研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

ウェブアクセシビリティ

現在、高齢者や障がい者まで、年齢的・身体的条件に関わらず、WEBが広く普及しています。ウェブアクセシビリティ(web accessibility)とは「WEBに接続することができる」という意味で、高齢者や障がいのある方でもWEBへ容易にアクセスでき、提供されている情報を利用できることを指します。

2021年6月、政府は「障害者差別解消法」(2016年4月完全施行)を改正し、従来民間では努力義務であった障がい者に対する「合理的配慮の不提供の禁止」(障がい者から何らかの配慮が求められた場合に、事業者側は過重な負担がない範囲で、社会的障壁を取り除く配慮をしなければならないこと)を義務化しました。

現在、多くの店舗では、お店の入口に段差があり、入店できない車いすユーザーに対して簡易スロープを用意したり、聴覚に障害がある方へコミュニケーションツールとして筆談を用意するなどバリアフリー化が進められていますが、これはリアル世界に限ったことではなく、WEB上でも同じく合理的配慮を行うことが求められます。

利便性によって広く普及しているWEBですが、WEBページには、高齢者や障がい者にとっては使いにくい、または使えない構成になっているバリアが山積しています。

高齢者や障がいの内容(全盲、弱視、色覚障がい、聴覚障がい、肢体不自由、知的障がい)によって、どのような困りごとがあるか把握し、対策が必要となります。

高齢化の進行、障がい者のバリアフリー化の流れに合わせて、今後もさらにウェブアクセシビリティの必要性は高まります。ウェブアクセシビリティが担保されたWEBページは、広く利用者の利便性が向上するため、義務への対応というよりは、優れたUX(ユーザーエクスペリエンス)を実現するための新たな切り口として、積極的な姿勢で、WEBページの改良を行うことが多くの事業者で求められます。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧