに絞ってサービスを検討する重要性を学びました。今後のサービスの検討時には、キーインサイトとバリュープロポジションを試してみたいです。
  • イノベーションを起こす際には観察や試行錯誤が必要だと思いますが、タスクが多いと、ただ業務をこなす状況に陥ることに気付きました。まずは自分のタスクを棚卸しして、絞り込むことから始めます。
  • 自分が規制の中でだけで考えるようになっていたことに気付けました。プラスアルファで自由に考え、ディスカッションをする楽しさを知ることができ、大変有益な時間でした。

実施、実施対象
2021年11月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • インサイトの部分は顧客対応に、デザイン思考はアイデア出しの際に実践します。
  • デザイン思考のコンセプトを理解できました。自組織で実施している、新規事業提案制度の運営に活用します。
  • デザイン思考の要素を取り入れ、自社の課題解決につなげます。デザイン思考のプロセスを繰り返し回し、より良いモノづくりに活かしていこうと思います。

実施、実施対象
2021年10月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 共感する事やキーインサイト、ユーザー目線が特に重要だと感じました。今後はインサイトを見つけるための観察に重点を置くよう心がけます。
  • 今、提供しているサービスが適切なのか、当事者だけでなく、広げて観察する必要性を感じた。また、プロトタイプを数多く作って評価し、フィードバックするというプロセスを、中小企業支援業務にも取り入れる。
  • 現在従事している中途採用業務において、応募がなかなか来ない部署の状況をもっと知る必要があると感じました。今までのやり方に先入観を持たずに情報を収集し、周りを巻き込んで考えていこうと思います。

実施、実施対象
2021年9月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 採用や将来的な人事制度など、昔からの慣習で成り立っているようなことを、より成果が出るような仕組みに変えていこうと思います。
  • ビジネスモデルチェンジ等に活用したいと思います。デザイン思考を活かし、インサイトに基づいた新しい商品やサービスを提供します。
  • 新規ビジネス創出のため、デザイン思考のプロセスやオズボーンのチェックリストを、現在持っている業務の成長に活用します。
  • ビジネスモデルを考える業務であるため、デザイン思考の考え方を意識して取り組んでいきます。色々な業界や見識を交えた研修だったので、大変参考になりました。

実施、実施対象
2021年8月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • インサイト発掘のための観察をする、どのような発想があり得るか考えるなど、営業統括業務で本日学んだことを活用します。インサイト発掘はそれ自体をビジネス化・DX化できそうだと感じました。
  • 視野を広げ、他業種の動向・情報にも目を向けます。固定概念にとらわれずユーザー目線でニーズを考えてサービス提供につなげます。また、デザイン思考には、インサイト発掘とオズボーンチェックリストのような画期的な発想が必要だと感じました。
  • 今後、新たなソリューションを検討する際に、逆転の発想や転用・応用の技法を試します。笑われそうだと思っても気にせず、積極的に意見を述べるよう努めます。

{{ttl}}関連の研修course map

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
90.2
講師がとても良い・良い
87.8

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修