loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

説明責任能力養成研修(1日間)

説明責任能力養成研修(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B GOV870-1300-0744

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

説明責任(アカウンタビリティ)能力の向上を図る

地方分権の推進により、自治体に求められる説明責任(アカウンタビリティ)の重要度はますます高くなります。 行政のアカウンタビリティは、議会答弁や住民説明会等の場面のみならず、政策決定プロセスを住民に対し情報公開するなど、 多方面にわたり必要になるでしょう。

本研修では、「行政に求められる説明責任」を議論しながら理解を深め、論理的思考・論理的表現の両面からのアプローチにより、説明力のスキルを向上させます。
さらにはグループワークにより、説得力のある表現方法を習得していただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例(所要時間:1日間)
  内容 手法
 
  • 1.立場を変えて考える
    1. 議員の立場だったら行政の何を知りたいと思いますか
    2. 住民の立場だったら行政の何を知りたいと思いますか
ワーク
  • 2.説明責任(アカウンタビリティ)とは
    1. 説明責任とは
    2. 行政の説明責任とは
講義
  • 3.論理的思考からのアプローチ
    1. わかりやすく、論理的な説明とは
    2. 【ワーク】わかりやすさのポイントを洗い出そう
    3. 論理的思考のポイント
    4. 簡潔化のロジック~幹と枝葉の区別
    5. 比較のロジック~説得力を持たせる道具の1つ
講義
ワーク
  • 4.文章表現の仕方
    1. わかりやすい文章の条件
    2. 望ましい文書の構成
    3. 適切な分量
    4. 求められる文章の内容
    5. 【ワーク】文章要約 ~文章のポイントをつかむ
講義
ワーク
  • 5.分かり易い話しの組み立て方
    1. 自分の言いたいことを明確にする
    2. 相手を意識した言葉の組み立て~身近な事例を用いるなど
    3. 順を追って、論理的に話す~「起承転結」、「序論・本論・結論」
    4. 用語の共有化~「業界用語」は通じない!
    5. 話し方に抑揚をつける
    6. 「全体像」を示したうえで細部を説明 ・・・など
講義
  • 6.議会答弁書作成演習
    ~実際に想定される議会答弁書を作成する
ワーク
  • 7.実技指導
    ロールプレイング形式で先ほど作成した議会答弁を練習する
    ~各受講者の発表を講師が巡回しながらアドバイス
ワーク
  • 8.まとめ
 

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 1月     23名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 答弁書作成のコツやヒントを教えていただきました。議会答弁の場のみならず、市民からの要望に対する回答の際にも活かしていきたいです。
  • 話の展開の仕方、分かりやすい話の進め方の部分がとても参考になった。
  • 議会答弁だけでなく、普段の上司への報告の場面で「結論から先に」「間のとり方」などを意識して活用していきたいと思いました。

実施、実施対象
2017年 4月     6名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 議員や上司との対話においても活かしていきたいと思います。
  • ポイントが絞られていて理解しやすかった。答弁のテンポや伝え方を工夫して本番に臨みたい。
  • 答弁準備だけでなく、上司の説明にもいかせるようにしたい。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

官公庁・地方自治体職員(地方公務員)向け研修
年間総受講者数
326,811
内容をよく理解・理解
93.4
講師がとても良い・良い
91.9

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ストレスチェック

シティプロモーション

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!