loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

創造力強化研修~クリエイティブシンキングのためのマインドとスキル

創造力強化研修~クリエイティブシンキングのためのマインドとスキル

創造力は鍛えられる。3つのマインドと2つのスキルを習得し、アイデアを生み出し、価値を創造する力を磨く

研修No.2200011

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・物事の本質を見極める力を向上させたい方
  • ・考えを深掘りする力を高めたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新しいアイデア、課題解決策を考えたいが、なかなか思いつかない
  • 様々な視点から発想する方法を学びたい
  • AI時代にも活躍できるよう、創造力を高めたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、新しいアイデアを生み出し、それを価値創造へとつなげるためのクリエイティビティ(創造力)を身につけていただきます。新商品開発や販売促進などの企画職に携わる方はもちろん、組織の課題解決が求められる管理職や現場リーダーの立場にある方にもおすすめです。

創造力を強化するうえで不可欠な要素として、3つのマインド「知的好奇心を持つ」「ゼロベースで考える」「顧客を意識する」と、2つのスキル「課題設定力」「発想力」があります。これらの要素を講義で学んだうえで、「地元商店街のCDショップの活性化策を考える」、「行列情報をシェアするスマホアプリのアイデアを事業化する」といった実践的なケーススタディを通じて、得られた知識を活用できるようになることを目指します。

到達目標goal

  • ①創造力を強化するために必要な物事の捉え方・考え方を理解する
  • ②「考え」を「具体的な価値」に変換するために必要なプロセスを、ケーススタディを通して学ぶ
  • ③自身の行動に落とし込んで、創造的な視点で物事を捉えるために必要な行動の変革を考えることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.創造力が求められる仕事とは
    【ワーク】自身が携わっている仕事の中で、クリエイティブな力が求められる場面とはどのような時か考える
    (1)クリエイティビティは特定の人だけのものではない
    (2)ナレッジワーカーとの違い
    (3)人がやる仕事はクリエイティブなことだけになる?
    (4)創造力を発揮するためのマインドとスキル
講義
ワーク
  • 2.求められるマインド①~知的好奇心を持つ
    (1)好奇心がクリエイティビティの原点
    (2)創造力が刺激する情報に触れる
講義
  • 3.求められるマインド②~ゼロベースで考える
    (1)既成の枠組みを取り払う
    【ワーク】とある街の商店街にあるCDショップの活性化策についてゼロベースで考えてみる
    (2)情報をクリティカルに捉える
    (3)自分の中のバイアスに気づく
    (4)即興の力を借りる
講義
ワーク
  • 4.求められるマインド③~顧客を意識する
    (1)「期待に応えたい」が創造力の源泉
    (2)あなたの「顧客視点」は本物か
    (3)「顧客視点」を得る方法
    (4)ビジネスとして成立させるために
    【ワーク】あるビジネスアイデアについて、3つのチェック項目で客観的に評価してみる
講義
ワーク
  • 5.求められるスキル① ~課題設定力
    (1)「創る」仕事には目的が大事
    (2)課題設定プロセスを端折らない
    (3)課題設定に不可欠な論理的思考
    (4)課題のレビューに有効な水平思考
    【ワーク】ケースにおける課題設定をし、課題抽出の過程においてロジカルシンキングやラテラルシンキングの手法を意識し、活用する
講義
ワーク
  • 6.求められるスキル② ~発想力
    (1)発想力はクリエイティビティの原点
    (2)発想の基本フレームワーク ~発散と収束
    (3)発散のためのツール
    (4)収束のためのツール
    【ワーク】発散と収束を通してグループ内でアイデアを発想しまとめる
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.9%

講師:大変良かった・良かった

93.7%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2020年12月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 年を重ねるとついつい経験が邪魔をしてしまいがちですが、ゼロベース思考を用いて、業務に活かしていきます。特にこれまで行ってきたことの棚卸をして時代に合った業務のスリム化をします。
  • 課題の設定を目確にし、プロセスを丁寧に行う。今までいきなりアクションプランに行ってしまい、共有や伝達がうまくいかないことがあった。今回学んだことを活かして、分かりやすく共有していく。
  • 6W3H法、特に「誰に対して」「いくらかかる」等は忘れがちなので、改めて理解することが出来た。発散と収束の演習は、自社に持ち帰って継続的にやってみたい。
  • 発散と収束のワークショップで、異業種の方とブレインストーミングを行い、自分の意見だけだと狭い視野だったものを、具現化することができた。違う立場の方の意見が重要だと改めて認識した。新規事業を検討するうえで今日の手法をチームに取り入れてみたい。
  • 日頃ただ慢然と業務をこなすだけになっており、アイデア出しにかける時間がとれない、またいざアイデアを出そうとしても急には考え方もわからないでいた。本日の研修は「アイデアを出す」という行為の良いアクセルになった。

実施、実施対象
2020年10月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 営業職のため、新しい企画提案をする際に擬り固まることなく、ゼロベースの視点、「理想と現実の差」を念頭に活かしていきます。
  • 提案をする時に、今回の研修で学んだ核となる所をしっかり押えることで、自分の論理や仮説により説得力がでて、良い提案につながると感じた。日常的に創造力を求められる場合は多くあるが、行き詰った時など本日の研修に立ち返ることで、別の切り口での発想ができるようにしていく。
  • 事業の成長戦略を描くうえで、課題の設定、ゼロベース思考を活用していきます。今までの固い考え方をなくし、もっと様々な観点をもって自分の業務に活かしていきます。
  • 本日学んだ手法を活用して、ユーザーへの提案作業に活かしていきます。本日の研修で、通常の業務では気づけなかったことを学ぶことができました。

実施、実施対象
2020年2月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 目的や課題解決に向けた執念をもつことが創造力の根源になることや、創造力を発揮するためのフレームワークを紹介いただきました。自分の担当業務におけるフローの改善や他部署・顧客への提案などを行ううえで参考にしたいです。
  • よくアイデアのカテゴリ化や意見のまとめを行っているが、複数の視点でやってみたいです。
  • 自分の中の狭い価値観だけで考えても、とても新しい発想は生まれないことが良く分かりました。様々な角度からの情報収集、逆説的発想、組織の中の議論などから幅広い発想を生み出していきたいです。
  • そもそも何のために対応しているかなどの本質を見極める力が求められる開発力作業にフィードバックしていきたいです。
  • 固定概念を持たないこと、発散フェーズを念頭に業務に活かしたいです。

実施、実施対象
2020年1月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • アナロジー発想法は、多彩な商材を扱っている自社で特に有効な考え方であると感じました。自分が開発した商材の新しい用途を打ち出していきたいと思います。
  • 結論ありきで考える傾向があると自覚できました。結論や結果・利益が出るのかどうかを考えすぎて思考が小さくなっているので、まずは質より量でアイデアを出していきたいと思います。
  • すぐ使えなくても、アイデアを残しておくようにする。健全な批判・世の中で当たり前だと思われていることに対して疑問を持つようにしたい。
  • バイアスチェックで自分の思考のクセが客観視でき、「クリティカルシンキング」ができていない事が多いと分かった。
  • GROWモデルをとおして、上司・部下との相互理解を深めて、仕事の効率化に努めたい。ツリー構造は業務で問題が生きた時に状況の整理や解決方法を考える時に活用したい。

実施、実施対象
2019年11月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 課題設定につながる知的好奇心や、ゼロベースでの考え方、顧客視点を意識して情報を幅広く取りたいと思いました。
  • さっそくオズボーンの手法を元にいいアイディアが浮かびました。明日から早速活用していきたいと思います。
  • 多くの意見を聞いて、肯定的に受け止めることで新しいアイディアにつながると感じました。コミュニケーションの幅を広げていきたいです。
  • 今までの業務を当たり前と考えずに、ゼロベースで考えることが必要だと感じました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.9
講師がとても良い・良い
93.7

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修