ナレッジマネジメント研修 実践編(1日間)

ナレッジマネジメント研修 実践編(1日間)

研修No.B KNW104-0000-3856

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

対象者

・知識・技術の属人化、業務の標準化などに課題をお持ちの現場リーダー
・管理職層

本研修の「ねらい」

部署内の課題に合わせて、暗黙知の形式知化を、どのような目的で、どのような成果物を作成し、またそれをどのように活用・展開していくかといった、ナレッジマネジメントの職場での実践を具体的に考えていただく研修です。

【研修のポイント】
ナレッジの抽出⇒保存(マニュアル作成)⇒共有⇒伝達という実践プロセスとナレッジの更新によるクオリティーの維持について解説し、受講者が実際に現場でどのように行うかを研修の中ですべて具体化していただくことで、実践につなげることができます。


研修プログラム例

B KNW104-0000-3856

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ナレッジマネジメントを考える
    (1)ナレッジマネジメントへの関心が高まる背景
    (2)既存の「知」の伝承と、新たな「知」の創出
    (3)ナレッジマネジメントの意義、有効性を感じられる事例紹介
    (4)ナレッジマネジメントを進める手順
    (5)ナレッジマネジメントを進めるうえでの注意点
講義
  • 2.ナレッジの活用の目的を整理する
    (1)ナレッジに関する職場の課題
    (2)ナレッジの活用目的を整理する
    【ワーク】ナレッジの活用で解決したい職場の課題を共有する
講師
ワーク
  • 3.ナレッジの抽出
    (1)暗黙知と形式知(2)ナレッジ保有者を整理する
    【ワーク】自身が保有するナレッジや、職場で有用なナレッジを保有している方を整理する
    (3)ナレッジの抽出方法
     ナレッジ保有者にマニュアルを作成してもらうか、ヒアリングするか
    (4)ヒアリングの方法
講義
ワーク
  • 4.ナレッジの保存 ~ マニュアルを作る
    (1)マニュアルとは何か(2)マニュアル作成の手順
    (3)媒体の検討・決定(4)マニュアルの様式の検討・決定
講義
  • 5.内容によってマニュアルを選ぶ
    (1)チェックリスト型書式のポイント
    (2)業務仕様型書式(フロー型)のポイント
    (3)リファレンス(FAQ)型書式のポイント
    (4)どの形式のマニュアルを作成するか
    【ワーク】ナレッジを形式知化する上で最適なマニュアルを考える
講義
ワーク
  • 6.業務フロー図の作成について
    (1)業務の可視化によるメリット
    (2)フローチャートを構成する要素
    (3)記号とその意味
    (4)流れのパターン
    (5)作成上の約束
    (6)対象業務の業務フローのラフ案を作る
    (7)業務フロー検証の視点
    (8)リスクを見つける着眼点
講義
  • 7.実際にマニュアルを作成する
    【ワーク】自分の担当分のナレッジを保存するのに最適なマニュアルの内容を実際に作成する
ワーク
  • 8.ナレッジを共有する
    (1)最適な保管の形を考える~紙での保管、データとして保管
    (2)格納ルールの決定
    (3)データベースの作成
    (4)他部署のベストプラクティスを共有する
    【ワーク】他部署の取り組みで自部署で取り入れたいナレッジについて共有する
講義
ワーク
  • 9.ナレッジを伝える
    【ワーク】マニュアルのナレッジを理解、体得(身体化)するために必要な条件を考える
    【ワーク】伝達方法を具体化する
ワーク
  • 10.ナレッジを更新する
    (1)ナレッジは変化するもの
    (2)ナレッジのメンテナンス~マニュアルの改訂
    【ワーク】ライブラリアンを中心に誰がどのくらいの周期でマニュアルの内容を更新するか考える
講義
ワーク

5687


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

関連研修

テキスト作成者から

知識・技術の属人化、業務の標準化などに課題をお持ちの組織で、下記のような課題をよくお聞きします。
「時間をかけてマニュアルを作成したが、それで満足してしまい、現場で活用されていない」
マニュアルなど業務標準化ツールを作成することも自体も重要ですが、同じくらい(それ以上に)どのようにその内容を職場に浸透させるかということが重要です(非常に難しい!)。
ナレッジマネジメントの研修は理論的な内容のものが多く、学んで重要だと感じたが実践までいたらないという受講後の感想をよくお聞きしました。そのニーズに合わせて、今回、活用・実践に特化した研修を新規で開発しました。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



ナレッジマネジメント研修の評価
年間総受講者数
616
内容をよく理解・理解
93.8
講師がとても良い・良い
94.1

※2018年4月~2019年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■指導者向け
■監督者向け
■管理者向け
■業界別
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

階層別OJT構築コンサルティング

他社事例に学ぶ メンター制度を有効に機能させるためのポイント

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

三分間研修学

インソースフォーラム2019 全国7都市で開催決定!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!