loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

管理職向け生産性向上研修~かんばん方式を応用した管理職の生産性向上(1日間)

管理職向け生産性向上研修~かんばん方式を応用した管理職の生産性向上(1日間)

「かんばん方式」をマネジメントに応用。資源を最大限に活かし、部下の仕事を成果につなげる

研修No.B TMG180-0100-3417

対象者

  • リーダー層
  • 管理職

・部下やメンバーに直接指示を出す方
・自部署の生産性をあげたいと考えている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 指示をしたものの、意図していたものとは異なる成果物が部下からあがってきてしまう
  • 部署として、より高い成果を出していきたいが、どこから手をつけてよいかがわからない
  • 部下によって、成果物のクオリティに偏りがある

研修内容・特徴outline・feature

日本の誇る「かんばん方式」をマネジメントに応用し、組織の生産性向上をはかる研修です。自部署の資源を最大限に活かし、限られた時間の中で部下の仕事を成果につなげるための方法を習得します。ポイントは、かんばん方式を応用した①明確な指示、②成果の上手な引き取り、③効率的な業務配分を学ぶ点です。演習ではマイかんばんを作成し、自部署での実践方法を具体的に考えます。気合と根性による生産性向上ではなく「理」に基づいたマネジメントの仕方を身につけていただきます。

▼短時間でポイントを学べる半日間の研修はこちら
管理職向け生産性向上研修~かんばん方式を応用した管理職の生産性向上(半日間)

研修のゴールgoal

  • ①「かんばん方式」を応用し、明確な指示出しができる
  • ②自部署のムダをなくし、新たな価値を生み出せる
  • ③チーム全体で業務をフォローする仕組みがつくれる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.生産性向上は至上命題
    【ワーク】組織、部下が管理職に期待する役割を考える
    (1)「時間あたりの成果」が求められる時代に
    (2)管理者の役割~生産性向上に向けて
講義
ワーク
  • 2.現状を知る~生産性向上を阻む5つのムダ
    (1)チームのムダを発見する
    ①過剰品質のムダ ②待ちのムダ ③コミュニケーションのムダ
    ④分業のムダ ⑤工程のムダ
    【ワーク】5つのムダに自部署のムダをあてはめる
    (2)よくあるまずい仕事の仕方
    (3)ムダをなくす鍵は、管理職のこまやかな指示
    (4)良いマイクロマネジメントで生産性向上を実現する
    (5)生まれた「余力」で、新たな価値を生み出す
講義
ワーク
  • 3.あるべき姿を考える~仕事の標準化
    ■現状を可視化する3要素~まずはあるべき姿の見える化から
    【ワーク】自部署のルーティンワークについて、標準時間とその根拠を確認する
講義
ワーク
  • 4.5つのムダをなくす「かんばん(指示書)」の活用
    【ワーク】指示を出す際に難しいと思うこと、工夫していることを共有する
    (1)指示の明文化で、ジャスト・イン・タイムを実現する
    (2)インソース流かんばん方式~部下への指示を徹底的に見える化する
    (3)かんばんを活用するメリット
    (4)かんばんの大前提
    (5)あたり前の徹底が成果を生む
講義
ワーク
  • 5.ムダを生まない「マイかんばん」づくり
    (1)かんばんの作り方
    【ワーク】部下に発注する業務を決め、マイかんばんをつくる
    (2)かんばんの運用ルール~ポイントは、積極的な関与と関心
    (3)チームワークこそが生産性向上の鍵
講義
ワーク
  • 6.計画的な部下育成の重要性
    (1)育成計画を立てる
    (2)知識・スキルの習得方法を検討する
    (3)ミニ集合研修で組織の教育時間を圧縮
    (4)業務を任せて、部下の成長を促す
    【ワーク】メンバーに任せる仕事を検討する
講義
ワーク
  • 7.まとめ~生産性を上げるために
    (1)生産性を向上させる決意を持つ~ルールを守る
    (2)チームで「運命共同体」の関係となる
    (3)改善は永遠にして無限である~大野耐一氏の言葉より
    【ワーク】本日の研修を踏まえ、明日から取り組むことを書き出す
講義
ワーク

4738

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声/研修の感想・得た学びVOICE & learning

実施、実施対象
2023年7月     14名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 伝達は具体的にし、適切な指示を出せるように意識します。周りを巻き込み、改善できるところから進めたいと思います。
  • 自分自身の業務を具体的に振り返ることができました。業務の流れを見える化することや、標準時間などを気にして取り組むようにします。
  • 緊急対応と後輩の育成とをバランスよくできるように心がけます。ワークなどを通して、コミュニケーションをとりながら楽しく学ぶことができました。

実施、実施対象
2018年 2月     52名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
98.1%
参加者の声
  • 自分の業務の流れを洗い出し、無駄な部分を明確にすることができました。今後は無駄をなくし、生産性向上を図っていきます。
  • ジャスト・イン・タイムを意識します。また現状をしっかり把握できる力を身につけていきたいです。
  • 改めて考えると、普段の業務にも様々な無駄があることに気づきました。時間の有効活用の方法を学ぶことができたので、自分の仕事の無駄を少しでも減らせるよう努めます。

実施、実施対象
2017年 12月     30名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.7%
講師:大変良かった・良かった
96.7%
参加者の声
  • 今後は「かんばん方式」を業務に活かして生産性を向上させ、残業時間を削減します。健全な業務環境を整えていきたいと思います。
  • 日々改善や無駄を無くすことを考え、実行していくことが大事なのだとよく理解できました。かんばん方式は、完了までの条件が整っていれば非常に有効で相手にとってもわかりやすく、間違いを無くすこともでき、良い手段だと感じました。
  • 無駄な作業をさせないために、適切な情報を含めた作業指示をするように心がけます。

実施、実施対象
2017年 7月     25名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.0%
講師:大変良かった・良かった
92.0%
参加者の声
  • 自分の行動が正しいかどうか、あらためて見つめ直すきっかけになりました。
  • 講義だけでなくグループワークもあり、「自分ならどうする?」という視点で考えながら受講できました。
  • どの部署にとっても共通の課題であることを取り上げていただき、自分の言葉にすることで整理することができました。

開発者コメントcomment

多様な人材が協働する中、「ムダの排除」「わかりやすい指示」はリーダーや管理職にとって欠かせません。トヨタ生産方式で築かれた様々な生産性向上のノウハウを、オフィスワーカーに応用し開発しました。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる