研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

インクルーシブ・リーダーシップ

「インクルーシブ・リーダーシップ」とは、一人ひとりが持つリーダーとしての力を引き出しながら、組織全体の力を向上させるリーダーシップのことを言います。一人の実行型リーダーが"上意下達"で統率するのではなく、各々が自主性を発揮しながら持てる力を"横に"広げ、周囲を巻き込んで組織の成果を生み出すリーダーシップが、組織のダイバーシティ化やフラット化が進む現代において注目されています。

インクルーシブ(inclusive)とは、英語で「包括的な」という意味です。近年、障がい者やLGBTの方など、いわゆるマイノリティと呼ばれる人材を認め、受け入れるというダイバーシティ的な発想だけでなく、"企業の戦力として包括する"という「インクルージョン」の考え方が広まりつつあります。ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を謳う組織も増えており、個人・チーム・組織の可能性を最大化するインクルーシブ・リーダーシップは、人材育成に携わる方の関心を集めています。

インクルーシブ・リーダーシップと似た言葉に「サーバントリーダーシップ」があります。「奉仕型リーダーシップ」とも呼ばれ、部下の考え方に共感しながら、個々の力を最大にできるよう支援することで組織目標の達成に貢献するタイプのリーダーシップを言います。実行型リーダーシップは「リーダーの力」、奉仕型リーダーシップは「部下の力」を表に出して組織を動かすのに対し、インクルーシブ・リーダーシップは「みんなの力」を最大限に発揮することで全体的な組織力の向上につなげるのが特徴です。

働く人材の多様化が進む現代においては、旧来型の組織のように指示命令系統をつくらず、組織の目的の達成のために全メンバーが個別に意思決定を行う自律型組織である
「ティール組織」が注目されています。階層構造や管理マネジメントの仕組みがなくても、多様な個性を持つメンバーが一つにまとまり、大きな成果を導くインクルーシブ・リーダーシップは、ティール組織の運営に欠かせない力と言われています。

VUCAと呼ばれる先行き不透明な現代は、強いカリスマ性を持つ経営者一人の力で企業が成長を続けていくのは困難です。すべての人材がインクルーシブ・リーダーシップを発揮し、誰もが率先して動く組織を作ることで、複雑な現代社会の課題解決やイノベーションの創出につなげていきましょう。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧