loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)イクボス研修~管理職として出産・育児支援を考える編

(半日研修)イクボス研修~管理職として出産・育児支援を考える編

育休取得者・短時間勤務の部下への対応や、働きやすい職場の環境づくりを学ぶ

研修No.3230102

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・育休・産休取得予定の部下がいる管理職の方
・育児・子育て中の部下がいる管理職の方
・子育てと仕事を両立する部下・メンバーへの適切な対応方法を学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 産休予定の社員や育児中の社員とのコミュニケーションに自信がない
  • 対応を間違えるとハラスメントになるのではないかと心配になることがある
  • 出産・育児で他メンバーと働き方が異なる部下に対する配慮の仕方が難しい

研修内容・特徴outline・feature

「イクボス」とは、男性・女性を問わず、部下・メンバーの出産・育児に理解がある管理職のことを指します。

近年ワーク・ライフ・バランスの必要性に対する認識が深まるとともに、出産・子育てと仕事との両立を図りたい女性や、子育てに積極的に関わりたいと考える男性が増えてきています。一方で、育児休業を活用しにくい職場の雰囲気や、周囲の人が残っている中で先に退社しにくい雰囲気があると感じている人も少なくありません。

「イクボス」はワーク・ライフ・バランスの重要性を理解するとともに、自ら実践し、上記のような職場の雰囲気を変えていくことを期待されています。本研修では、そのために必要な考え方とスキルを、短時間ながらもワークを交えながら実践的に身につけていただきます。

到達目標goal

  • ①ワーク・ライフ・バランスの重要性を理解し、イクボスの役割を認識する
  • ②出産育児に関わる社員への対応方法を学ぶ
  • ③イクボスとして自ら率先して職場環境の改善を考える

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.イクボスとは
    (1)「イクボス」とは
    (2)「ダイバーシティ」時代とは
    (3)ダイバーシティ時代の管理職に求められること
     ①管理職に求められる「整理」「判断」「交渉」「決定」「共有」
     ②ダイバーシティ推進の過程で企業が陥りやすい罠とは
    【参考】ダイバーシティ推進とは
講義
  • 2.イクボスになるために~子育てと仕事を両立する部下・メンバーへの関与の仕方
    (1)産休・育休取得~復帰の流れ
    (2)女性メンバー・男性メンバーに対する心構え
    (3)子どもができたことを告げられた際の対応
    【ワーク①】女性の部下・メンバーが「実は、赤ちゃんができました」と報告に来た。どのように声をかけるかを具体的なセリフで考える
    【ワーク②】男性の部下・メンバーが「実は、赤ちゃんができました」と報告に来た。どのように声をかけるかを具体的なセリフで考える
    【ワーク③】子どもができた部下・メンバーに対しての「NGワード」「NG態度」を考える
    (4)産休中の職員への関わり方~スムーズな職場復帰のために
    (5)職場復帰した部下・メンバーとの関わり方
    【ワーク】朝、部下から「子どもが熱を出したので、今日は休みます」と電話があった。管理職として何をどのように伝えるか考える
    (6)周囲へのねぎらいも欠かさない
    【ワーク】社員がネガティブな話をしているのを耳にしてしまった。イクボスとして、どのように対応するか考える
講義
ワーク
  • 3.イクボスになるためにまずできること
     ①自組織の出産・育児に関わる制度や支援体制について知る
     ②1年後、3年後、5年後も見据えた部下・メンバー面談をする
     ③イクボスとして自分のワーク・ライフ・バランスも大切にする
    【ワーク】研修を受けて、明日から実現しようと思うこと、気をつけようと思うことを整理する
講義
ワーク

企画者コメントcomment

出産育児に関わる部下への対応方法を習得できるだけでなく、当事者以外のメンバーにも気を配りフォローしていく、視野の広いイクボスを目指していただける構成にしました。実際の職場でよくあるケースに取り組むことで、研修後に即、実践していただけるようになっています。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.6%

講師:大変良かった・良かった

95.5%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年2月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の経験に自信を持ち過ぎず決めつけないことが大事だと感じたので、明日からチームとのコミュニケーションに活かしたいと思います
  • 育児だけでなく、今後近い未来、どんどん多様な働き方が求められてきてそれが普通になってくると思います。そうなっても対応できるように自分と周囲のメンバーに「育児で休んだり急に帰るのは普通なんだよ、特別なことではないんだよ」という考えを広めていきたいと思います。
  • 上司・部下に対して理解のあるリーダーになっていきたいです。周囲への配慮をし、寄り添っていきたいです。今後起こりえる周囲の出来事(出産、育児、介護など)に対応していけるよう考えていきたいです。

実施、実施対象
2019年12月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 社員の希望を長期でヒアリングすることは大変良いと感じました。会社もそれに合わせ変容していければと思いました。
  • 育児が会社や社会全般にとって大切であることが学べた。
  • 子育て世代の職員への関わり方を学べた。

実施、実施対象
2019年9月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 社内でマネジメントラインメンバー中心に15分程度のイクボスセミナーをしたい。制度やダイバーシティの推進という方向性について伝えることが有益になると思いました。
  • 男女問わず必要な社員だということを常に話しておく。社内ゼミ等の検討。
  • ダイバーシティの方針の共有をしたい。

実施、実施対象
2019年7月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 本日の研修内容を社内の管理職にも共有して、育児中の社員が働きやすい職場にしていきたいと思います。
  • 色々な実体験を聞けたので、色々なケースを想定して対応していきたい。
  • 女性が活躍していく上で必要な知識として活用していきます。

実施、実施対象
2019年1月     2名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 女性の社員と一緒に仕事をしていく中で自分目線の押し付けではなく相手の視点に配慮した立場で取り組みたい。聞き出し方についても今回の研修の内容を活かした聞き方を心がけたい。
  • 相手の立場になって一緒に考えていくスタイルにします。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
95.5

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修