loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

残業削減研修

残業削減研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

残業時間削減に向け、実際に取り組んだ結果、成果が現れた事例から学ぶ

「時間外労働削減 好事例集」(※)によると、
・ノー残業デーやノー残業ウィークの設置
・年次有給休暇取得促進の取組
・従業員間の労働時間の平準化を実施
・残業を事前に承認する制度の導入
・従業員の能力開発の実施や自己啓発の支援
といった残業削減のための取り組みが上位を占めています。

また、ITツール、AI、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、営業支援システム(SFA)といったシステムを活用し、業務効率化を図る組織もあるようです。

弊社では、業務時間の短縮や効率化を図るための多種多様なスキルが身につく研修を揃えております。時間の使い方を見直し、「業務」や「行動」を良い方向へ変える「タイムマネジメント研修」や、「長いわりに、大した結論が出なかった」というパターンがよくある会議を減らすため“会議の進行役=ファシリテーター”スキルを磨く「ファシリテーション研修」、“限られた時間の中で、最大の成果をあげる”スキルを習得する「生産性向上研修」、全ての仕事の成否を左右すると言っても過言ではない、“調整力”を発揮させる「調整力研修」、時代に見合ったコミュニケーションスキルを身につけ、メンバー間のチームワークを高めて生産性を向上させる「コミュニケーション研修」、コミュニケーションのなかでも“言いにくいことを相手にうまく伝える”技術を身につける「アサーティブコミュニケーション研修」、相手に簡潔に、言いたいことを分かりやすく伝える「説明の仕方研修」など、貴組織の課題を解消できる研修が必ず見つかるラインナップをご用意しております。

万が一、「自組織の課題にしっくりこないな」とお感じになられた際には、貴組織オリジナルの研修作成も承っております(「作りこみ型研修」については弊社までお問合せくださいませ)。

※参考:厚生労働省「時間外労働削減 好事例集」
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kinrou/dl/120703_01.pdf
最終アクセス:2020/6/8

残業削減研修のポイント

時間の使い方を見直し、自身のマネジメントを整理して、限られた時間の中で業務・仕事を効率的に進めるために

タイムマネジメントときくと、魔法のような時短テクニックを期待しますが、時間そのものは増やしたり延ばしたりできません。コントロールすべきは、時間でなく「仕事」なのです。インソースの研修では、自身の時間の使い方を分析し、行動変容を促します。

会議やミーティングをより効率化し、時間短縮しつつも成果が出る場になるように

会議を効率化させることで、「仕事の効率化」や、それに紐づく「残業削減」を図ります。ファシリテーション(facilitation)とは、もともと「ものごとを円滑に進める、促進する」との意味で、ファシリテーター(facilitator)とは、このファシリテーションを担う人のことを指します。ファシリテーターは、会議やミーティングにおいて話し合いを円滑に進めるための司会や進行役を指すことが多いものですが、ファシリテーションが必要とされるのは必ずしも会議の場だけとは限りません。クライアントとの商談の場やお客さまへの対応の場など、利害関係者が複数いて、何かしら意見を交わす場において、ファシリテーションスキルおよびファシリテーターの存在は大きな意義を持ちます。

ITツール、AI、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、営業支援システム(SFA)などシステムの活用

近年、よく耳にするAI。弊社としましては比較的広い概念としてAIを捉え、「人間/生物の知的活動の一部を機能として実現するコンピュータ」と解釈しています。AI・人工知能と聞くと、難しそうなイメージを抱いてしまいがちですが、内部での細かな計算プロセスはさておき、成果として実現しようとしていることは意外と直感的に理解できます。また、RPA(Robotic Process Automation)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのことです。仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれています。RPAは、コスト面などにより従来のシステム化が難しかった業務についても自動化することができます。

<ご参考>▶RPAを導入することで効果が見込める業務
・日ごと、週ごとなど、定期的に行う単純業務
・多数の登録や参照作業を繰り返す業務
・週ごと、月ごとに業務量の差が大きい業務
・複数のアプリケーションをまたいで行う業務
・人手による作業でミスが発生する可能性が高い業務

上記にあわせ、営業支援システム(SFA)といったシステムを活用することで業務の効率化が図れます。また、単純ミスによる手戻りなどもなくなります。とはいえ、業務の効率化は自組織に合った方法を選び、現場の理解を得た上で実施することが肝要です。これらのようなツールやシステムは、まず試用版を使ってみるなどして、導入の検討をおすすめします。

・AI研修
・RPA研修

残業削減研修ご検討のお客さまからのご質問

そもそもタイムマネジメントを上手に進めるポイントは何ですか?

「タイムマネジメント」と聞くと、つい魔法のような時短テクニックを期待してしまいがちです。しかし、1日の時間はみな平等に24時間で、時間そのものを増やしたり伸ばしたりすることはできません。すなわちコントロールすべきは「仕事」の方であり、「タイムマネジメントが上手にできる」とは「仕事を上手に進めるスキルが高い」と言いかえることができます。

そこで、「仕事を上手に進めるスキルを高めよう」と考えてみるとします。優先順位のつけ方に始まり、関係者とのコミュニケーションや資料作成、パソコンスキルなど、少し考えただけでも幅広い解決策が思い浮かぶのではないでしょうか。このように、「タイムマネジメント」とは世間一般で言われている言葉のイメージよりも、実は複雑で難しいテーマであると言えます。

前置きが長くなってしまいましたが、ポイントを挙げるとすれば以下の3点です。

①より短くより良い仕事をする意識をもつこと
⇒「今日は必ず定時に帰る」という意識と、「もっと良い仕事をしよう」という意識の両立を目指すことが大切です。

②事前にしっかり計画し、作業時間を正確に把握すること
⇒計画を立てるだけでなく、実際に要した時間との過不足をチェックすることで次回の計画の精度があがります。

③自分の集中力をコントロールすること
⇒簡単な仕事から着手した方が集中できるか、難しい仕事からなのかは、人それぞれです。自分の特徴を把握することが肝要です。

生産性向上研修には多くのラインナップがありますが、特におすすめのカリキュラムは何ですか?

その名の通りになりますが、「生産性向上研修」をおすすめいたします。日本の誇る「トヨタ生産方式」から着想を得て開発した研修で、「ムダ」をなくす分析方法、「見える」仕事の流れをつくる管理方法といった、組織の一員として生産性を高めるためのポイントを学べます。

生産性向上を目指していくうえでは、「個々人のタイムマネジメントスキルを磨く」、「組織の業務改善にスポットを当てる」など、アプローチによって研修内容は異なってきます。しかし、まずは「仕事の見直し・ムダの洗い出し」」や「業務指示の出し方・受け取り方」といった、職場における根本的な部分から意識して行動することが重要です。本カリキュラムはそういった「改善活動の基本」として最適な内容となっております。

組織で働く「メンバー向け」、マネジメントを行う「管理職向け」を取り揃えており、個別の研修実施でも充分に有用ですが、より高い研修効果を発揮するためにはセットでの実施をおすすめしております。

・メンバー向け生産性向上研修 ~仕事の見直しと明文化による生産性向上(1日間)
・管理職向け生産性向上研修 かんばん方式を応用した管理職の生産性向上(1日間)

インソースのAI研修のポイントはなんですか?

「企業の様々な活用事例から、AIを活用してできることを学び、グループワークを通じて、自組織でできることを考えること」ができます。AIについての情報は巷に溢れておりますが、多すぎるあまりに混乱や誤解を招いています。その結果、言葉としては知っているが、よくわからないという方がいらっしゃいます。インソースのAI研修では、自社でAIを活用するために、「AIをどう理解して、どんなことができて、何から始めればいいのか」に重点を置くことで、わかりやすく体系的にAIを学ぶことができます。また、数式や専門用語、理論の話は最小限に抑えることで、技術系の方だけでなく、どなたでもわかりやすい内容にしております。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

残業削減研修のご提供コンテンツ

<生産性向上研修>

<ITツール、AI、RPAなどシステムの活用>

おすすめリンク

<コンサルティング>

<コア・ソリューションプラン>

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!