loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

ラテラルシンキング研修~新たな発想を生み出す力を養う

ラテラルシンキング研修~新たな発想を生み出す力を養う

新しいアイデアを出すための5つの発想法とアイデアを実現するためのコンセンサスマネジメントを習得する

研修No.2200010

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・若手から中堅、管理職まで、柔軟な発想をしたい方
・企画、営業部門でアウトプットやソリューションの質を高めたい方

※アイデアの実現力を鍛えたい方には「構想力強化研修~アイデアを実現するまでのプロセスを学ぶ」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新しい企画を考えるために、発想力を鍛えたい
  • 新しいアイデアを出せと言われるが、なかなか思いつかない
  • 様々な視点から発想する方法を学びたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、ラテラルシンキングの考え方を学ぶとともに、実際にラテラルシンキングを用いて、新しい発想やアイディアを生み出すワーク・演習に取り組んでいただきます。ロジカルシンキングやクリティカルシンキングとは異なる、柔軟なものの考え方を鍛える研修です。ラテラルシンキングに関する方法論の講義を受けた後、実際にフレームワークを使いながら習得していきます。5つの発想法、オズボーンのチェックリスト、連想的な発想法など、さまざまな発想法を身につけます。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①ロジカルシンキングやクリティカルシンキングと区別をして、ラテラルシンキングを活用できるようになる
  • ②5つの発想法(「改善法」「翻訳法」「マトリックス法」「定点観測法」「合体法」)をワークや事例を通して習得する
  • ③アイデアを実現するための、関係者との合意形成の図り方(コンセンサスマネジメント)を身につける

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.ラテラルシンキングとは
    【ワーク】「発想力」がどのような場面で役に立つか、思いつく限り考える
    (1)ラテラルシンキングの考え方
    ①ラテラルシンキングとは
    ②ロジカルシンキングとラテラルシンキングの関係
    ③クリティカルシンキングがラテラルシンキングのスタート地点
    (2)ラテラルシンキングの重要性
    ①他者・他社と差別化を図ることができる
    ②多様な意見が出る
    【ワーク】自身の業務において既成概念や常識にしばられていると感じることを洗い出す。また、その解決策を自由な発想で考える
講義
ワーク
  • 2.ラテラルシンキングを鍛える ~方法論での発想
    (1)5つの方法から発想を出す
    (2)発想の具体的方法
    ①改善法
    【ワーク】既存のサービスに対する要望や不満から新しいアイデアを出す
    ②翻訳法
    【ワーク】同業他社・他業界での常識を、自分の組織や業界にあてはめて、企画を考える
    ③マトリックス法
    【ワーク】表を作成し、欠けている分野を特定して、企画を考える
    ④定点観測法
    ⑤合体法
    【ワーク】すでにある既存のサービスや商品を組み合わせて、新しいサービスや商品のアイデアを出す
講義
ワーク
  • 3.ラテラルシンキングを鍛える ~右脳を使った発想
    (1)左脳と右脳とは?
    (2)右脳的に考えるポイント
    (3)連想的に考える ~埋もれたアイデアの元を掘り当てる
    【ワーク】与えられたキーワードをもとに、企画アイデアを出してみる
    (4)オズボーンのチェックリストを活用する
    【ワーク】チェックリストを活用して、新しい取り組みやアイデアを考える
    【参考】複数人でアイデアを出し合う方法
講義
ワーク
  • 4.ラテラルシンキングによる発想を実現するために
    (1)アイデアを絞り込む時のポイント
    (2)アイデア実現のためのコンセンサスマネジメント
    (3)コンセンサスマネジメントの手順
    (4)コンセンサスマネジメントのポイント
    【ワーク】自分の業務やプロジェクトにおいて、想定される批判・反論、説得の仕方を洗い出す
講義
ワーク
  • 5.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

考える力を身につける研修として、当社の研修プログラムの中で最も人気のあるのは「ロジカルシンキング研修」です。また、最近では、ロジカルシンキングの応用版ともいえる「クリティカルシンキング研修」の受講者も増えてきており、ビジネスパーソンにとって、論理的思考力は欠かすことのできない、基礎的な能力であるということをあらためて実感していました。これらはいずれも、思考を"収束"させていく手法を身につけるものであり、説得や判断といった場面において役立ちます。一方、アイデアを出したり、創造的な活動をする時のアタマの使い方は、こうした論理展開の手法とはちょっと違う。思考を"収束"ではなく、"拡散"するスキルとして、何か新しい思考系研修が作れないかと考えていた時に、この「ラテラルシンキング」という考え方に出会いました。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.1%

講師:大変良かった・良かった

95.2%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • 発想力、提案力、説得力を業務で活かします。現在取り組んでいる社内の業務改善プロジェクトで、従来の手法を抜本的に見直して効率化を図るためにも、新しい発想をもって結果に繋げます。
  • より良い商品を作っていくため、コスト削減や提案等をラテラルシンキングの考え方で進めます。今後の業界を予想し、今まででは思いつかなかった事態を考えて、より効果的、効率的な事業運営に活かします。
  • 入社して十数年が経過し、頭や発想が固くなっていたり、出来ないと決めつけたりしていることも多く、反省し通しだった。今後は、既存のルールに囚われない発想や周りを巻き込む手法を活かす。
  • 発想方法の手段である合体法や連想は、これまでにない発想に繋げやすいと実感しました。その方法を活かして、製品の付加価値の考案や、新製品の開発に活かします。

実施、実施対象
2021年5月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 5つの発想法のうち、まずはマトリクス法を使用し、自分のものにしていきたい。小さな何気ないアイデアでも、否定せずに書き留めておくことで新たな発想へとつながると理解できた。アイデアをどんどん出せるように、知識を積みあげる。
  • 今後の問題解決にひとつの問題解決策ではなく、穴を埋められる水平思考で考えて最善の解決策を導き出したい。
  • 質より量、量から質が良いものが出てくるという講師の言葉が印象に残っています。これまでは、自分の中でアイデアが思い浮かんだとしても自分で少しでも違うと感じると却下してしまうことが多かったので、まずは何でもいいから量を出してみることを意識していきます。
  • 今まで発想は何もない状態からするものだと思っていました。これからは、発想方法を有効に利用してアイデアを生んでいきます。実現可能性という視点も忘れずにもち、提案の際にそこまで考えられたらと思いました。
  • 先入観や思い込みで思考がストップしてしまうことが時々発生していました。これからは研修で学んだ発想法をうまく使い分けて、停止している時間を1秒でも減らしていきます。

実施、実施対象
2020年11月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段、明らかに違和感を感じる意見を無意識的に否定していることに気が付きました。常にクリティカルシンキングを意識し、違和感を感じる意見が出てきても、他の意見と化学反応を起こすかもしれないので、まずはそれを書き留めるようにしようと思いました。
  • 業務プロセスの見直しや、新入社員育成カリキュラムの改訂など、今までのパラダイムから離れた発想を必要とするシーンで今回の学びを活かしていきたい。
  • 普段目にしない発想こそが業務に変化をもたらすのだと理解しました。既成概念にとらわれることなく、多様な発想を受け入れ、業務改善に取り組みや仕事の効率化に取り組んでいこうと思います。
  • 自分は研究職に従事しておりますが、研究でもSomething Newが求められるため、思考法としてぜひ活用していきたいと感じました。他業種などの、様々な立場の人々と意見交換ができたことも、とても有意義であったと感じます。

実施、実施対象
2020年10月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「改善法」「翻訳法」等の活用、「連想」「オズボーンのチェックリスト」による、右脳を最大限に使うアイディア出しの実施などで発想の範囲を工夫から広げるようにしたい。
  • 合体法を用いたアイデア出しの習慣付け、マトリクス法、オズボーン表などを用いて、アイデアが出やすい場を作ることを実践する。
  • 質より量のアイデア出しを今日から取り組んでいきたいと思います。ラテラルシンキングは誰でもできることですが「できない」と否定せずトレーニングし続けていきたいです。
  • 発想をするためのフレームワークをダイジェストで学びました。新しい施策を考える時にまずフレームワークに沿って考みてみようと思いました。
  • 不満、不安、不便に感じている事について、グループ内で洗い出し、問題解決に向けてアイデアを出していきたいと思います。同業他社の成功事例について意識して調べ、業務に取り入れたいです。

実施、実施対象
2020年9月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段意識して行っていなかった水平思考を明文化し、物事を抽象化とするということを改めて学ぶことができました。今後は自身の担当業務に活かすと共に、若手育成やアドバイスの際に役立てます。
  • アイデアを出す方法を学ぶことができたので、業務だけに限らず、プライベートでも使っていきます。
  • 業務検討を行う際に固定観念に捕らわれることなく、本日学ぶことができた発想方法を活かして斬新なアイデアだしを行っていきます。
  • 日頃の業務ではつい自分の考え方のクセや固定観念にとらわれてしまうことがあるので、発想をするための思考法やツールで、違った視点で考えることを習慣化していきます。
  • ものごとを抽象化して本質を見抜いてからアイデア出しをしていく。考える際のヒントとして、オズボーンのチェックリストを活用して、日々トレーニングを重ねていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.1
講師がとても良い・良い
95.2

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修