研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

時短切れ

企業・組織が規定する時短(時間短縮)勤務の対象となる期間が過ぎてしまい、その制度が利用できなくなる状態を「時短切れ」と言います。

組織によっては独自の施策として「小学生になるまで」など制度の適用条件を緩和しておりますが、基本的には改正育児・介護休業法<※>にもとづき、時短勤務ができるのは「3歳に満たない子を養育する労働者」とされています。 保育園の待機児童問題が大きく取り沙汰されている昨今ですが、その問題を潜り抜けても、「時短切れ」の訪れにより、満足に保育園を利用することが難しい状況に追い込まれてしまう、という事態が発生します。 ※参考:育児・介護休業法について~厚生労働省
(2019年6月28日最終アクセス)

また、俗に言う「小1の壁」の問題もあります。「小1の壁」とは、子どもが小学校に上がるタイミングで、仕事と子育ての両立がしづらくなることを言います。実際、小学生が放課後に通う「学童保育」は、保育園よりも運営時間が短く、夏休みには学校給食もお休みとなるため、お弁当を持たせなくてはなりません。朝から夜まで慣れた場所に預けることができた保育園時代に比べ、学校行事も増え、生活習慣や宿題などのフォローに悩むワーキングマザーも少なくありません。

この「時短切れ」や「小1の壁」のタイミングで転職や退職を考える女性が増えていることから、人材流出阻止に向け、残業の削減、育児休業など両立支援の枠組みを作る、といった取り組みが組織において重要になってきています。

そして労働者個人としては、短い勤務時間でも組織が求める成果をあげられるよう、生産性を向上させ、効率よく働くための工夫が求められています。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧